【乾燥肌対策】洗顔・保湿・生活習慣で改善しよう!

乾燥肌対策なら、保湿成分を見直そう!

洗顔後に顔がつっぱったり、肌がカサカサで化粧のノリが悪くて困っていませんか?
肌トラブルの中でも、多くの女性が悩んでいるのが「乾燥肌」です。
 

こみち
毎日スキンケアで保湿しているのに、乾燥肌が治らないのよね……。

もし、保湿しているのに乾燥肌が治らないなら、それは「保湿成分」や「化粧品の種類」が合っていないのかもしれません。
乾燥肌は、放っておくと改善がむずかしくなりますので、しっかりと早めのケアをすることが大切ですよ。

今回は、乾燥肌の原因と対策についてご紹介していきます。

乾燥肌がひどくなる季節は、圧倒的に「冬」が多い

乾燥肌がひどくなる季節は、1年のうちに何度かあります。というより、1年中、乾燥肌になる原因がひそんでいるのです。

  • 花粉症の季節になると、肌の乾燥が気になる
  • 夏の紫外線とエアコンで乾燥肌が悪化する
  • 季節の変わり目の秋になると、乾燥肌が気になり始める
  • 冬は空気も乾燥して、乾燥肌が悪化する

 
この中でも、多くの女性が乾燥肌に悩む季節は、圧倒的に「冬」が多いようです。
冬は、外の空気も乾燥しているし、室内に入っても暖房で空気が乾燥していますよね。空気が乾燥していると、当然お肌も乾燥しやすくなります。

そんな乾燥肌対策をするなら、「保湿成分」に注目して保湿ケアすることが重要なポイントです。

生活習慣やスキンケアにも乾燥肌になる原因がある

乾燥肌になる原因は、季節的な空気の乾燥だけではありません。日頃の生活習慣や、スキンケアの仕方にも原因がかくれています。

スキンケアで肌をこすり過ぎている

乾燥肌を治すために、毎日がんばってスキンケアしていると思いますが、実は、そのスキンケアが間違っているのかもしれません。
肌をこすり過ぎている場合には、肌が刺激を受けて、乾燥しやすくなります。

たとえば……

  • クレンジングや洗顔をするとき
  • 化粧水などをつけるとき
  • 顔のリンパマッサージなどをするとき
  • 洗顔後、顔をタオルで拭くとき

 
などが挙げられます。
顔の皮膚は、ほかの場所よりもデリケートなので、なるべくやさしく扱うようにしましょう。

洗顔料の刺激が強い・お湯の温度が熱い

肌をこするのは良くないと知っている人が多いので、それは気をつけている人も多いかもしれません。
でも、洗顔料の刺激が強すぎる場合があります。

敏感肌の人でなくても、刺激の強い洗顔やクレンジングを使っていると、乾燥肌になることがあります。
また、洗い流すときのお湯の温度が熱いと、肌を守る「皮脂」を落としすぎてしまうことがあるのです。

あなたの肌を乾燥から守るためには、洗顔から見なおす必要があるかもしれません。

食生活の乱れや過度なダイエット

痩せてキレイになるために、ダイエットをしている女性は多いと思います。でも、間違ったダイエット方法は、思うように痩せなかったり、肌トラブルを引き起こす場合があるのです。

わたしは25歳くらいの頃、食事量を極端に減らすダイエットをして、激やせしたことがあります。
ある意味では、ダイエットに成功したのですが(本当は失敗だと今は思っています)、お肌がボロボロになってしまったのです。

それから何をやっても改善できなくて、本当にイヤになったことがありました。
そうなってしまった原因は、「栄養不足」ですね。食生活はお肌に直接関係していますので、栄養バランスの良い食事を心がけることが大切です。

ストレスや睡眠不足など、生活習慣の乱れ

乾燥肌になる原因は、ストレスや睡眠不足なども関係しています。生活習慣の乱れは、ホルモンバランスを崩し、美肌の大敵になるのです。
仕事が忙しくて、ストレスがたまりがちになり、しかも残業続きで睡眠不足の人も多いかもしれません。

女性の場合は、ストレスがダイレクトに肌トラブルにつながってしまうことが多いので、生活習慣の見なおしをしてみることをオススメします。

洗顔から保湿まで。スキンケアで乾燥肌対策

乾燥肌の原因があきらかになったので、乾燥肌を改善するスキンケア方法をご紹介します。保湿しても乾燥肌が治らない人は、自分のスキンケアで改善点はないか、チェックしてみてくださいね。

乾燥肌対策は、洗顔から始まっている

乾燥肌対策は、保湿だけしていればOKではありません。乾燥肌の原因でもお話したように、洗顔料の種類や洗顔方法を変えるだけでも、乾燥肌対策になります。
肌が乾燥しているということは、肌が敏感な状態になっているということ。そのため、お肌にやさしい洗顔料を選ぶことが大切です。

また、ゴシゴシこすり洗いをするのをやめて、30℃くらいのぬるま湯で洗い流すのが理想的です。
洗顔料を肌につけている時間が長すぎるのも、乾燥肌の原因になります。洗顔は、2分以内に終わらせるようにしましょう。

化粧水だけでは保湿が足りない

「洗顔後、5分以内に化粧水で保湿するのが鉄則」と良く言われていますが、それは化粧水だけつければOKという意味ではありません。
「乳液はべたつくからイヤ」という人もいると思いますが、化粧水だけでは保湿が不十分なのです。

いくら保湿効果の高い化粧水を使っても、乳液やクリームをつけなければ、充分な保湿はできません。
化粧水は「水分」、乳液は「水分と油分」、クリームは「油分」です。そのため、乾燥肌がひどい人は、乳液でも保湿が足りないと考えられます。

乾燥がひどいときは、保湿効果の高い成分が配合された「保湿クリーム」を塗るようにしましょう。
保湿効果が高い成分は、「セラミド」です。セラミドは化粧水にも配合されていることがありますが、性質的にクリームのほうが効果を発揮してくれます。

生活習慣を見直して乾燥肌対策

スキンケアだけでなく、生活習慣を改善することで、乾燥肌を治す方法もあります。日頃から意識して気をつけることで、スキンケアを変えなくても改善される場合があります。

充分な「睡眠」と適度な「運動」でターンオーバーを正常化

乾燥肌になるのは、肌のターンオーバーが乱れていることも関係しています。肌のターンオーバーが乱れると、古い角質が肌表面に残り、保湿をしても充分に浸透されないのです。

ターンオーバーが乱れる原因となるのは、おもに「睡眠不足」や「血行不良」です。肌は眠っている間に生まれ変わるので、睡眠不足は美肌の大敵です。また、運動不足になると血行が悪くなり、肌の新陳代謝が悪くなります。

夜は40℃くらいのぬるめのお風呂に浸かり、1~2時間後くらいに布団に入ると安眠しやすくなります。そして、日頃から適度に体を動かすことを習慣にしましょう。駅の階段を昇ったり、帰り道で遠回りして歩くくらいでもOKです。

食事は美肌をつくる元になる

毎日の食事は、乾燥肌を治すだけでなく、美肌をつくる元になります。とくに乾燥肌に効果的なのは、「ビタミンA」「タンパク質」「良質な脂質」です。
血行を促進して、ターンオーバーを活発にする効果があるのは、「ビタミンE」「ビタミンB群」で、加齢とともに減少するコラーゲンの生成を助けるのは「ビタミンC」です。

これらをバランス良く食事に取り入れることで、乾燥肌をはじめ、美肌やアンチエイジングに効果的です。

ストレスを溜めずに、心もお肌もイイ女になるリラックスタイム

ストレスが乾燥肌の原因になることはお話しましたが、心への影響が肌荒れを招くことも多いです。
ストレスがたまると、ホルモンバランスが崩れて、精神が不安定になることが多いのです。

生理のときに精神が不安定になるのも、ホルモンバランスの影響です。そのため、日頃からストレスを溜めないようにして、リラックスタイムを満喫することが、乾燥肌を治す対策になります。

ゆったりバスタイムや、アロマでリラックスタイム、好きなことでストレスを解消する時間など、自分の心が求めることを素直にやってみましょう。
それが乾燥肌対策、そして心もお肌もイイ女になる重要なポイントになります。

乾燥肌を治して、心もうるおいで満たそう!

乾燥肌の原因と対策をご紹介しました。
乾燥肌は、ただ肌が乾燥するだけでなく、敏感肌をも引き起こします。

そのため早めの改善がポイントになりますので、日頃から少しずつ生活習慣などを見直していきましょう。
 

こみち
こみちの一言コラム

乾燥肌対策は、保湿効果の高い成分のクリームがポイント。
お肌をうるおして、心もうるおいで満たしちゃおう!

スポンサーリンク