青色申告書の書き方と承認申請書の流れ【個人事業主の税務調査はあるの?】

青色申告書の作成は、何かと個人事業主(フリーランス)の皆さんを悩ませる種になりますよね。
そもそも青色申告をするには、どうすればいいの?
これから個人事業主(フリーランス)になるには、何をすればいいの?という所からご説明します。
また税務調査についても、少しだけご紹介します。

青色申告承認申請書の書き方と流れ

個人事業主(フリーランス)になると、まず初めにすることが開業届を提出することです。
もし確定申告を青色申告で行う場合には、開業届と一緒に「青色申告承認申請書」の提出も必要です。
その書き方と流れをご紹介します。

個人事業主(フリーランス)の開業届出書

個人事業主(フリーランス)として活動すると決めたら、まず初めに開業届出書を税務署に提出します。
正式には「個人事業の開業・廃業等届出書」という書類に記入して提出します。

自宅を個人事業の開業場所として使用する人も多いでしょうから、自宅のある場所を管轄する税務署に提出しましょう。

開業届が受理されても、とくに何もお知らせはありません。
もし控えが欲しい場合には、開業届を提出する際に、切手を貼った返信用封筒に住所氏名を記入し、控えが欲しい旨を記入して同封しておきましょう。

青色申告承認申請書の提出

個人事業主(フリーランス)になると、確定申告をする必要がります。
その方法は「白色申告」もしくは「青色申告」の2種類です。

もし青色申告で確定申告する場合は、開業届を提出してから2ヶ月以内に「青色申告承認申請書」を提出しなければいけません。もしくは最初に青色申告をしようとする年の3月15日が提出期限です。

忘れると困るので、開業届と一緒に提出することをおすすめします。

以前は白色申告のメリットは簡単に帳簿をつけられることでしたが、現在はそれほど簡単ではないようです。
とはいえ青色申告よりも簡単なことは間違いありません。

ただし白色申告をするメリットは、それ以外に何もありません。
つまり個人事業主(フリーランス)になったら、「青色申告」にすることを強くおすすめします。
その一番大きな理由は、節税のためです。

家族を従業員にする場合には「専従者控除」の申出書

青色申告で確定申告をする個人事業主(フリーランス)のうち、家族を従業員とする「専従者控除」を受ける場合には、税務署へ申請しなければいけません。
提出期限は、専従者控除を受けようとする年の3月15日までです。

つまり確定申告書の提出期限と同じですね。
もし来年から家族を従業員にしたいと考えている場合には、確定申告と同時に専従者控除の届出も行うと良いでしょう。

青色申告書の作成と必要なもの

青色申告書の作成って簡単にできるの?と思っている人も多いでしょう。
最近は会計ソフトに記帳すれば、ほぼ自動的に申告書が印刷されるタイプが増えているようです。
では提出時に必要なものを見ていきましょう。

個人事業主(フリーランス)の青色申告は確定申告書Bを使用

個人事業主(フリーランス)の青色申告には、確定申告書Bを使用します。
それにプラスして、添付書類台紙も必要です。
白色申告でも青色申告でも、確定申告書Bを使用しましょう。

手続きの流れについては、国税庁のホームページをご覧ください。
国税庁ホームページ

所得税青色申告決算書を提出する

個人事業主(フリーランス)が青色申告で確定申告をする場合、複式簿記で記帳する必要があります。
複式簿記では貸借対照表や損益計算書の作成も必要になり、「所得税青色申告決算書」も提出することになります。

税務署で申告書類をもらうと、封筒の中に一緒に入っているはずです。

申告書・印鑑・控除書類を持って行く

個人事業主(フリーランス)が確定申告に行く場合の持ち物は、①申告書②印鑑③控除に必要な書類は必要です。
また口座がわかるものやボールペンなども持って行くと良いでしょう。

わからないことがあった時のために、ノートなどを持って行くのも良いですね。
確定申告の時期は、税務署は大変な混雑を見せます。
そのため筆記用具は必要になるはずです。

個人事業主にも税務調査が入るの?

個人事業主(フリーランス)の人は、できるだけ税金を安くしたいと考える人が多いはずです。
そのために青色申告をするのですが、申告内容に不審な点があると、税務署の税務調査が入る場合があります。

個人事業主(フリーランス)でも税務調査が入る可能性はある

個人事業を始めたばかりなら、それほど売上がないかもしれません。

でも事業を始めたからには、税務調査が入らないとは言い切れないですね。
ただし少額の納税額しかない個人事業主(フリーランス)よりも、高額な納税者の脱税疑惑の方に時間をかけます。
そのため滅多に税務調査が入ることはないと考えられます。

税務調査が入るのは夏から秋頃

ワタシが以前勤めていた会社(小さな会社ですが株式会社でした)に、税務調査が入ったことがあります。
税務署員が3名がかりで、過去の帳簿まで調べ尽くしていきました。
ちなみに青色申告の場合は、帳簿の保管義務が7年間ですので、7年間はしっかりと保管しておきましょう。

調査は半日以上続きました。
そして結局、会長の知らない場所で、社長がちょっとした不正をしていたことがバレました。
ワタシは経理事務をしていましたが、「これが噂の税務調査かぁ」とドキドキしていたのを思い出します。

個人事業主の確定申告は大切な仕事

個人事業主(フリーランス)の青色申告についてご説明しました。
普通のやり方をしていれば、それほど難しいことも、怖いこともありません。

ただ、できるだけ税金を安くしたいと考えるのが個人事業主というものです。
そのために不審な点が見つかれば、税務調査の対象になる可能性はありますね。

確定申告は面倒くさいというイメージですが、個人事業主(フリーランス)として大切な仕事です。
もし自分では時間がかかり過ぎたり、よく分からないのであれば、税理士に依頼してしまった方が安全・安心でしょう。

スポンサーリンク