インナードライに効果のある化粧水選びとスキンケア

インナードライ肌を改善するには、肌の奥の「保湿」が重要!

顔がテカってニキビができやすいのに、肌が乾燥している感じもする……。
それは、インナードライかもしれません。

インナードライは改善するのがむずかしく、正しいスキンケアができていない人が多いのです。
そのため、インナードライがどんどん悪化してしまうという悪循環に。
 

こみち
わたしも、インナードライなのかしら?

まずは、自分がインナードライなのかをチェックして、正しいスキンケアで改善していきましょう。
インナードライを改善するために、効果のある化粧水の選び方をご紹介します。

インナードライとは?

そもそもインナードライとは、どんな肌質のことを言うのでしょうか? 中には、自分がインナードライだと気づいていない人もいるので、ここでチェックしてみてくださいね。

肌の内部が乾燥している

肌質には「普通肌」「乾燥肌」「脂性肌」「混合肌」「敏感肌」「インナードライ肌」がありますが、なんと8割もの女性がインナードライ肌だと言われています。

インナードライ肌は、乾燥している場所と皮脂が多い場所が混在している「混合肌」に似ていますが、決定的なちがいがあります。それは、「肌の内部が乾燥している」ことです。

混合肌は、肌の表面が乾燥している部分と皮脂の多い部分が混ざっている肌質で、インナードライ肌は、肌の「角質層」が乾燥している状態です。表面だけ保湿すれば良いわけではないので、改善がむずかしいと言われているのです。

脂性肌と間違えやすい

肌の内部が乾燥しているインナードライ肌ですが、肌の表面は皮脂が多くテカテカしています。そのため、ニキビができやすく、脂性肌と間違えやすいのです。自分が脂性肌だと思って、間違ったスキンケアしていると、インナードライが悪化してしまう原因になります。

肌の内部が乾燥しているインナードライは、肌表面の皮脂を取りすぎると、乾燥が急速にすすみ、さまざまな肌トラブルを引き起こしてしまいます。
ニキビ以外にも、シミ・シワ・くすみ・たるみなどのエイジングサインが深く刻まれることが多いのです。

化粧ノリが悪い・化粧くずれしやすい

インナードライ肌の特徴は、乾燥しているので化粧のノリが悪いことです。でも、肌表面は皮脂が多いので、化粧くずれもしやすいです。「もう化粧したくない!」というくらい悩みの種になっている人も多いことでしょう。

また、化粧水が浸透しにくいのも、インナードライ肌の特徴です。スキンケア方法を改善して、しっかりとディープ保湿することが、インナードライを改善するポイントになります。

インナードライに効果のある化粧水の選び方

インナードライを改善するには、保湿するのがいちばん重要です。でも、ただやみくもに保湿すれば良いというわけでもありません。そこで、インナードライに効果のある化粧水の選び方をご紹介しましょう。

肌の奥まで浸透しやすい「さらさらタイプ」

インナードライに効果のある化粧水選びのポイントは、肌の奥まで浸透する成分であることが大切です。肌の表面だけ保湿しても、インナードライは改善されません。

化粧水のテクスチャーには、「さらさらタイプ」と「とろみタイプ」がありますが、インナードライには「さらさらタイプ」がオススメです。とろみタイプのほうが保湿効果が高そうですが、肌の奥まで浸透しにくく、肌の表面しか保湿できません。
そのため、インナードライには水っぽい化粧水を使うほうが効果的なのです。

保湿成分より、肌の奥に水分を与える成分

インナードライを改善するには、セラミドなどの高保湿成分が効果的に感じますよね。でもセラミドは、こってりした性質の成分なので、化粧水とは相性が良くありません。乾燥肌の人には効果的ですが、インナードライの人にはオススメできないのです。

インナードライの人が化粧水を選ぶときは、高保湿成分よりも、肌の奥に水分を与える成分が効果的です。

肌の奥まで浸透しやすい成分は、「ヒアルロン酸」「エラスチン」「コラーゲン」などです。化粧水を選ぶときは、参考にしてみてください。

低刺激でアルコールフリー

インナードライの化粧水を選ぶときは、なるべく肌に刺激を与えないものにしましょう。とくに「アルコールフリー」がオススメ。
アルコールが配合されている化粧水は、肌が乾燥しやすく、肌内部の水分をどんどん蒸発させてしまいます。

またインナードライの人は、肌のバリア機能が低下していることが多いので、低刺激の化粧水がオススメです。敏感肌用の化粧水など、なるべく肌にダメージを与えない化粧水を選びましょう。

インナードライを改善するスキンケア方法

インナードライに最適な化粧水の選び方がわかったので、インナードライを改善するスキンケア方法をご紹介しましょう。化粧水だけではインナードライを改善できないので、しっかりとスキンケアすることが重要ですよ。

低刺激の洗顔料でやさしく洗い、皮脂を取りすぎない

インナードライを改善するには、洗顔方法を見直したほうが良いでしょう。NGな洗顔方法は、以下の通りです。

  • 洗顔の回数が多い
  • 洗浄力の強い洗顔料を使っている
  • 温度の高いお湯で洗い流している
  • ゴシゴシこすって洗顔している

 
インナードライは肌表面の皮脂が多いため、皮脂を落とすことばかり考えてしまいます。すると、唯一肌を守っていた皮脂がなくなってしまうので、肌は無防備な状態になり、皮脂のバリアがないので、どんどん水分が蒸発してしまいます。

皮脂を落としすぎる洗顔方法は、今すぐ見直す必要があります。とくに洗浄力の強い洗顔料や、熱いお湯で洗い流すのはやめましょう。できるだけ低刺激の洗顔料を使って、やさしく洗い流すことが大切です。

化粧水のつけ方は、パッティングではなく「プレス」

インナードライに効果のある化粧水を使っても、化粧水のつけ方に問題があると、肌に刺激を与えてしまいます。化粧水のつけ方は、肌をたたくパッティングではなく、肌に手を押し当てる「プレス」をして、やさしくなじませましょう。

手の温度で肌を温めることも、化粧水の浸透を良くするポイントになります。洗顔後はいち早く化粧水をつけ、しっかりと浸透させてから、次のステップへ進みます。

高保湿の「セラミド」配合の乳液・クリーム

インナードライの人は、絶対に化粧水だけでスキンケアを終わらせてはいけません。化粧水だけだと保湿が不十分なだけでなく、乳液などの油分をつけないと、どんどん肌内部の水分が奪われていきます。

肌の奥まで浸透する化粧水をつけたら、次に高保湿成分である「セラミド」配合の乳液や保湿クリームを塗りましょう。乳液は、保湿クリームと化粧水の間くらいのテクスチャーなので、完全な保湿にはなりません。できれば保湿クリームまでつけて、しっかりと保湿することが大切です。

インナードライの人が見直すべき生活習慣

インナードライを改善するには、スキンケアだけでなく、生活習慣も見直す必要があります。とくにインナードライは、体の中からのケアや、日々の環境が大きく左右することが多いのです。

室内の乾燥に気をつける

オフィスでデスクワークをしている人は、室内の空気が乾燥していることが多いので、肌の乾燥が悪化しないように注意してください。冬でも夏でもエアコンを使用していることが多いので、肌の水分が奪われていきます。

肌の乾燥を防ぐには、メイク下地をしっかりつけるとか、デスクまわりに加湿器を置くなど、自分なりのケアを考えましょう。植物を飾るだけでも、多少は保湿効果があります。

タバコ・ジャンクフードをひかえる

インナードライを悪化させる原因となるのが、タバコとジャンクフードです。タバコは肌の内部を乾燥させ、肌の表面の皮脂を増やします。まさにインナードライそのものです。禁煙した人はわかると思いますが、タバコをやめると皮脂の分泌が極端に減り、肌がしっとりしていきます。

また、スナック菓子やカップラーメンなどのジャンクフードをよく食べる人は、肌が乾燥しやすいと言われています。内臓機能に悪影響を与えるとともに、免疫力も低下します。免疫力が低下すると、肌状態も悪化しやすくなります。

睡眠をしっかりとり、ターンオーバー正常化

インナードライを改善するには、肌のターンオーバーを正常にすることが大切です。肌のターンオーバーが活発になれば、スキンケアによる保湿効果もアップしますし、肌の水分量も戻ってきます。

肌のターンオーバーを正常にするために大切なのは、「睡眠」をしっかりとること。美肌は眠っている間につくられるので、免疫力をアップさせるためにも、睡眠はしっかりとりましょう。

ストレスを軽減し、ホルモンバランスを整える

女性の美しさに欠かせないものは、「女性ホルモン」ですよね。女性ホルモンは、美肌をつくるホルモンでもあるのです。そのため、ホルモンバランスを整えることが、インナードライの改善につながります。

女性ホルモンのバランスを整えるには、なるべくストレスを軽減し、リラックスして過ごすこと。1日の疲れを癒すために、自分なりのストレス解消法を実践してみてください。そして、睡眠前はゆったりとした気分でリラックスして、安眠に入る準備を整えましょう。

インナードライを改善して、しっとりサラサラ肌へ!

インナードライに効果のある化粧水の選び方と、インナードライを改善するスキンケア方法などをご紹介しました。
インナードライは改善がむずかしいですが、正しいスキンケアをすれば、意外と簡単に治すことも可能です。

保湿方法にはコツがあるので、化粧水やクリームでしっかりケアしましょうね。
 

こみち
こみちの一言コラム

インナードライは、多くの女性の悩み。
正しいスキンケアをすれば、しっとりサラサラのうるおい肌になれますよ。

スポンサーリンク