シミに効く美白化粧水の選び方|うるおい美白成分で輝く白肌へ

シミに効く美白化粧水でうるおいのある白肌になる!

紫外線ダメージを受け続けると、いつかシミとなって現れてきます。

シミはある日突然できるわけではなく、少しずつメラニンが蓄積されていくことでシミになります。
 

こみち
毎日の紫外線対策が大事ってことね。

毎日の紫外線対策はもちろん大事ですが、できてしまったシミを薄くするには、美白化粧品をコツコツと使い続けることが大切です。

シミができるまでには時間がかかるように、できてしまったシミを薄くするのにも時間がかかるのです。

そこで今回は、シミに効く美白化粧水の選び方をご紹介します。

効果的な美白化粧水で、うるおいのある白肌を手に入れましょう。そのための美白ケアのコツも併せてご紹介します。

うるおい美白成分で輝く白肌へ

今までどんな美白化粧水を使っても効果がなかった、と感じている人は選び方が間違っていたのかもしれません。

美白化粧水にはたくさんの種類があるので、それぞれの美白効果もさまざまです。本当に効果のある美白化粧水を選ばなければ、できてしまったシミを薄くすることはできません。

できてしまったシミを薄くするには、肌を白くする美白効果も必要ですが、もう1つ大切なケアがあります。それが「保湿ケア」です。

肌にうるおいがなければターンオーバーが正常に行われず、シミの元である「メラニン」を排出することができないのです。

そのため美白ケアのコツは、美白有効成分と保湿ケアのセットが必要になります。では、どのような美白化粧水を選べば良いのか、そのポイントをご紹介します。

シミに効く美白化粧水の選び方

シミに効く美白化粧水の選び方は、4つのポイントを押さえることが大切です。では順番にご紹介していきましょう。

シミを予防・薄くする効果があるか

シミに効く美白化粧水の選び方は、シミを予防したり、できてしまったシミを薄くする効果がある化粧水を選ぶことです。

では美白化粧水には、具体的にどのような効果が期待できるのでしょうか?

  • メラニンの生成を抑えてシミを予防する効果
  • メラニン色素を還元して肌を白くする効果
  • ターンオーバーを活発にしてメラニンを排出する効果

 
美白化粧水の成分によって、このように美白効果が分かれています。この中でも美白化粧水がいちばん得意なのは、シミを予防する効果です。

できてしまったシミを薄くする効果のある美白化粧水もありますが、その場合は少し肌に刺激になってしまう成分であることも多いです。そのため敏感肌の人には刺激が強いかもしれません。

またターンオーバーを活発にしてメラニン色素を排出する効果は、保湿力を高めることが重要なポイントになります。シミを薄くするには美白成分も大事ですが、まずは保湿することが大前提となります。

ターンオーバーを活発にするための「保湿成分」が含まれているか

シミに効く美白化粧水の選び方は、ターンオーバーを活発にするための保湿成分が含まれていることが条件です。

肌の保湿力を高めれば、古い角質とともにメラニンが排出されて、白い肌を保つことができるのです。では、効果的な保湿成分には、どのようなものがあるのでしょうか?

  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • プラセンタ
  • コラーゲン

 
どれも高保湿成分と呼ばれるものです。美白化粧水には保湿効果が足りないものもあるのですが、できるだけ保湿力の高い化粧水を選ぶことをオススメします。

化粧水の後につける乳液や保湿クリームで保湿ケアしても良いのですが、化粧水が肌の奥まで浸透しやすい化粧品なので、化粧水にも保湿効果のあるものを選びましょう。

肌に刺激にならないか・自分の肌に合っているか

シミに効く美白化粧水の選び方は、肌に刺激にならないかをチェックして選ぶことです。美白化粧水は肌にピリピリとした刺激を感じることが多く、とくに敏感肌の人は注意が必要です。

「多少は肌に刺激があっても、美白効果の高い化粧水を使うことが効果的なのでは?」と思うかもしれませんが、いくら効果の高い美白化粧水でも、肌に刺激を与えると逆にシミができやすくなることがあります。

せっかく美白化粧水を使っているのに、まったくの逆効果になってしまったらもったいないですよね。肌に刺激を感じたときは無理せず使用を中止して、敏感肌でも使える肌にやさしい美白化粧水を使うことをオススメします。自分の肌に合った化粧水を使うことが大切ですよ。

使い続けられる価格か

シミに効く美白化粧水の選び方は、使い続けられる価格であることが大切です。「安い美白化粧水では効果が低いのでは?」と思うかもしれませんが、プチプラ化粧水でも美白効果の高いものもあります。

いくら高価で美白効果の高い美白化粧水を使っても、一時的にしか使わないとできてしまったシミを薄くする効果は期待できません。美白ケアのポイントは、コツコツと根気よく続けることが大切なのです。

そのためくり返し使える価格の美白化粧水を選ぶことも、意外と重要なポイントになります。

シミに効く美白化粧水の有効成分とは?

シミに効く美白化粧水を選ぶには、そもそも美白効果のあるものを選ばないと意味がありませんよね。美白化粧水のほとんどは、「医薬部外品」に指定されています。

医薬部外品とは厚生労働省が効果を認めた有効成分が含まれている化粧品やサプリのことで、いわゆる「薬用化粧水」の位置づけになります。

薬用化粧水とは、実は医薬品ではなく医薬部外品のことなのです。化粧品よりも有効性の高いものなので、シミへの効果が期待できます。

メラニンの生成を抑えてシミを予防する有効成分

では、シミに効く美白化粧水の有効成分には、どんな成分があるのでしょうか?

  • アルブチン
  • トラネキサム酸
  • ビタミンC誘導体
  • コウジ酸

 
これらの有効成分は、メラニンの生成を抑えてシミを予防する効果が期待できます。使い続けることで、できてしまったシミを薄くする効果も期待できますが、美白化粧水の多くはシミ予防の効果になります。

できてしまったシミを薄くする有効成分

もっと美白効果の高い成分といえば、「ハイドロキノン」です。ハイドロキノンは少し前まで医薬品として処方されていた成分ですが、規制が緩和されて医薬部外品でも扱えるようになりました。

しかし医薬品と医薬部外品ではハイドロキノンの含有量が違います。ハイドロキノンは肌に刺激が強い成分なので、使い方には注意が必要です。

そのため市販の医薬部外品には、それほど高い濃度のハイドロキノンは配合されていないことが多いです。

ハイドロキノンは「肌の漂白剤」と呼ばれ、高い美白効果が期待できます。メラニンの生成を抑えてシミを予防する効果に関しては、なんとアルブチンの約100倍とも言われています。

ハイドロキノンのすごいところは、シミを予防する効果だけでなく、できてしまったシミを薄くする効果もあるところ。美白クリームや美白美容液に配合されていることも多い成分です。

ターンオーバーを活発にしてメラニンを排出する有効成分

肌の新陳代謝であるターンオーバーを活発にすれば、蓄積されているメラニンを排出することができ、できてしまったシミを薄くすることが可能になります。

肌のターンオーバーを活発にするには、肌本来の機能を正常にすることが大切です。それに有効な成分は「プラセンタ」です。他にもありますが、プラセンタがもっとも高い効果が期待できる成分となります。

プラセンタは胎盤のことで、おもに豚や牛から採ります。ヒトの胎盤から摂るプラセンタは「ヒトプラセンタ」といって、もっとも効果の高い成分です。

しかし化粧品やサプリへの配合は認められていないので、市販の美白化粧水には豚などのプラセンタエキスが使用されています。

植物性のプラセンタもあるのですが、植物には動物のような胎盤がないため、厳密にはまったく別の成分になります。もし肌の保湿力を高めるためにプラセンタ配合の化粧水を選ぶなら、動物性の物にすると良いでしょう。

肌に合うかどうかは、パッチテストなどで確認しましょう。

シミを薄くする美白化粧水の効果を高めるコツ

シミに効く美白化粧水の選び方や美白有効成分についてご紹介しました。次に、シミを薄くする美白化粧水の効果を高めるコツをご紹介します。

効果的な美白化粧水を選んだら、その効果を最大限に引き出すための効果的な使い方や、プラスαのスキンケアすることが大切です。

美白美容液も一緒に使うとより高い美白効果がある

シミを薄くする美白化粧水の効果を高めるには、化粧水だけでなく、美白美容液も一緒に使うと効果がアップします。

美白化粧水が1番肌の奥まで浸透しやすいのですが、相乗効果を狙うためにも美容液や乳液、保湿クリームにも美白成分が含まれていると高い効果が期待できます。

できれば化粧品をライン使いするのがオススメです。それぞれの役割を余すところなく実感できるでしょう。

プチプラでも効果の高い美白化粧水を選ぶ

シミを薄くする美白化粧水の効果を高めるには、美白効果を自分の肌で確かめて実感するのが1番です。

自分に合った美白化粧水が見つかるまでは少し時間がかかるかもしれませんが、1つの化粧品を最低でも3~6ヶ月使ってみることをオススメします。

美白化粧水の効果が実感できるまでには、それなりの時間がかかるのです。ベストなのは1年くらい使ってみることをオススメします。

プチプラの美白化粧水なら、いろいろなタイプを試してもお財布にうれしいですね。人によって効果を感じられる化粧水が違うと思いますので、人の意見ではなく自分の肌で確かめることが大切です。

肌をこすらずハンドプレスで浸透させる

シミを薄くする美白化粧水の効果を高めるには、つけるときに肌をこすらないこと。肌をこするだけでも肌のバリア機能を低下させたり、刺激になってシミができやすくなることがあります。

シミの原因は紫外線だけではなく、肌への刺激もシミをできやすくします。そのため美白化粧水をつけるときは、ハンドプレスでやさしく浸透させることが大切ですよ。

ピーリングで古い角質を除去する

シミを薄くする美白化粧水の効果を高めるには、ピーリングで古い角質を除去することも効果的です。シミの原因はターンオーバーが遅れがちになることで、メラニンが蓄積されてシミになります。

ターンオーバーは加齢とともに遅れがちになるので、加齢とともにシミができやすくなってしまうのです。

強制的にターンオーバーを促すには、肌の表面にたまっている古い角質をピーリングで除去することが効果的なのです。

美容皮膚科などで行う「ケミカルピーリング」ほどの強い刺激はなく、洗顔料などにピーリング剤が含まれている物が販売されています。

市販のピーリング剤はマイルドな効果ですが、毎日使うと肌に刺激を与えてシミができやすくなってしまいます。週1回くらいの頻度でピーリング洗顔を試してみるのもおいでしょう。

ローションパックで浸透力をアップさせる

シミを薄くする美白化粧水の効果を高めるには、美白化粧水のローションパックをすることです。ローションパックはもともと化粧水が染みこんでいるタイプもありますし、自分の好きな化粧水を染みこませて使うタイプもあります。どちらでもOKです。

ローションパックも毎日ではなく、週2回くらいで良いでしょう。ピーリング洗顔で肌がクリアになった状態でローションパックをすると、高い保湿効果と美白効果が期待できるでしょう。

スキンケア化粧品を肌の奥まで浸透させるには、肌をまっさらな状態にすることが大切です。グイグイ肌に浸透されていきますよ。

美白ケアの効果を高める生活習慣のコツ

シミを薄くする化粧水の選び方や、効果を高める使い方などをご紹介しました。美白化粧水でできてしまったシミを薄くするには限界があります。

本気の美白ケアには、体の外からと内からの両方の効果が必要です。外からの効果は美白化粧品ですが、内からの効果は生活習慣です。ではどんな生活習慣が美白ケアの効果を高めるのか見ていきましょう。

美白効果を高める食べ物

美白ケアの効果を高める生活習慣は、食べ物に含まれる栄養によって美白ケアをすることです。美白効果のあるサプリを飲むことも効果的ですが、食べ物で摂るのが1番効果的です。

美白効果を高める食べ物には、次のような物があります。

  • アスタキサンチン……保湿効果・抗酸化作用
  • ビタミンC……コラーゲンの生成・メラニンの生成を抑える
  • L-システイン……ターンオーバーの促進・メラニンの生成を抑える
  • リコピン……日焼け予防

 
鮭やエビに含まれる「アスタキサンチン」、パプリカやアセロラに含まれる「ビタミンC」、アミノ酸の一種でニンニクや玉ねぎに含まれる「L-システイン」、トマトやスイカに含まれる「リコピン」などを毎日の食生活に取り入れると良いでしょう。

ビタミンCはL-システインと一緒に摂ると良いと言われていますが、朝の食事で摂ると紫外線ダメージを強く受ける作用があり、シミができやすくなるのでご注意ください。

美白効果を高める睡眠のとり方

美白ケアの効果を高める生活習慣は、睡眠をしっかりとることです。肌のターンオーバーは睡眠中に行われるので、睡眠をしっかりとることでシミを薄くすることができます。

できるだけストレスをためないことで安眠効果がアップしますし、ストレスはビタミンCを大量に消費してしまうのでシミができやすくなります。

また寝る前にはスマホやパソコンなどから発せられる「ブルーライト」を遮断することも安眠に大切です。寝る1時間前には使用をやめて、リラックスして過ごすことで安眠効果がアップしますよ。

オールインワン化粧品でもシミを薄くする美白ケアは可能?

忙しい女性は愛用していることが多いと思われる「オールインワン化粧品」ですが、果たしてシミを薄くする美白効果はあるのでしょうか?

オールインワン化粧品とは、1つで化粧水・乳液・美容液・保湿クリームなどの効果がギュっとつまった化粧品のことです。オールインワン化粧品にも美白成分が含まれているものがあるので、シミに効果があるものもあります。

ただしオールインワン化粧品は、それぞれの効果が中途半端になってしまうことが多いと言われています。時短スキンケアとしては非常に便利なアイテムですが、高い効果を期待するなら別々にスキンケアするほうが良いでしょう。

シミに効く美白化粧水で輝く白肌を手に入れよう!

シミ効く美白化粧水の選び方と美白ケアのコツをご紹介しました。

美白化粧水でシミを薄くすることも可能ですが、根気よく続けることが大切ですよ。
 

こみち
こみちの一言コラム

効果のある美白化粧水の選び方は、美白有効成分が配合されているかどうかをチェック!

長期的に使い続けることで少しずつシミを薄くすることが可能です。保湿ケアも忘れずに。

スポンサーリンク