むくみ解消に効く食べ物|血液サラサラ効果でデトックス

むくみ解消に効く食べ物で、むくみやすい女性の体質を改善!

むくみは女性の大敵ですが、朝と夕方では、むくみが出る場所が違うことがありませんか?
 

こみち
朝起きたら顔がパンパンだし、夕方になると足がパンパン! もう、どうにかして!

もともとむくんでいる人の場合、足に溜まっていた水分が、寝ている間に顔まで流れて、朝になると顔がパンパンにむくみます。

その水分が夕方になると、今度は足に溜まってしまい、足がパンパンにむくんでしまうのです。

なぜ女性は、こんなにむくみやすいのでしょうか?

じつは男性よりも、女性ほうがむくみやすいと言われています。

それは、女性ホルモンが、むくみに関係しているからです。

では、女性ホルモンがどのようにむくみと関係しているのか。また、むくみを解消する食べ物にはどんなものがあるのかを見ていきましょう。

これで解決!むくみ解消に効く食べ物

では、早速むくみ解消に効く食べ物をご紹介していきましょう。日頃の食生活で、積極的に取り入れてみてくださいね。

デトックスに効く「カリウム」が含まれる食べ物

むくみ解消に効く食べ物の代表格といえば「カリウム」です。カリウムはデトックス効果が高く、体内の余計な水分や塩分を排出してくれます。

またカリウムには、利尿作用もあるので、より効果的にむくみを解消してくれるでしょう。

カリウムが多く含まれる食べ物は、「バナナ」「ほうれん草」「海藻類」「ナッツ類」「アボカド」などです。

血液サラサラ効果なら「ポリフェノール」を含む食べ物

むくみ解消に効く食べ物は、血液をサラサラにする効果のある「ポリフェノール」です。ポリフェノールはアンチエイジング効果が高く、病気予防や美容効果も注目すべきポイントです。

ポリフェノールは飲み物に含まれていることが多く、「赤ワイン」「ココア」「ウコン」「お茶」「ブルーベリー」などがあります。

ただし、赤ワインはアルコールなので、飲み過ぎると逆効果になる場合があります。

ポリフェノールは、血行をよくして、若返り効果もあるので、体の健康を守るためには必要な栄養素です。

代謝を促進させる「ビタミンB1」を含む食べ物

むくみ解消に効く食べ物は、代謝を促進させる効果のある「ビタミンB1」です。ビタミンB1は、血行をよくすることで糖質の代謝を助ける働きがあります。

ビタミンB1を含む食べ物は、「豚肉」「玄米」「うなぎ」などがあります。毎日の食事に取り入れやすい食べ物なので、これをむくみをスッキリ解消していきましょう。

ホルモンバランスを整える「ビタミンB6」を含む食べ物

むくみ解消に効く食べ物は、ホルモンバランスを整える効果のある「ビタミンB6」です。

ホルモンバランスが乱れると、生理中のむくみがひどくなる傾向があるため、「ビタミンB6」を摂取して改善することが大切です。

この「ホルモンバランスが乱れる」ということが、女性が男性よりもむくみやすい原因の1つと言えます。

ビタミンBを多く含む食べ物は、「マグロ」「サバ」「ニンニク」「レバー」などです。

コレステロールを排出する「サポニン」を含む食べ物

むくみ解消に効く食べ物は、コレステロールを排出する効果のある「サポニン」です。

サポニンには、カリウムと同じような「利尿作用」があり、デトックス効果が高いのが特徴です。

また、サポニンは悪玉コレステロールを排出する効果が高く、生活習慣病の予防にも効果的です。

サポニンが多く含まれる食べ物は、「大豆」「ゴボウ」「スイカ」「きゅうり」などです。

これは注意!むくみの原因になる食べ物とは?

では逆に、むくみの原因になる食べ物とは何なのでしょうか? なるべく日頃からひかえるように気をつけたいところですね。

むくみの原因ナンバーワン「塩分の多い食事」

むくみの原因になる食べ物といえば、「塩分の多い食事」がナンバーワンですね。塩分を摂り過ぎると、体内の塩分濃度を薄くするために、体の中に水分を多くため込んでしまうのです。

「塩分の多い食事」とは、「カップ麺」「ラーメン」「スナック菓子」などです。
これらの食べ物には、食品添加物も多く含まれていて、体の機能を低下させ、代謝を下げる作用があります。

なるべく塩分ひかえめの食生活に切りかえ、塩分をためないように注意しましょう。

意外!?「糖分」もむくみの原因になる

むくみの原因になる食べ物は、塩分だけでなく、糖分も当てはまります。

とくに「ジュース」には糖分が大量に入っているので、なるべく自分で淹れたお茶は確保するようにしましょう。

疲れたときには糖分が欲しくなりますが、程ほどにしておかないと、むくんでしまいますよ。
糖分といえば、「お菓子」「ジュース」「缶コーヒー」などあがります。

ジュースや缶コーヒーには、大量の「砂糖」が入っているので気をつけましょう。

「アルコール」は水分をためこむ性質がある

アルコールもまた、むくみの原因になります。
アルコールは、塩分と同じように、体内に取り込めれると水分を溜めこむ性質があります。

そのため、アルコールはなるべくひかえておきましょう。普段から代謝が悪い人は、より水分をためこみやすくなります。

むくみを解消するために気をつけること

むくみを解消するために気をつけることは、以下の4つを意識すると良いでしょう。

  • 水分をしっかり摂る
  • できるだけストレッチやマッサージを日課にする
  • 適度な運動で汗をかく
  • お風呂で温まるのも効果的

 
体がむくんでいるということは、体内の水分を排出しきれていないということです。これ以上むくまないために、水分をあまり摂らない人がいますが、これは逆効果になるので注意しましょう。

水分が足りないと、血液の循環がさらに悪くなり、むくみを解消できなくなります。そのため水分補給は適度にする必要があります。

むくんでいると血行が悪くなるので、日頃からストレッチやマッサージを実践するのも効果的です。またシャワーで済ませる人は、しっかりと湯船に浸かることが大切です。

日頃から適度な運動をして、じんわり汗をかくのもオススメですよ。

女性が男性よりもむくみやすい理由とは?

女性が男性よりもむくみやすいと言われる理由は、女性ホルモンが関係しています。女性ホルモンは、どのようにむくみと関係しているのか見ていきましょう。

生理でホルモンバランスが乱れ、むくみやすくなる

生理前は、「プロゲステロン」という女性ホルモンの分泌が盛んになり、体の水分が排出されにくくなります。そのため、体がむくみやすくなるのです。

プロゲステロンの分泌が多くなると、血行が悪くなったり、腸のぜん動運動が悪くなるので、便秘になりやすくなります。便秘になると、さらに血行が悪くなり、体がむくんでしまうのです。

女性のほうが筋肉量が少ないので、循環が悪い

女性が男性よりもむくみやすい理由は、筋肉量が少ないからです。女性は脂肪がつきやすく、筋肉がつきにくい特徴があります。

たとえば、むくみやすい「足」で考えてみましょう。

ふくらはぎの筋肉がポンプの役割をして、下半身にたまった血液を上に押し上げてくれる効果があります。

しかし筋肉量の少ない女性の場合は、このポンプ機能がちゃんと作用しないため、むくみやすくなるのです。

日頃から適度な運動をして、筋肉量を増やしておくと、足がむくみにくくなりますよ。

むくみを解消して、血液サラサラ生活を始めよう!

むくみ解消に効く食べ物と、女性がむくみやすい原因などについてご紹介しました。

食べ物の影響は大きく、むくむ原因も、むくみを解消する効果も、すべて食べ物が大きく関わっています。

日頃の食生活を見直して、むくみを解消する食べ物を積極的に摂るようにしましょう。
 

こみち
こみちの一言コラム

むくみを解消する食べ物を毎日摂って、少しずつ改善していきましょう。
むくみに効果的な食べ物で、簡単にむくみを解消し、スッキリしたいですね。

スポンサーリンク