カフェインに育毛効果がある!?コーヒーで薄毛予防

カフェインを摂るだけで育毛できるって本当?

毎日のリラックスタイムに飲むコーヒー。
朝起きたときの眠気覚ましに飲むコーヒー。
最近はコンビニでも美味しいコーヒーが飲めるので、かなり身近な存在になっていますよね。

じつは、そんなコーヒーに育毛効果があると言われているんです。
 

こみち
コーヒーを飲むだけで薄毛を予防できるなら嬉しいわ。

最近は女性でも薄毛に悩んでいる人が増えているので、コーヒーを飲むだけで育毛効果があるなら嬉しいですよね。
今回は、コーヒーに含まれるカフェインなどの成分が、どのように育毛効果があるのか見ていきたいと思います。

カフェインには育毛効果があるの?

「カフェインには、本当に育毛効果があるの?」と疑問に思っている人も多いはずです。
なぜなら、カフェインには、薄毛になりやすい作用もあると言われているからです。

実際には、どっちが正しいのでしょうか?
コーヒー好きの人、または抜け毛が増えてきた悩んでいる人には、とっても気になるところですよね。

また、コーヒーに含まれる成分のうち、カフェイン以外にも育毛と関係している成分があると言われています。
では、順番に見ていきましょう。

コーヒーのどんな成分に育毛効果があるの?

まずは、コーヒーに含まれる育毛効果のある成分からご紹介しましょう。

カフェインの利尿作用でジヒドロテストステロンを排出

コーヒーに含まれる「カフェイン」には、利尿作用があります。この利尿作用によって、薄毛の原因となる「ジヒドロテストステロン」を排出しやすくする効果があると言われています。

薄毛になる原因は、「テストステロン」という男性ホルモンが、5αリダクターゼという酵素と結びつき、薄毛因子である男性ホルモンの一種「ジヒドロテストステロン」に変換されることで起こります。
カフェインによって、このジヒドロテストステロンを排出できれば、薄毛を予防できるというわけですね。

またカフェインには血行を促進する作用もあるため、頭皮の血行を促進し、毛根に栄養を届けることが育毛効果につながります。

クロロゲン酸の血行促進作用で育毛を促進

コーヒーに含まれる「クロロゲン酸」には、血行を促進する作用があります。そのため、育毛効果があると言われています。
クロロゲン酸とはポリフェノールの一種で、抗酸化作用が高いことでも知られています。

クロロゲン酸は、別名「コーヒーポリフェノール」とも呼ばれていて、健康効果やダイエット効果が高いと言われています。
飲み過ぎは良くありませんが、適量のコーヒーを飲むことは育毛にも効果的です。

クロロゲン酸の知覚神経を刺激する作用で発毛をうながす

クロロゲン酸には、血行促進以外にも、育毛に良い効果があります。それは、知覚神経を刺激する作用です。
知覚神経とは、感覚神経とも呼ばれ、体や内臓の動きを察知する神経のことです。

クロロゲン酸が知覚神経を刺激することで、発毛効果のある「インスリン様成長因子-I」が増え、薄毛を予防する効果があると言われています。

ただし、コーヒーを飲んだだけでは、インスリン様成長因子-Iを増やすには足りないと言われています。これを作用させるには、1日に数十杯のコーヒーを飲まなければいけません。
そうなると、育毛効果を得る前に、健康被害が起こる危険があるため、適量のコーヒーを飲むことをオススメします。

コーヒーには薄毛になりやすい作用もある

コーヒーの育毛効果についてご紹介しましたが、コーヒーに含まれる成分の中には、薄毛になりやすい作用もあります。

カフェインの覚醒作用が安眠の妨げになり、成長ホルモンに悪影響

カフェインの育毛効果についてはご紹介しましたが、薄毛になりやすい作用もあります。それは、カフェインによる覚醒作用です。
コーヒーを飲むと目が覚めてシャキっとしますが、興奮状態になることで、安眠の妨げになると考えられます。

睡眠中には「成長ホルモン」が分泌されますが、安眠できないことで、この分泌を阻害し、髪の毛の成長の妨げになります。
そのため、コーヒーを飲むなら夕方以降は避け、適量を飲むようにしましょう。

タンニンによる亜鉛の吸収を阻害する作用で、抜け毛を増やす恐れが

コーヒーを飲むと薄毛になると言われるもう1つの理由は、コーヒーに含まれる「タンニン」が「亜鉛」の吸収を妨げるからです。
タンニンとはポリフェノールの一種ですが、育毛に関して言えば、あまり良くない影響があると言えるでしょう。

亜鉛は育毛や薄毛予防に必要な栄養素で、ミネラルの一種です。とくに男性の生殖機能を維持したり、皮膚や粘膜を丈夫にする効果があります。
コーヒーを飲むことで亜鉛が吸収しにくくなるため、亜鉛不足には注意が必要です。とはいえ、亜鉛は摂り過ぎると過剰症になる恐れもあるので、適量を摂取することが大切です。

サプリと食べ物で摂ると、1日の摂取量を超える可能性があり、過剰摂取が長期間続くと、嘔吐やめまい、腎機能障害などを引き起こす恐れがあります。
食品だけで亜鉛を摂るなら、よほど食べ過ぎない限り大丈夫でしょう。

亜鉛を含む食べ物は、「牡蠣」「うなぎ」「レバー」などに多く含まれていて、他にも「玄米」「納豆」などにも含まれています。
亜鉛の吸収を妨げないためには、食事中にコーヒーを飲むのは避けましょう。

コーヒーのリラックス効果も育毛に効果的!

カフェインをはじめ、コーヒーに含まれる成分には、育毛効果があることがわかりましたね。
でも、それと同時に薄毛になりやすい作用もあることがわかりました。

適量のコーヒーを飲むことで、バランスよく育毛を促進しましょう。
 

こみち
こみちの一言コラム

コーヒーは、リラックス効果もあるので、その意味でも育毛に効果的。
上手にコーヒーを利用しながら、フサフサの髪をキープしましょう。

スポンサーリンク