頭痛薬が効かない理由は飲んでいる薬が間違っているのかも

頭痛で薬を飲んでも効かないと思ったことはありませんか。

ワタシはひどい頭痛に悩まされることが多いのですが、ほとんどの場合、頭痛薬は効きます。

でもごくたまに効かない時があるので、調べてみました。

市販薬は頭痛に効かないと思う理由

市販薬が頭痛に効かないのは、飲んでいる薬が自分に合っていないのかもしれません。

また症状によって効かない頭痛薬もあるようです。

頭痛薬の種類を間違っているのかも

市販薬が効かない理由は、頭痛の種類と頭痛薬の成分が合っていないからかもしれません。

または自分に合った頭痛薬でない可能性もあります。

市販の頭痛薬は成分がそれぞれ異なっていて、人によって効き方に差があると考えられるのです。

頭痛薬を飲み過ぎることが頭痛の原因かも

市販薬が効かない理由は、頭痛薬を飲み過ぎていることが原因かもしれません。

薬物乱用頭痛と言って、市販薬にせよ処方薬にせよ、飲み過ぎによる頭痛の場合もあります。

目安となる頻度は、月に10日以上頭痛薬を飲んでいる人は、薬物乱用頭痛の可能性があります。

頭痛の種類によっては毎日頭が痛いので、薬に頼りたくなるのもわかります。

でもあまり頭痛の頻度が多いようなら、頭痛外来で一度調べてもらった方が良いかもしれません。

処方薬の方が効果は期待できる

市販薬が効かない理由は、作用が弱すぎることが原因かもしれません。

市販薬は処方薬よりも効き目がゆるやかであることが多いのです。

でも最近はロキソプロフェン配合のロキソニンが販売されていますので、この薬でも効かない場合には、何らかの原因があるのかもしれません。

精神的なストレスやうつ病による頭痛かも

市販薬が効かない理由は、物理的な頭痛ではなく、精神的な頭痛のせいかもしれません。

偏頭痛などは脳の血管の拡張によることが多いですが、精神的な頭痛の場合には効果を示さないでしょう。

たとえばストレス過多による頭痛や、うつ病による引き起こされる頭痛などです。

精神症状の原因を取りのぞかない限り、頭痛が治ることはないかもしれません。

その間に頭痛薬を飲み過ぎて、薬物乱用頭痛になってしまうこともあるでしょう。

生理痛による頭痛

生理痛による頭痛は、偏頭痛などと違って血管の拡張によるものではないかもしれません。

確かに生理痛と偏頭痛を併発する人も多いのですが、もしいつもの頭痛薬が効かないのなら原因が違うからでしょう。

生理痛のための鎮痛剤は、ほとんどが消炎鎮静剤です。

でも偏頭痛に効く頭痛薬は、血管の拡張を抑制する成分が含まれています。

基本的に作用が違うと考えられます。

どんな種類の頭痛薬があるの?

市販の頭痛薬には、それぞれ成分が異なる物があります。

自分に合った頭痛薬を見つける必要があります。

イブプロフェン配合の頭痛薬

ワタシの頭痛には、イブプロフェンが効きます。

その理由はわかりませんが、昔からイブを飲めばほとんど効きます。

でも生理痛による頭痛の時だけは、なぜか効かない時があります。

それは飲むタイミングが遅すぎるのかもしれません。

あくまでもワタシの場合です。

処方薬ロキソプロフェンと同等の頭痛薬

以前処方薬だったロキソプロフェンは、現在は市販薬として販売されています。

ロキソニンという頭痛薬がそうですね。

処方薬と同等の成分ですから、市販薬の中ではいちばん強い作用があります。

もしこれを飲んでも効かない場合には、別の原因があるかもしれません。

アスピリン系の頭痛薬

アスピリン系の頭痛薬は、代表的な市販薬ではバファリンです。

とくに歯痛などに効果があると言われています。

世界的にも鎮痛剤といえばアスピリン系であることが多いです。

ただし副作用が比較的多く、胃への負担が心配ではあります。

アセチルサリチル酸という成分が含まれていますので、薬の箱に記載されているはずです。

喘息など、絶対に服用してはいけない疾患を持っている人がいますので、医師と相談してから服用するようにしましょう。

アセトアミノフェン配合の頭痛薬

アセトアミノフェンは一番弱い頭痛薬と言えます。

子ども用のバファリンにも配合されているそうです。

他の市販薬ではノーシンやセデスなどがあります。

ただし効き目が弱いため、飲み過ぎに注意が必要です。

肝機能障害を起こす危険性があります。

また他の成分が混ざっていることもあります。

エテンザミドが含まれている場合には、アスピリンと同じ成分ということになります。

アスピリンと同じエテンザミドの頭痛薬

アスピリンと同じサリチル酸が含まれているのがエテンザミドです。

市販薬ではナロンエースなどがあります。

小学生以上の子どもでも服用できますが、アセトアミノフェンと混ぜてある頭痛薬が多いので、服用に注意が必要な人もいるでしょう。

自分に合った頭痛薬を慎重にえらびましょう

頭痛薬が効かないのなら、他の成分が含まれる市販薬に変えてみると良いかもしれません。

ただし持病や服用中の薬によっては、服用に注意が必要な場合があります。

また市販薬が効かないほどの頭痛に悩まされているのなら、一度病院を受診することをおすすめします。

薬物乱用頭痛になってしまうと、日常生活に支障をきたすことも多いそうです。

スポンサーリンク