きな粉牛乳は最短でバストアップできる方法|大豆パワーで胸を大きくする

きな粉牛乳に秘められたバストアップ効果は想像以上!

きな粉牛乳は、ダイエット効果で知られていますが、バストアップ効果が高いことでも話題になっています。

きな粉は大豆製品ですが、大豆製品の中でも「イソフラボン」の量がトップクラスなのです。
 

こみち
きな粉牛乳なら簡単に飲めそうだから、毎日続けられるかも❤

きな粉牛乳のスゴイところは、意外と即効性があること。中には、「数日で胸が張ってきた」という人もいるようです。

そんな「きな粉牛乳」のバストアップ効果について見ていきたいと思います。

牛乳を飲むとお腹がゴロゴロする人は、ヨーグルトに換えてもOKなので、毎日続けてバストアップを目指しましょう!

きな粉に秘められた大豆パワーが胸を大きくする

きな粉は大豆からできているので、「大豆イソフラボン」が含まれています。
大豆イソフラボンは、女性ホルモンの「エストロゲン」と似たような作用があり、女性ホルモンの働きを活性化する効果があります。

胸を大きくするには、女性ホルモンの働きが必要なので、きな粉牛乳にはバストアップ効果が期待できるわけですね。

しかも、納豆や豆腐、豆乳などの大豆製品の中でも、きな粉は大豆イソフラボンの含有量が多く、体に吸収しやすい粉末のため、高いバストアップ効果が期待できるのです。

しかも、少量のきな粉を摂るだけで、大豆イソフラボンの1日あたりの摂取量上限を軽くクリアできるため、バストアップに利用しない手はありませんよね。

きな粉には、そんな秘められた大豆パワーがつまっているのです。では、きな粉のバストアップ効果と、女性に嬉しいその他の効果についてご紹介します。

きな粉牛乳のバストアップ効果と女性に嬉しいその他の効果とは?

きな粉のバストアップ効果については軽く触れましたが、ここからは「きな粉牛乳」のバストアップ効果についてご紹介します。きな粉と牛乳のコラボが、高いバストアップ効果をもたらしてくれます。

女性ホルモンを活発にし「バストアップ効果」

きな粉牛乳は、女性ホルモンを活発にして、バストアップ効果を高めてくれます。

きな粉に含まれる「大豆イソフラボン」が、女性ホルモンを活発にすることで、「乳腺」を発達させ、胸の脂肪を増やして胸を大きくします。

また、牛乳に含まれる「タンパク質」は、胸をつくる栄養素の1つで、ハリと弾力のあるプルンとした胸をつくってくれます。

この2つの相乗効果が素晴らしく、バストアップに高い効果が期待できます。

それに、きな粉牛乳のスゴイところは、飲みはじめて数日で、「胸が張って痛くなってきた」という口コミがあるくらい、高いバストアップ効果があるようです。

きな粉牛乳を飲むことで、あっという間に張りのあるバストが手に入る可能性があります。これは期待できそうですね。

脂肪がたまりにくくなる「ダイエット効果」

きな粉牛乳には、脂肪をたまりにくくするダイエット効果が期待できます。

きな粉には、豊富な「食物繊維」が含まれているので、食前に飲むことで満腹感をもたらし、食べ過ぎを防止してくれます。

また食物繊維は、食事から摂った脂質や糖質の吸収を抑え、体に脂肪をつきにくくする効果があります。そのためダイエット効果が期待できるのです。

また、きな粉には「大豆ペプチド」が含まれていて、代謝をアップして、ダイエット効果が高めてくれます。

抗酸化作用で「美肌効果」と「アンチエイジング」

きな粉牛乳の効果は、きな粉に含まれる「大豆イソフラボン」の効果によって、女性ホルモンを活発にして、美肌効果を高めてくれることです。

女性ホルモンは、美肌をつくる効果があり、バストに張りとツヤを与えて、美しい胸を手に入れる効果が期待できます。

また、きな粉には「大豆サポニン」というポリフェノールが含まれているため、抗酸化作用があり、アンチエイジング効果も期待できます。

大豆サポニンは、血行を良くし、ターンオーバーを活発にすることで、シミやシワなどのエイジングサインを改善する効果があります。

さらに、きな粉と牛乳の「タンパク質」によって、コラーゲンを増やし、肌にハリを与えてくれます。

「育毛効果」で抜け毛と薄毛を予防する

きな粉牛乳の効果は、なんと育毛効果まであります。きな粉に含まれるさまざまな栄養が、育毛効果を高めてくれるのです。

きな粉に含まれる「ビタミンB群」が頭皮の血行を良くし、「ビタミンE」が老化を防止し、「亜鉛」が毛母細胞を活性化し、抜け毛や薄毛を予防してくれます。

最近は、女性でも薄毛に悩んでいる人が多いので、バストアップしながら育毛効果まであるなんて、女性には嬉しい効果ですね。

大豆オリゴ糖で「便秘解消」

きな粉牛乳の効果は、きな粉に含まれる「大豆オリゴ糖」と「食物繊維」によって、腸内環境を整えて、便秘を解消してくれることです。

これらは善玉菌を増やし、腸内環境を整えてくれるのです。

きな粉牛乳にはハチミツを入れますが、これをオリゴ糖に換えると、さらに便秘解消の効果を高めてくれます。

バストアップに効果的なきな粉牛乳の飲み方

きな粉牛乳のバストアップ効果と、女性に嬉しいその他の効果についてご紹介しました。ダイエット効果を高めるには、食前にきな粉牛乳を飲むのが効果的ですが、バストアップに効く飲み方は、どうすれば良いのでしょうか?

朝飲むと、栄養が体に吸収しやすい

バストアップに効果的なきな粉牛乳の飲み方は、朝起きて、朝食の前に飲むことです。

朝は胃が空っぽなうえ、水分も不足しているので、栄養が体に吸収しやすいベストな状態なのです。

そのため、バストアップ効果を狙うなら、きな粉牛乳を朝飲むと良いでしょう。

夜飲むと、安眠効果と女性ホルモン活性化

バストアップに効果的なきな粉牛乳の飲み方は、夜寝る前に飲んでもOKです。

バストアップ効果のある女性ホルモンは、眠っている間に活発に働くため、安眠することが大切なのです。

牛乳には安眠効果があると言われているので、寝る前にきな粉牛乳を飲むと、安眠をうながし、バストアップ効果を高めてくれます。

きな粉牛乳は1日1杯まで

きな粉牛乳はバストアップ効果が高く、手軽に飲めるのが嬉しいですが、1日1杯までにしましょう。

きな粉に含まれる「大豆イソフラボン」は、1日あたりの摂取量上限が70~75gと言われています。

他の食品でも大豆イソフラボンを摂ることを考えると、きな粉牛乳は1日1杯くらいがちょうど良いでしょう。

飲み過ぎには注意してください。

きな粉牛乳の作り方と続けやすい美味しいレシピ

バストアップ効果のある「きな粉牛乳」の作り方と、美味しいアレンジレシピをご紹介します。

バストアップ効果を狙うなら、飲み続けることが大事ですが、どうしても飽きてしまいますよね。

そんなときにオススメのレシピなので、ぜひ活用してみてください。

きな粉牛乳の作り方

まずは、基本のきな粉牛乳の作り方からご紹介しましょう。

  1. 最初に、きな粉を少量のお湯で溶かします。
  2. ハチミツ小さじ1杯、牛乳200mlを入れて完成です。
  3. きな粉の分量は、大さじ1~4杯の間で調整してみてください。

 
きな粉の量は、大さじ1杯程度が推奨されているようですが、大豆イソフラボンの摂取量上限を考えても、大さじ4杯までにしてください。

大さじ1杯のきな粉は約7gなので、大さじ4杯で28gほどになります。

きな粉の量が多すぎると下にたまってしまい、飲みにくくなるのでご注意ください。

デザートにオススメ!ほうじ茶入りプリンのレシピ


Cpicon 簡単ほ~っこり♪ほうじ茶ミルクプリン  by 煎り黒豆ちゃん♪

飲み物ではありませんが、デザートとして「ほうじ茶入りのきな粉牛乳プリン」はいかがでしょうか?

食前に食べてもOKですね。ほうじ茶の独特の香ばしい風味と、ほのかな苦みが、大人のデザート感をかもしだしています。

作るのが多少手間になりますが、楽しみながら作って食べれば、女性ホルモンの活性化にも効果的ですよ。

女性を美しくする!黒糖ココア生姜入りのアレンジレシピ


Cpicon じんわ~り温ま~る♡黒糖きな粉生姜ココア by みみ母

体を温めることで女性ホルモンが活性化されますので、体がぽかぽかになる「きなこ牛乳のアレンジレシピ」はいかがでしょうか?

ハチミツを「黒糖」にチェンジして、「ココア」と「生姜」をプラスしています。

ココアはポリフェノールと食物繊維が豊富に含まれているので、美容効果とダイエット効果、健康効果も高い栄養満点ドリンクです。

また、生姜で体を温めれば、文字通り「ホットな女性」になれますよ。
ホットはスラングで「いかしてる」とか「セクシー」という意味。いわゆる「イイ女」ってことですね。

朝食に最適!ヨーグルトバナナの簡単レシピ

「きな粉牛乳でバストアップしたいけど、牛乳を飲むとお腹がゴロゴロする」という人には、ヨーグルトがオススメ。

きな粉牛乳を作るよりも、ヨーグルトのほうが簡単なのです。きな粉をお湯で溶かさなくても、そのままヨーグルトに混ぜればOK。

ハチミツを入れたほうが食べやすいですが、あとは、好きなものを入れてみてください。

わたしの場合は、ヨーグルトに「きな粉」「ハチミツ」「シナモン」「バナナ」を入れて食べています。

とっても美味しいし、朝食に食べると腹持ちが良く、頭の回転も良くなるのでオススメですよ。

きな粉牛乳は飲み過ぎ注意!バストアップ効果が半減する場合も?

きな粉牛乳の作り方と、美味しいアレンジレシピをご紹介しました。では最後に、きな粉牛乳の注意点をご紹介します。

大豆イソフラボンの摂取量上限を守ろう

きな粉牛乳に含まれる「大豆イソフラボン」には高いバストアップ効果がありますが、摂取量上限を超えないように注意しましょう。

「早くバストアップしたい」とか、「より大きな胸を手に入れたい」という気持ちはわかりますが、摂り過ぎると良くないので充分注意してくださいね。

では、大豆イソフラボンを摂り過ぎると、どのように良くないのでしょうか?

大豆イソフラボンを摂り過ぎると、女性ホルモンの分泌を減らす

大豆イソフラボンにはバストアップ効果がありますが、摂り過ぎると、女性ホルモンの分泌を減らしてしまうと言われています。

大豆イソフラボンを摂ることで、体が「女性ホルモンが分泌されている」と誤認することによって、自らが女性ホルモンを分泌する機能が低下してしまうのです。

せっかくバストアップ効果のために大豆イソフラボンを摂っているのに、逆効果になってしまう可能性があるので気をつけましょう。

意外と高カロリーなので、摂り過ぎると太るかも

きな粉牛乳にはダイエット効果もありますが、意外と高カロリーな飲み物なので、摂り過ぎると、逆に太ってしまう場合もあります。

きな粉を大さじ1杯入れた場合のきな粉牛乳のカロリーは、約170キロカロリー。

もし、きな粉を大さじ4杯入れた場合のきな粉牛乳のカロリーは、なんと約275キロカロリーもあるのです。意外と高カロリーでビックリしますよね。

体に良い食品のカロリーなので、それほど悪いわけではありませんが、太る可能性があるのは確かです。

「バストアップはできたけど、何だか太った気がする」という口コミもあるので、飲み過ぎには注意しましょう。

きな粉牛乳は最短で胸を大きくするバストアップ方法だった!

きな粉牛乳のバストアップ効果や、その他のさまざまな効果についてご紹介しました。美味しい飲み方で、効果的にバストアップを目指しましょう。
 

こみち
こみちの一言コラム

きな粉牛乳のバストアップ効果は、想像以上にスゴイ!

ダイエットや美肌効果も得られるので、女性らしさが満開になりますよ。

スポンサーリンク