つらい生理痛を緩和する食べ物と飲み物

生理痛の改善に効く食べ物と飲み物でつらい日を乗り切ろう!

月に一度のサイクルでやってくる「生理」。
人それぞれ個人差があるとはいえ、つらい生理痛で悩んでいる人も多いのではないでしょうか?
 

こみち
PMSの時期も含めると、月の半分は生理関連の症状に悩まされているわ。

生理痛がひどいと仕事も頑張れないし、遊びの予定さえ憂鬱な気分になってしまうこともありますよね。
そんなつらい生理痛でお悩みのあなたに、「生理痛を緩和する食べ物と飲み物」をご紹介します。

つらい日を乗り切るために、ぜひ参考にしてみてくださいね。

生理痛はなぜ起こるの?

そもそも生理痛は、なぜ起こるのでしょうか? 生理痛は個人差がはげしく、まったく痛くない人もいれば、寝込むほどの人もいます。
そこまで個人差があると、同じ女性でも理解してもらえず、一人で苦しんでいる人もいるかもしれませんね。この苦しい生理痛は、何が原因なのか見ていきましょう。

子宮内膜で作られる「ホルモン」が痛みの原因

生理痛のいちばんの原因は、子宮内膜で作られる「プロスタグランジン」というホルモンが痛みの発生源です。
生理のしくみは、妊娠に備えて子宮内膜が厚くなり、受精卵が着床しないと経血としてはがれ落ちていきます。

この経血を体外に排出するときに、プロスタグランジンというホルモンが分泌されます。プロスタグランジンの分泌が多いほど、生理痛がひどい症状としてあらわれます。

プロスタグランジンは、血液と一緒に全身に運ばれるので、腹痛だけでなく、腰痛や肩こりなどの症状も引き起こします。
では、プロスタグランジンの分泌が多くなる原因は、何が考えられるのでしょうか?

女性に多い「冷え性」が、生理痛を悪化させる

生理痛の原因である「プロスタグランジン」は、体が冷えると分泌が多くなります。体が冷えると血行が悪くなり、経血が出にくくなるため、プロスタグランジンを分泌して、子宮を収縮させているのです。

女性は冷え性の人が多いので、多くの女性は生理痛に悩まされていると考えられます。

ストレスでホルモンバランスが乱れる

仕事や家庭でのストレスがたまると、女性ホルモンのバランスが乱れるのはご存知の人も多いことでしょう。ホルモンバランスが乱れると、体温調節の役割のある「自律神経」も乱れてしまいます。

それにより体温調節がうまくいかなくなると、血行が悪くなったり、体が冷えやすくなったりします。そのため、結果的にプロスタグランジンの分泌が多くなり、生理痛がひどくなると考えられるのです。

また、生理前後になると、女性ホルモンである「エストロゲン」が急激に減少することで、脳の血管が拡張し、頭痛を引き起こすことがあります。生理痛で頭痛がひどい人は、ホルモンバランスを整えることで改善される可能性があります。

生理痛を改善するには、お腹を温めることが大切

生理痛の原因は、おもに「冷え」と「血行不良」と考えられます。そのため、生理痛を改善するには、まずお腹を温めることが大切です。
お風呂に入ると生理痛がやわらぐのは、お腹が温まり、血行が良くなるからです。

お腹を温めるには、お腹を温める食べ物を食べても良いですし、直接的にお腹を温めることも有効です。
今回は生理痛を緩和する食べ物のご紹介なので、体を温める効果のある食べ物や、生理痛をやわらげる食べ物を見ていきましょう。

つらい生理痛を緩和する食べ物

生理痛の原因と対処法がある程度わかったので、気になるのは「生理痛を緩和する食べ物は何か」ということですよね。具体的にどんなものを食べれば生理痛が緩和されるのか見ていきましょう。

体を温める冬野菜や根菜類

体が冷えると、生理痛の原因である「プロスタグランジン」が分泌されて、生理痛を引き起こします。そのため、生理痛を緩和するためには、体を温めることが有効です。

そこで、体を温める食べ物として効果的なのが、かぼちゃや白菜などの「冬野菜」や、ゴボウなどの「根菜類」です。寒い季節に栽培される作物や、寒い土地で作られる野菜、また、土の中で育つ野菜などは、体を温める効果があると言われています。

血行を良くする青魚や玉ねぎ

生理痛を緩和するためには、血行を良くする食べ物が効果的です。血行を良くすることで、生理の経血が剥がれやすくなり、プロスタグランジンの分泌を抑えることができます。

そのため、日頃からストレッチや適度な運動で血行を良くすることも有効ですが、食べ物ではアジやいわしなどの「青魚」や、血液サラサラ効果のある「玉ねぎ」が効果的です。

鉄分の多いプルーンやレバー

生理中は血液がたくさん排出されるので、貧血気味になる人も多いのではないでしょうか? そのため、鉄分の多い「プルーン」や「レバー」も、生理痛の緩和に効果的な食べ物です。

レバーなどの肉類は、タンパク質も豊富なので、体のあらゆる機能を正常にする役割があります。生理痛だけでなく、あらゆる症状の緩和に役立つでしょう。

ホルモンバランスを整える納豆や豆腐

生理痛で頭痛がひどい人は、生理中に限らず、日頃から「イソフラボン」が含まれる食べ物を食べるのがオススメです。イソフラボンは、女性ホルモンである「エストロゲン」と似たような働きをするので、ホルモンバランスを整える作用があります。

ホルモンバランスが整うことで、生理痛の原因である「プロスタグランジン」の分泌を抑えたり、生理による頭痛を緩和することができます。
イソフラボンは大豆製品に多く含まれているので、納豆や豆腐、豆乳や味噌などを摂ると良いでしょう。

乳酸菌やミネラルが豊富なヨーグルト

美容や健康に良い効果のある「ヨーグルト」ですが、最近では生理痛の緩和にも効果的だと言われています。ヨーグルトには良質なタンパク質が豊富に含まれていて、なおかつ、乳酸菌やミネラルも含まれています。

乳酸菌が腸内環境を整えることで、血行を促進し、生理痛の緩和に役立ちます。しかし、乳酸菌を摂り過ぎると逆効果になる場合もあるので、適量を守りましょう。お腹を冷やさないように、ホットヨーグルトにして食べるのがオススメですよ。

免疫力を高めるニンニクやキムチ

ニンニクには免疫力を高める効果があり、体温を上げる作用があります。体が温まることでプロスタグランジンの分泌が減りますので、生理痛の緩和に役立ちます。

また、キムチはカプサイシンの効果で体を温めるとともに、発酵食品なので、腸内環境を整えて便秘を解消し、血流を良くする効果があります。血流が良くなれば、生理痛を緩和することができますね。

キムチ鍋なら、体がポカポカに温まるのでオススメです。冬野菜をたっぷり入れて食べましょう。

つらい生理痛を緩和する飲み物

生理痛を緩和する食べ物をご紹介したので、次に、生理痛を緩和する飲み物をご紹介します。基本的にはホットドリンクで、体を温めることが大切です。

生姜入りのホットドリンク体を温める

生姜は、体を温める効果があることで有名ですよね。そのため、生理痛を緩和するのにも効果的です。
紅茶に入れて飲むのが簡単ですが、紅茶にはカフェインが含まれているので、あまりオススメできません。とはいえ、紅茶は発酵しているため、コーヒーよりは体を温める効果が期待できます。

生姜入りのホットドリンクでオススメなのが、「生姜ゆずハチミツ」です。ゆずも体を温める効果があり、ハチミツはアミノ酸が含まれていて、栄養満点なので、生理痛の緩和にも役立ちます。

ココアで免疫力アップ&血行促進

ココアにはポリフェノールが含まれていて、免疫力を高めるとともに、血行を良くする効果があります。血行を良くするので生理痛の緩和に役立ちますし、マグネシウムなどのミネラルも豊富です。

さらに食物繊維も含まれているので、便秘の解消にも役立ち、血行を良くする効果が期待できます。ホットドリンクで飲むことで、より体が温まりますね。

ハーブティーで心と筋肉の緊張をやわらげる

ほとんどのハーブティーには、リラックス効果があるので、生理中のイライラを解消するのに役立ちます。でも、ハーブティーの効果はそれだけではありません。

ハーブティーの中には、鎮静作用のあるものがあり、プロスタグランジンによる筋肉の緊張や収縮をやわらげる作用があります。「カモミール」「ラズベリーリーフ」が、とくにオススメです。

カモミールやラズベリーリーフには、心身をリラックスさせて、安眠をうながす効果があります。そのためストレスを緩和して、ホルモンバランスを整える効果も期待できます。

また、ラズベリーリーフには子宮の筋肉が緊張するのをやわらげ、経血を出しやすくすることで、生理痛を緩和する働きがあります。

食べ物や飲み物で生理痛を緩和して、つらい日を乗り切ろう!

生理痛を緩和する食べ物と飲み物をご紹介しました。
生理痛は、本人にしかわからないつらさもありますので、あなたに合った食べ物や飲み物を選んでくださいね。

気持ちがリラックスして、美味しいと感じる食べ物がオススメです。日頃の食生活に、ぜひ取り入れてみてくださいね。
 

こみち
こみちの一言コラム

憂鬱でつらい生理痛は、効果的な食べ物と飲み物で改善。
体を温めることと、血行を良くすることが、生理痛改善のキモですよ!

スポンサーリンク