きれいに日焼けする方法|シミを防いで健康的な小麦色の肌に

美肌になるために、紫外線を悪者のように感じている人は多いです。
そんな中で、きれいに日焼けしたい人も増えています。

なぜならモデルや海外セレブなどで、日焼けしている女性がセクシーで美しいからです。
きれいに日焼けできて、しかもシミも防げるなら、ぜひ焼いてみたいという人は意外と多いのではないでしょうか。

ワタシも20歳頃に2年くらい続けて夏に焼いたことがあります。
小麦色の肌は、それはそれで好評でした。

では、どのような方法で焼けば、きれいに日焼けできるのでしょうか。

日焼けするメリットって何?

美白が大流行中なのに、なぜ今日焼けなんでしょうか。
日焼けするメリットを見ていきましょう。

健康的な美しさがある

日焼けするメリットは、健康的な美しさを演出できるからです。
色白の人は、どうしても病弱で弱々しいイメージがありますよね。

でも小麦色の肌の人は、健康的で親しみやすい雰囲気があります。
男女ともに、近づきやすいですよね。

体が引き締まって見える

日焼けするメリットは、何といっても体が引き締まって見えることです。
白は膨張色ですから、体が引き締まっては見えません。

でも褐色の肌なら、実際よりも引き締まって見えるのでお得ですね。
ポイントは、程よく焼いていることが前提です。焼きすぎは禁物です。

小麦色の肌は、セクシーで男性受けも良い

男性は白くて美しい肌が好きだと思いきや、意外と日焼けした女性もキライではないようです。
好みにもよりますが、きれいで健康的な自然な黒さなら美しいですよね。

日本人で言えば、モデルの中村アンさんは健康的な肌の典型ですよね。
ナイスバディで小麦色の肌は、セクシーな大人の女性の魅力があります。

でも焼きすぎると、今度は逆にチャラく見えます。ギャルっぽく見えるからですかね。
あくまでも程よく日焼けしていることが、きれいに日焼けするコツです。

きれいに日焼けする方法

きれいに日焼けするには、どうしたら良いのでしょうか。

一気に焼かずに、徐々に焼く

きれいに日焼けする方法は、あせって一気に焼かずに、徐々に焼いていきましょう。
長時間紫外線に当たったり、強い紫外線に当たると、皮が剥けたり、水ぶくれになりやすいです。

なるべく肌に負担にならないように焼くことが、きれいに日焼けするコツです。

サンオイルをムラなく塗る

きれいに日焼けする方法は、サンオイルをムラなくきれいに塗ることです。
日焼け止めも同じですが、塗りムラがあると、まだらに焼けてしまうことがあります。

サンオイルを塗っていない場所だけ、皮が剥けてしまうこともあるでしょう。
きれいに焼きたい人からすると、皮が剥けるのは最悪な状態です。それだけは避けたいですよね。

小まめに塗りなおす

日焼け止めと同様、やはりサンオイルも小まめに塗りなおすことが大切です。
もし余裕があるのなら、一度シャワーなどで冷やしてから塗りなおしましょう。

そのほうが火傷状態を防げますし、いったんサンオイルを落とすことで、きれいに塗りなおすことができます。

ヴァージンココナッツオイルは天然のサンオイル

ヴァージンココナッツオイルは、日焼け止め効果もあると言われています。
それと同時に、きれいに日焼けするのにもおすすめです。

ココナッツオイルは保湿効果も高いので、美肌を保ちながら焼きたい人に最適です。
日焼け後のアフターケアにも、重宝しますよ。

保湿などのアフターケアをしっかりやる

きれいに日焼けするコツは、日焼け後のアフターケアをしっかりやることです。
日焼け後は肌が乾燥しやすい状態ですから、いつも以上に念入りに保湿をおこなってください。

ココナッツオイルや馬油を使うと、肌に負担をかけずに、しっかりと保湿することができます。
美肌効果も高いので、きれいな肌を保つことができるでしょう。

日焼け後に絶対にやるべきこと

日焼け後に絶対にやるべきことは、肌を冷やすことです。
日焼けしたくない人と同じように、日焼けしたい人も、日焼け後は冷やすことが重要です。

火傷した時に水ぶくれができるのは、しっかりと冷やさなかった時ですよね。
それと同じです。

日焼け後は火傷と同じ状態ですから、しっかりと冷やすようにしましょう。
もし水ぶくれができてしまうと、それがつぶれて皮が剥けてしまいます。

皮が剥けてしまうのだけは、絶対に避けたいですよね。

きれいな小麦色の肌で健康美人

モデルみたいにきれいな小麦色の肌になるには、きれいに日焼けすることが大切です。
そのためには日焼け前と日焼け後のケアをしっかりやる必要があります。

もし天然の紫外線できれいに焼く自信がないようなら、日焼けサロンで焼くのも良いでしょう。
紫外線を調節できますし、うっかり皮が剥けてしまうようなことも少ないと思います。

きれいな小麦色の肌で、健康美人を目指しましょう。

スポンサーリンク