AB型女性が好きな男性のタイプは?ストレートな愛情表現に弱い

AB型女性が好きな男性のタイプは、ストレートな愛情表現をする人。

AB型は、もっと複雑だと思っていましたか?

実は以外と単純なんです。

本当は単純なのに、理解されないことが多いんですよね。そんなAB型女性が好きな男性のタイプをご紹介します。

AB型女性が好きな男性のタイプとは?

AB型女性が好きな男性のタイプは、自分を理解してくれる人です。

人に理解されにくいことを、悩んでいるんですね。

AB型女性のことを理解してくれる男性

AB型女性が好きな男性のタイプは、理解してくれる男性です。

AB型は「二重人格」とか、「何を考えているかわからない」と言われることに疲れています。

その言葉を聞いた途端に「またか」とガッカリするんです。

だから「お前って、こうだよね」と言い当てられることが嬉しかったりします。

一人になりたい時に放っておいてくれる男性

AB型女性が好きな男性のタイプは、一人になりたい時に放っておいてくれる男性です。

AB型女性は、好きな男性と一緒に過ごすことは苦ではありません。

でもたまに一人になりたい時があるんです。

そんな時に静かに見守ってくれる男性に惹かれる傾向があります。

心のつながりを大切にしてくれる男性

AB型女性が好きな男性のタイプは、心のつながりを大切にしてくれる男性です。

「AB型女性はクールでベタベタした付き合いは嫌いだろうな」と勝手にイメージで決めつけて欲しくありません。

AB型女性は、人前でベタベタするのが嫌いなだけで、別に恋人といるのが嫌いなわけではありません。

先入観で決めつけられることがいちばん嫌なのです。

AB型女性を落とすテクニックとは?

AB型女性を落とすテクニックは、案外簡単です。

周りが感じているイメージが先行していますが、意外と単純でわかりやすいのがAB型女性なのです。

恋の駆け引きNG!ストレートに愛情を表現して

AB型女性を落としたいなら、恋の駆け引きは不要です。

ストレートに愛情を表現してくれる男性に惹かれます。

回りくどい言い方も好まれないでしょう。

ストレートに「好きです」とか「付き合ってほしい」とシンプルに言われると、心にグッときます。

とにかく押して押して押しまくればOKすることが多い

AB型女性を落としたいなら、とにかく押して押して押しまくればOKすることが多いです。

AB型女性がその気になるまでには少し時間がかかりますので、すぐに諦めないことです。

一途に思ってもらえると、段々気持ちが動きますので時間をかけましょう。

カッコつけないで自然体がポイント

AB型女性はクールなイメージがあるので、男性もクールな人が好きだと思ってしまうかもしれません。

でもじつは真逆です。

AB型女性は、カッコつけたキザな男性があまり好きではありません。

だからカッコつけないで、自然体で接する方が好かれやすいでしょう。

AB型女性を本当に理解できる人とは?

AB型女性を本当に理解できるのは、どんな男性でしょうか。

理想が高いと言われるAB型女性ですが、求めているのは意外と普通です。

優しいけど意見をハッキリ言える男性

AB型女性を本当に理解できるのは、優しいけど意見をハッキリ言える男性です。

優しいというのは、うわべの優しさではなく、それを態度で示さなくても心の底では愛情を持っているような人のことです。

そしてAB型女性が間違ったことをしたら、穏やかに且つハッキリと指摘してくれる男性に頼りがいを感じます。

「この人にならついて行ってもいい」と感じるのです。

AB型女性のシリアスを笑い飛ばすパワフルな男性

AB型女性は、意外と傷つきやすく繊細な心の持ち主です。

だから真剣に悩んでしまうことも多いのです。

AB型女性がシリアスに悩んでいる時に、「お前そんなことで悩んでんの?バカじゃない」という感じで笑い飛ばすくらいのパワフルな男性が好きなのです。

多少キツイ口調でも、愛情を感じる言い方であれば、AB型女性はしっかりと愛情を感じられる感性を持っています。

AB型女性に本音を語らせる柔らかい印象の男性

AB型女性を本当に理解できるのは、本音を聞き出すことができる男性です。

AB型女性に本音を語らせるのは、少々むずかしいでしょう。

でも柔らかい印象で包み込んでくれるような男性なら、心を許して本音を打ち明けることができるでしょう。

AB型女性はクールだけど情熱的

AB型女性はクールに見られがちですが、実はとても情熱的なんです。

何だか矛盾してますよね。

その矛盾こそが、AB型女性の特徴なんです。

自分が興味を持ったものは、とことん追求しますから、好きな仕事をしていたら「仕事人間」になることもあるでしょう。

でもとくに好きな仕事でなければ、徹底的にプライベートと切り離します。

その割り切り方は、半端ないでしょう。

スポンサーリンク