雑穀米の効果は便秘解消とダイエット!玄米とどっちが栄養あるの?

雑穀米は栄養があると言われていますよね。

では具体的にどんな栄養があるのか見ていきましょう。

また玄米と雑穀米では、どちらの方が栄養があるのか、健康に良いのかも併せてご紹介します。

そもそも雑穀米って何?

白米と麦の他は雑穀米と呼ぶ

雑穀米とは、さまざまな種類の米のことを言います。

雑穀米に含まれないものは、白米と麦です。

雑穀米に含まれている代表的なものは、玄米の他、ひえや粟、大麦などです。

玄米だけでも栄養はあるのですが、雑穀米の方が豊富な栄養を摂とれそうですよね。

実際にはどうなのか、後の項でご紹介します。

雑穀米は食感や味がいろいろある

雑穀米は、どのようなブレンドなのかによって、食感や味が変わってきます。

もちろん自分でブレンドすることもできますが、スーパーなどで雑穀米として売られているものを購入するのがお手軽です。

モチモチした食感の雑穀米から、プチプチとした食感までいろいろあります。

硬い種類や柔らかい種類などありますが、基本的には硬くて消化が悪いので、よく噛んで食べましょう。

雑穀米の種類によって栄養が違う

雑穀米の種類によって、ビタミンや鉄分、ポリフェノールなど、それぞれ違った栄養が含まれています。

五穀米や十穀米、十五穀米などブレンドされている数によって呼び方が変わります。

粟やきび、ハト麦や黒米など、種類が多い方がさまざまな栄養をバランス良く摂れますね。

ただ数が多ければ良いというわけでもなく、栄養価や価格の低い雑穀も含まれている可能性があります。

雑穀米を買うときには、どの種類が入っているのかを確認してから買うと良いでしょう。

雑穀米の効果と栄養

食物繊維が多いので便秘解消効果がある

雑穀米の効果と栄養は、食物繊維が多いので便秘解消効果があります。

玄米も食物繊維が多いので、便秘解消効果は高いと言えるでしょう。

でも雑穀米ならその他の栄養もたくさん摂れるので、効率的に健康になれるというわけです。

ビタミンやミネラルで健康効果バツグン

雑穀米にはビタミンやミネラルなどが豊富に含まれるため、さまざまな健康効果が期待できます。

雑穀米の中でも「きび」はビタミンB1が多く、脳神経のはたらきを助けると言われています。

「ひえ」にはビタミンB6が多く含まれていて、タンパク質やアルコールの代謝を助けるはたらきがあります。

「大麦」にはβグルカンが含まれていて、免疫力をアップする効果が期待できるでしょう。

美肌やダイエットなど美容に効果アリ

雑穀米にはビタミンB群やポリフェノールなどが豊富に含まれているので、アンチエイジング効果が期待できます。

美肌やダイエットに気を遣っている人には、うれしい効果がたくさんあります。

またダイエット効果があるということは、生活習慣病の予防にも効果があるということです。

雑穀米は血糖値の急激な上昇を抑えるはたらきがありますので、糖尿病や高血圧の予防・改善に効果が期待できます。

またコレステロールを抑える働きもありますので、肥満や動脈硬化の予防にも役立ちます。

雑穀米は満腹感も得られるので、美容と健康の両方に欠かせないお米と言えるでしょう。

玄米と雑穀米の健康効果の違い

雑穀米の方が栄養があるという誤解

雑穀米はいろいろな種類が混ざっているので、玄米よりも栄養がありそうですよね。

でも実はそうでもないのです。

市販されている雑穀米は、白米に混ぜて炊くタイプがほとんどですよね。

つまり白米が混ざっている分、栄養のある割合が少なくなってしまうのです。

それに比べて玄米は、玄米だけでも雑穀米に負けないくらいの栄養があります。

もちろん玄米も白米と混ぜて炊くと同じことですけどね。

玄米は完全栄養食なので健康効果は高い

玄米は完全栄養食と言われるほど、健康効果が高いことで知られています。

雑穀米にもそれぞれに栄養がたくさんありますが、玄米だけでもそれらの栄養が凝縮されていると考えられます。

「では結局どっちがいいの?」と思うでしょうが、ダイエットを考えるなら玄米をおすすめします。

そして健康のためにとか、白米と混ぜて食べたいというのなら雑穀米をおすすめします。

米を食べるなら雑穀米にしよう

炊き立てでホカホカの白米は美味しいので、日本人に生まれてきて良かったと思いますよね。

でもこれだけ健康に気を遣う人が多くなった現在では、玄米や雑穀米に変えることを強くおすすめします。

ただし白米よりもデメリットがあるとすれば、それは「消化が悪いこと」です。

消化が悪いということは、胃腸に負担がかかるということです。

でも良く噛んで食べれば問題はありませんよ。

よく噛んで食べた方が満腹感を得られますし、少ない量で済みます。

胃腸に疾患のある人以外は、ぜひ玄米や雑穀米を取り入れてみてくださいね。

スポンサーリンク