おでこ広くなってない?男性の前髪が薄くなってきたらやるべき対策

男性の前髪が薄くなる原因と対策

前髪を手でかき上げたら、スカスカして薄くなったと感じたことはありませんか?

「そういえば、おでこも広くなったような……」と思いシャンプーをすると、抜け毛が多くて焦った人もいるかもしれません。
 

こみち
20代の男性でも、前髪が薄くなってきて悩んでいる人が多いようね。

そこで今回は、男性の前髪が薄くなる原因と、前髪が薄くなってきたらやるべき対策をご紹介します。

薄毛に気づいたら、1日でも早く対策を始めることが何よりも大事なポイントですよ。

最近おでこが広くなってきたかも?

「最近、おでこがひろくなってきたかも」「シャンプーのときの抜け毛が増えた」「前髪が薄くなってきた」

そんな悩みを抱えている男性は多いようです。とくに前髪の生え際が薄くなってくると、「これって、M字ハゲかも」と焦りますよね。

前髪が長い男性は、髪の隙間からおでこが透けて見えて、かえってハゲているように見えてしまうこともあります。

前髪が薄くなってきたと感じたら、思い切って短髪にしたほうが目立ちにくくなりますよ。

では、男性の前髪が薄くなる原因とは何なのでしょうか? 早めの対策が大事なので、まずは原因を見ていきましょう。

男性の前髪が薄くなる原因とは?

前髪が薄くなるのは男性特有の症状ではありませんが、男性の前髪が薄くなる原因には「男性ホルモン」が関係している場合が多いです。

AGA(男性型脱毛症)の可能性が高い

男性の前髪が薄くなる原因は、AGA(男性型脱毛症)の可能性が非常に高いです。

何らかの原因で男性ホルモンである「テストステロン」が過剰に分泌されると、それが酵素と結びつくことで「ジヒドロテストステロン」という物質に変化します。

このジヒドロテストステロンは脱毛因子と呼ばれ、抜け毛を増やし、AGAを進行させる原因になります。

◆前髪の生え際が薄くなるのは「M字ハゲ」の初期段階

AGAは進行性の薄毛で、前髪から薄くなっていくのが特徴です。10代や20代の男性でも前髪が薄くなることがあり、これを若ハゲと呼んだりします。

前髪の生え際が薄くなる「M字ハゲ」も、AGAの代表的な特徴の1つです。M字ハゲが進行すると、頭頂部が薄くなる「O字ハゲ」を併発していきます。

AGAの治療は、早ければ早いほど改善できる可能性が高くなるので、まずはAGAなのかを診断してもらうのも良いかもしれません。

髪型が前髪の生え際に負担をかけているのかも

男性の前髪が薄くなる原因は、髪型のせいで前髪に負担をかけているのかもしれません。

たとえばドレッドヘアーやオールバックは髪を引っ張ってしまうことが考えられるので、生え際に負担がかかります。

このように前髪の生え際を引っ張ってしまうような髪型をしていると、「牽引性脱毛症」になり、前髪が薄くなることがあります。

どちらかというと、髪を結わくことが多い女性に多い薄毛の症状ですが、男性でも髪を引っ張っていれば起こります。

皮膚疾患によって頭皮環境が悪化している

男性の前髪が薄くなる原因は、頭皮の皮膚疾患によって頭皮環境が悪化していることも考えられます。

たとえば頭皮の皮脂が過剰に分泌されてベタベタになっていたり、フケやかゆみが多いときは、頭皮の皮膚疾患にかかっている恐れがあります。

そこでシャンプーを過剰にしてしまうと皮膚疾患がさらに悪化して、薄毛を進行させてしまう場合があります。

ただし、この原因の場合は前髪だけでなく、髪全体が薄毛になる可能性があります。

前髪が薄くなる原因は、生活習慣の中にもある

生活習慣が原因で前髪が薄くなるというよりは、AGA(男性型脱毛症)の進行を速めてしまう可能性があります。

また一時的な薄毛の場合には生活習慣が大きく関係していて、これが悪化すると老化現象による薄毛が進行する場合もあります。いずれにしても、日頃から生活習慣には気をつけておいたほうが良いでしょう。

パソコンやスマホの使い過ぎで目が疲れている

男性の前髪が薄くなる原因は、パソコンやスマホの使い過ぎによって目が疲れているのかもしれません。

目の疲れがひどくなると、ちょうど前髪のあたりの血行が悪くなり、抜け毛が増えやすくなります。

意外かもしれませんが、目の疲れも薄毛の原因になるのです。デスクワークで1日中パソコンを使っている人は、目の疲れ以外にも「首こり」や「肩こり」になっていることが多いですよね。

首こりや肩こりも血行不良を招き、前髪が薄くなる原因になるので早めに解消しておいたほうが良いでしょう。

仕事でストレスがたまり睡眠不足になっている

男性の前髪が薄くなる原因は、ストレスや睡眠不足も大きく関係しています。ストレスがたまると全身の血行が悪くなり、頭皮環境も悪化しがちになります。

またストレスがたまると頭皮の皮脂の分泌が多くなり、これも頭皮環境の悪化につながります。頭皮環境を整えることは薄毛対策の基本なので、なるべく仕事などのストレスは早めに解消するようにしましょう。

間接的な原因であるストレスに対して、睡眠不足は薄毛の直接的な原因になります。髪の毛の成長は、眠っているときに分泌される「成長ホルモン」によって促されます。

睡眠不足になると成長ホルモンが充分に分泌されなくなるので、薄毛を悪化させてしまうのです。成長ホルモンの分泌をうながすには、良質な睡眠をとることが大切。

それに加えて、22~2時の間に眠っていると、成長ホルモンの分泌が活発になると言われています。

即席食品やファーストフードなどをよく食べる

男性の前髪が薄くなる原因は、食生活の栄養バランスが偏っているせいかもしれません。即席食品やファーストフードなどをよく食べる人は、食品添加物の摂り過ぎで頭皮環境を悪化させてしまうことがあります。

食品添加物を多く摂ると、ビタミンB群が大量に消費されてしまい、代謝が悪くなります。すると頭皮の皮脂が多く分泌されてしまったり、頭皮の肌状態が悪化しやすくなってしまいます。

できるだけ手作りの食事を食べるのが理想ですが、1番は栄養バランスの良い食事を心がけることです。

とくに薄毛に効果があると言われているのは「亜鉛」というミネラルです。牡蠣やうなぎ、パルメザンチーズやココアなどに多く含まれています。

最近ほとんど運動をしていない

男性の前髪が薄くなってしまうのは、運動不足のせいで血行が悪くなっていることが原因かもしれません。仕事が忙しくて疲れていると、なかなか運動する気になれないですが、適度な運動を心がけることは薄毛対策にも大切です。

ハードな運動をすると男性ホルモンの分泌が多くなったり、運動がストレスとなって逆に頭皮環境が悪化してしまう場合もあります。ウォーキングなどの適度な運動が効果的です。

男性の前髪が薄くなってきたらやるべき対策

では、男性の前髪が薄くなってきたらやるべき対策をご紹介して終わりにしましょう。薄毛対策をするなら、1日でも早いほうが効果的ですよ。

育毛剤で頭皮マッサージは初期の薄毛こそ効果アリ

男性の前髪が薄くなってきたらやるべき対策は、育毛剤を使った頭皮マッサージです。育毛剤は発毛剤ではないので、髪を生やす効果はありませんが、頭皮環境を改善してくれる効果があります。

初期の薄毛の場合、頭皮環境を改善することが薄毛の進行を遅らせることにつながるので、育毛剤が効果的なのです。

効果的な育毛剤には、頭皮に必要な栄養を補給できるものもあるので、頭皮に良い成分が含まれているものを選ぶと良いでしょう。女性が使う化粧水や美容液と同じようなイメージですね。

頭皮の肌状態が良くなれば、薄毛の進行を遅らせることができ、AGA以外の初期の薄毛の場合には薄毛を治すこともできるでしょう。

シャンプー後の濡れた髪に育毛剤をつけて、頭皮に浸透させるように頭皮マッサージをしましょう。指の腹で頭皮を押して、揉みほぐすようにすると効果的です。

AGAの場合はクリニックで早めのカウンセリングがオススメ

前髪の薄毛がAGAの場合には、育毛専門のクリニックでカウンセリングを受けるのがオススメです。といっても女性のエステと同じように、勧誘されることも多いので、予算を決めてからカウンセリングを受けたほうが良いかもしれません。

育毛治療は継続的におこなうことが必要なので、予算的にOKの範囲内なのか見極めることが大切です。

またAGAなのかわからない場合には、検査だけでも受けると良いかもしれません。

シャンプーのしすぎはNG。正しいシャンプーの仕方をする

男性の前髪が薄くなってきたらやるべき対策は、シャンプーの仕方を見直すことです。薄毛対策には頭皮を清潔に保つことが大切ですが、だからといってシャンプーをしすぎるのはNG。

1日に何度もシャンプーをすると、頭皮の皮脂を取りすぎて乾燥してしまいます。頭皮が乾燥すると皮脂を余計に分泌してしまうので、逆に頭皮環境が悪化してしまいます。

シャンプーは1日1回までで、シャンプーの種類や洗い方にも気をつけるようにしましょう。

シャンプーの種類は、頭皮にやさしい「アミノ酸系シャンプー」がオススメ。指の腹で頭皮をマッサージするような感じで洗うと良いでしょう。

また男性の場合はシャンプーをササっと終わらせてしまう人も多いので、しっかりと隅々まで頭皮の汚れを落とすことが大切です。シャンプー前にお湯だけで頭皮を洗っておくと、汚れが落ちやすくなりますよ。
 

◆リンスやコンディショナーは頭皮に付かないようにする

シャンプーで洗ってリンスをつけない男性もいるかもしれませんが、そのままでは髪が傷みやすくなってしまいます。シャンプーの後にはリンスかコンディショナーを使うようにしましょう。もちろんトリートメントでもOKです。

ただしリンスやコンディショナーは頭皮に付かないようにしましょう。アミノ酸系シャンプーは「ノンシリコンシャンプー」が多いのですが、リンスやコンディショナーにはシリコンが含まれている場合があります。

シリコンは髪をコーティングして傷みにくくしてくれる効果がありますが、頭皮につくと毛穴がつまって髪の成長の妨げになる場合があります。そのためリンスやコンディショナーは頭皮に付かないように気をつけてください。

生活習慣の改善と適度な運動が効果的

男性の前髪が薄くなってきたらやるべき対策は、とにかく生活習慣を改善することです。食事・睡眠・規則正しい生活などを心がけ、適度な運動を習慣にすると効果的です。

女性の美容もそうですが、体が健康であれば自然と美しくなっていくもの。男性の薄毛対策も、体が健康であれば自然と薄毛も改善されていくのです。もしくは進行を遅らせることができるのです。

とくに以下のような習慣がある人は、できるだけ控えたほうが良いでしょう。
 

◆喫煙や飲酒をなるべく控える

喫煙や飲酒は、ストレスが多くなるほどやめられないものですが、髪のことを考えればできるだけ控えたほうが良いでしょう。

喫煙すると血管が収縮されて血行が悪くなり、頭皮環境が悪くなります。また喫煙は肌を乾燥させるので、頭皮の皮脂が多く分泌されて頭皮環境が悪化してしまうのです。

飲酒に関しては、お酒を飲むと「アセトアルデヒド」という物質が血液中に循環され、脱毛因子である「ジヒドロテストステロン」が増加すると言われています。

そのため飲酒も薄毛の原因になるので、飲み過ぎには注意しましょう。

前髪が薄くなってきたら早めの対策が大事!

男性の前髪が薄くなる原因と対策をご紹介しました。薄毛の原因はいろいろあるので、1つずつ改善していくことが大切です。
 

こみち
こみちの一言コラム

男性の前髪が薄くなってきたらやるべき対策は、生活習慣を改善すること。

そして育毛剤で頭皮マッサージすることで、初期のうちに薄毛を改善することができるでしょう。

スポンサーリンク