顔の肉を落とす方法!今すぐ小顔になるエクササイズ&マッサージ

顔の肉を落とす方法は、意外とカンタンなんですよ。
しかも即効性があるので、ぜひ今すぐマッサージを試してみてくださいね。

また毎日つづけることで、エクササイズの効果もあらわれてきます。
どんな方法なのか、見ていきましょう。

まずは顔に肉がつく原因からご紹介します。

顔の肉は3つの悩みが原因

顔に肉がついてしまうのは、3つの悩みが原因です。

その3つの原因がこちら。

①脂肪

顔に肉がつく原因の1つめは、「脂肪」です。

年齢とともに基礎代謝が低下して、全身に脂肪がつきはじめます。

つまり、太りやすくなるということ。

その脂肪は、顔にもついてしまうんですね。

②たるみ

顔に肉がつく原因の2つめは、「たるみ」です。

脂肪がつきやすいということは、顔の筋肉もおとろえているということ。

つまり筋力がおとろえることによって、顔の肉がたるんでしまうんですね。

また加齢が原因で、肌にハリがなくなるのも「たるみ」の原因になります。

③むくみ

顔に肉がつく原因の3つめは、「むくみ」です。
新陳代謝の機能が低下して、体内に水分をためこんでしまう状態。

これは血行の悪さも原因ですが、塩分の摂りすぎの可能性もあります。
加齢によっても血行が悪くなりがちですが、太ると代謝が悪くなりむくみやすくなります。

では、それぞれのタイプ別に、顔の肉を落とす方法を見ていきましょう。

【むくみタイプ】今すぐ小顔になるリンパマッサージ

むくみが原因で顔に肉がついているタイプの人は、リンパマッサージをすることでフェイスラインをほっそり見せることができます。

ワタシもむくみが出ていたときにエステでマッサージしてもらったのですが、数十分後には鏡でハッキリわかるくらいむくみが取れていました。それくらい即効性があるんです。

でも注意しなければいけないのは、早く確実に効果を出したいからといって、強くマッサージしないように注意しましょう。

リンパはとてもデリケートなので、内出血を起こしてしまうこともあります。

オイルなどで滑りを良くしてから、優しくリンパマッサージを行いましょう。

・即効小顔リンパマッサージ

まずはウォーミングアップで、首を前後左右に倒し、グルっと首を回します。

そして首筋から頭頂部まで、頭皮を軽くマッサージしてほぐします。

 鎖骨のリンパ節の部分を軽く5回指圧して、リンパの流れを良くしておきます。

 顎から耳の下に向かって、顔の肉を持ち上げるようにマッサージします。

 耳からこめかみまで、指をこするように滑らせます。

 こめかみから額の中央に向かって、指をこするように滑らせます。

 耳の下から鎖骨まで、手をすべらせていきます。

 最後にそれぞれの場所から、リンパをあつめていきます。

ここまでの手順と合わせて、動画をご覧ください。

とても丁寧に解説されているので、わかりやすいです。

しかもリンパマッサージした側のフェイスラインが、スッキリしているのがわかりますね。

即効で効果が現れていることがわかるでしょう。

【脂肪・たるみタイプ】顔の肉を落とす小顔エクササイズ

脂肪とたるみで顔に肉がついているタイプの人は、顔のエクササイズをすることで小顔になることができます。

顔の筋肉をきたえるエクササイズになりますので、脂肪を減らすとともに、リフトアップ効果も期待できるでしょう。

・顔でグー・チョキ・パーを表現してみる

まずはウォーミングアップで、手をこすりあわせて温めたら、顔や頭に触れるか触れない程度で顔をほぐします。顔をあたためて、柔らかくする感じですね。

グーは口をふくらませて、5秒間キープします。

そこから8秒間かけて、息をゆっくりと細く長く吐きます。

チョキは、顔のパーツを真ん中にあつめるイメージで、5秒間キープします。

そこから8秒間かけて、息をゆっくりと細く長く吐きます。

パーは、チョキで真ん中にあつめたパーツを外側に広げるイメージで、5秒間キープします。

そこから8秒間かけて、息をゆっくりと細く長く吐きます。

この動画を見ているだけでも、表情が明るくなってきますよね。

とっても表情豊かで非常におもしろいですし、気持ちまで明るくなって、悩みが吹き飛んでしまいます。

美容には、心のケアも大切なんですよ。

顔の肉を落とす方法は意外と即効性アリ!

顔の肉を落とす方法をご紹介しました。

小顔になるエクササイズは、毎日つづけることで効果があらわれてきます。

また小顔になるリンパマッサージは、即効性があるのがわかりましたよね。

とくに朝は顔がむくんでいますから、リンパマッサージをしてからメイクをすると良いですよ。

血行も良くなりますので、メイクのノリも良くなります。

さっそく動画を見て、実践してみてくださいね。

そして、心も体もキレイになりましょう。

スポンサーリンク