お年玉の相場はいくら?年齢別の妥当な金額とお年玉の豆知識

お年玉の相場は年齢で違うの?いくらあげるのが妥当?

お正月になると大人を悩ます「お年玉」。
自分の懐もさみしいのに、子どもや孫、姪や甥にお年玉をあげるのは正直ツライですよね。
 

こみち
そういえば、お年玉って何歳まであげるものなのかしら?大学生にもあげるべき?

自分も子どもの頃はお年玉が楽しみだったから、みんな子どもたちは楽しみにしてるはず。
でも何歳まであげるべきなのか? 逆に赤ちゃんにもあげるべきなのか?

意外とお年玉については、素朴な疑問が多いですよね。
そこで今回は、年齢別のお年玉の相場やお年玉についての豆知識などをご紹介します。

幼稚園児・小学生・中学生・高校生へのお年玉の相場は?

一般的にお年玉をあげる年齢は、「幼稚園から高校生まで」と考える人が多いようです。
確かにそれぐらいが妥当ですよね。
では、お年玉の相場はそれぞれどれくらいが妥当なのでしょうか?

幼稚園児へのお年玉の相場

未就学児、いわゆる幼稚園児へのお年玉の相場は、500~1000円くらいです。
1000円がもっとも多いようです。

幼稚園児は、お年玉をもらっても自分で管理できないので、親に直接渡すケースもあるかもしれませんね。
もらった時のテンションとしては、小銭のほうが子どもは嬉しいかもしれません。

小学生へのお年玉の相場

小学生へのお年玉の相場は、低学年と高学年で違うようです。
小学校低学年の場合は2000円、小学校高学年の場合は3000円がお年玉の相場です。

これくらいの年齢になると、子どもが自分でおやつを買いに行くこともできるので、テンションは上がるはずです。
きっと大喜びしてくれることでしょう。

中学生へのお年玉の相場

中学生へのお年玉の相場は、3000~5000円です。
5000円くらいが、いちばん多いようです。

多感な年齢ですから、「金額が少ない」と悪態をついたり、恥ずかしくて素直に喜べない子もいるかもしれませんね。
自分もそうだったかなぁ……と思い出してみれば、大目に見てあげられるでしょう。

高校生へのお年玉の相場

高校生へのお年玉の相場は、5000円がいちばん多いようです。
中には1万円の人もいるようですが、あまり見栄を張らなくても良いでしょう。

高校生はバイトしている場合もあり、お金の価値は理解していますが、まだありがたみはそれほど理解していないはずです。
そのため、高額のお年玉をあげれば良いというわけでもないでしょう。

赤ちゃんへのお年玉は、どうすればいいの?

それぞれの年齢別のお年玉の相場をご紹介しましたが、赤ちゃんの場合はどうでしょうか?
乳幼児の場合は、もちろん本人は何もわかりません。

そのため親に渡すことになります。
赤ちゃんへのお年玉の相場としては、500円が多いようです。
中には、あげないという人も。

大学生にもお年玉をあげるべき?社会人は?

では逆に、子どもが大学生や社会人の場合は、そもそもお年玉をあげるべきなのでしょうか?
姪や甥で可愛がっているなら、あげたい気持ちがありますよね。だから、あなたの気持ち次第で良いのではないでしょうか?

金額については、大学生のお年玉の相場は1万円です。
中には3万円という人もいるようですが、多くの人は「お年玉の上限は1万円」という認識のようです。

人によってお年玉を何歳まであげるかはバラバラで、大学生になったらあげない人、学生のうちはあげる人、社会人でも20歳まではあげる人など、それぞれ違います。
そこに正解はありませんので、あなたの気持ちで良いと思います。

疑問解決!お年玉の豆知識

お年玉の相場はご紹介しましたが、金額以外にも迷ってしまうことがあるのではないでしょうか?
そんなお年玉の疑問について、1つずつ解決していきます。

親戚と知人では、相場金額に違いがある

年齢別のお年玉の相場をご紹介しましたが、親戚と知人では、相場金額に違いがあるようです。
親戚の子どもの場合は相場通りあげるけど、知人については相場よりも少ない場合も多いようです。

知人の子どもが小学生から高校生までの場合は、2000~3000円くらいでもOKでしょう。

上司の子どもへのお年玉は失礼

お年玉というのは、立場や年齢が上の人からあげるものです。
そのため上司の子どもへお年玉をあげるのは、失礼になると言われています。

とはいえ、上司にお呼ばれして子どもがいた場合、何もあげないのも気が引けますよね。
そんな時には、図書券や商品券をあげることが多いようです。

お年玉袋には、自分と相手の名前を書く

お年玉袋なんて、子どもはすぐに捨ててしまいますよね。
だから何も書かなくても良いような気がしますが、できれば「自分の名前」と「子どもの名前」を書いておきましょう。

親が誰からいくらもらったのか管理している場合も多く、名前が書いていないと誰がくれたのか判断できないことがあります。
そのため相手の子どもの名前を表に、自分の名前を裏に書いておくと良いでしょう。

自分が新社会人なら、できる範囲でOK

社会人になったばかりの人は、そろそろ自分がお年玉をあげる番ですよね。
でも、相場金額をあげるのはチョット厳しい場合もあることでしょう。

そんな場合には、できる範囲の金額で大丈夫です。
だいたい2000円くらい入れてあげると良いのではないでしょうか?

社会人になりたての人がくれたお年玉が少ないと言って、文句を言う人がいれば、その人は常識がないと言えます。
大切なのはあなたの気持ちですから、気にすることはありません。

お年玉トラブルを避けるための心得

お年玉トラブルって何?と思う人もいるでしょうが、意外とトラブルになることも多いようです。
いちばん多いのが、お年玉の金額についてのトラブルです。
では、それぞれの対処法について見ていきましょう。

相手と同額のお年玉をあげる

自分が相手の子どもにあげたお年玉よりも、自分の子どもがもらったお年玉のほうが金額が少ない場合、トラブルになることがあるようです。
またお互いの関係性によっては、見栄の張り合いになる場合もあるかもしれません。

正月早々、たかがお年玉の金額で争いを起こすのは縁起が悪いですよね。
そんなトラブルを避けるためにも、基本的には相手と同額のお年玉を渡すようにすれば良いでしょう。

お年玉をもらったら自分に渡すよう子どもに言っておく

お年玉は子どもがもらうものですが、やはり親としてはお礼を言わないといけません。
でも自分が知らない場所で、子どもがお年玉をもらった場合、管理しきれなくなってしまいます。

あげた人から「親がお礼を言ってこないなんて失礼だ」と思われないように、お年玉をもらったら自分に渡すように、子どもへ言っておくと良いでしょう。
子どもが親に言わないで、ちゃっかり隠している場合もあるので、それ以上は親子の問題ですね。

その場でお年玉を見ないように、子どもに言っておく

お年玉をもらった子どもは、その場ですぐに中身を見たい衝動にかられます。
もらった人の目の前で中身を見るのは失礼になることを、子どもにはあらかじめ言っておきましょう。

親としても恥ずかしい思いをします。
親としてはお礼をしないといけませんから、誰からいくらもらったか管理するためにも、まずは自分に渡すように言ったほうが良いですね。

子どものいない夫婦への配慮を

お年玉は、自分の子どもがもらう金額ばかりに意識が向きがちですが、子どもがいない夫婦もいることを忘れてはいけません。
さまざまな事情で子どもができない夫婦もいるかもしれませんので、その場合は子どもがいないだけでもツラい思いをしているかもしれません。

それに加えて、子どもがいない夫婦は相手にお年玉をあげるだけで、誰からもお年玉が返ってこないことにお気づきですか?
それを意識しすぎるのも逆に失礼になるかもしれないので、後日個人的にお礼するなど、いろいろと配慮が必要でしょう。

お年玉トラブルを避けて、気分の良いお正月を迎えましょう

お年玉の年齢別の相場や、お年玉の豆知識などをご紹介しました。
新年早々にお年玉トラブルに巻き込まれたら、たまったものではありませんよね。

最初からトラブルを避けるためにも、お年玉の知識をしっかり覚えておくようにしましょう。
 

こみち
こみちの一言コラム

お年玉は子どものイベント。でも大人があげて、お礼を言うのは親。
結局お年玉の常識は、親の常識にかかっているんですね。

スポンサーリンク