野菜ジュースダイエットの落とし穴!太るってホント?

野菜ジュースは健康に良いし、ダイエット効果もありそうですよね。

野菜ジュースでダイエット効果を期待している人も多いのではないでしょうか。

でも実は野菜ジュースを飲み続けると、太ると言われているのです。

その理由を見ていきましょう。

野菜ジュースを飲むと太る理由って何?

野菜ジュースはダイエットに効果的ということで、野菜ジュースダイエットをしている人もいるかもしれません。

でも実は太ると言われているのです。

それは本当なのでしょうか。

糖分と塩分が多く含まれている

一部の説によると、「野菜ジュースに含まれる塩分は食塩のことではありません」と書いてありました。

でもね、野菜ジュースの裏書に確かしっかりと書いてありましたよ。あれは確かトマトジュースだった。「原材料:トマト・食塩」とね。

結論としては、食塩が含まれていない野菜ジュースを選べばよいということですね。

また糖分に関しては、果物に含まれている糖分が多いため太る可能性があるということです。

ただし野菜ジュースによっては、砂糖が入っている場合もあるかもしれません。

添加物や保存料が多くむくみやすくなる

野菜ジュースを飲むと太る理由は、添加物や保存料がたくさん入っているからです。

野菜は腐りやすいのに、長期間の保存が可能ということから見ても、保存料が相当入っていることがわかります。

食塩などもそうですが、添加物が多く入っているということは、栄養がうまく吸収されない状態であると考えられます。

栄養不足の可能性があるということは、血行不良も起こり得ます。

血行不良ということは、むくみやすくなるということです。

毎日飲み続けるのは食事としては問題

痩せるか太るかという問題以前に、市販の野菜ジュースを毎日飲み続けるということはあまりおすすめできません。

栄養補給は食事として固形物を摂る必要があります。

野菜ジュースは補助的に飲む程度にするようにしましょう。

あとは先ほど言ったように、糖分や塩分が入っているものは太りやすいですよね。

タンパク質も不足してしまいますので、野菜ジュース以外も摂取する必要があります。

市販ではなく手作りの野菜ジュースならOK?

市販の野菜ジュースは、熱処理をすることによってビタミンCが失われると言われています。だったら、自宅で手作りした野菜ジュースにすればいいと思いますよね。

でも手作りの野菜ジュースにもいくつか気になることがあります。

手作り野菜ジュースでも水溶性ビタミンが失われる

そもそもサラダにして野菜を食べるとしても、細かく切ったり、水で洗ったりすることで、水溶性ビタミンは失われていきます。

手作りの野菜ジュースにする時点で、ある程度のビタミンは失われてしまうんですね。

でももちろん全ての栄養が失われるわけではありません。

手作り野菜ジュースの作り方では酵素も失われている

生野菜には、酵素が豊富に含まれています。

でもミキサーで野菜ジュースをつくると、酵素が失われてしまうそうです。

酵素を摂取したいなら、ミキサーではなくジューサーで野菜ジュースをつくると良いでしょう。

でもジューサーだと野菜の繊維質は取りのぞかれてしまいます。

つまり食物繊維は摂れないんです。

栄養を摂るということは、意外とむずかしいんですね。

野菜ジュースダイエットをするなら手づくりで

野菜ジュースでダイエットする方法は、朝食を野菜ジュースに置き換えるという方法です。

この場合の野菜ジュースは、手づくりにすることをおすすめします。

その理由は、市販の野菜ジュースでは糖分を摂りすぎるからです。

でも最近は、糖分不使用の野菜ジュースも売られています。

大切なのは、どの野菜ジュースを選ぶかによりますね。

市販の物よりは手作りの野菜ジュースを飲む方が、ダイエット効果は期待できるでしょう。

食物繊維もたくさん摂れるので、便秘解消には手作り野菜ジュースです。

ダイエットしたいなら野菜ジュースにこだわらない

本気でダイエットしたいなら、野菜ジュースにこだわる必要はありません。

ダイエットには、栄養バランスの良い食生活をすることが重要だからです。

確かに野菜ジュースの方が手軽にビタミンなどを摂取できるでしょう。

でも固形物を食べた方が、消化するときにカロリーを消費するというメリットもあります。

何が良くて何が悪いかは、一概には言えないのです。

それよりも食べ過ぎに注意するとか、運動をするとか、野菜ジュース以外のことに目を向けてみてはいかがでしょうか。

キレイに痩せるには、それなりの努力と手間も必要だということです。

そして、短期間で簡単にダイエットできる方法は、ほとんどないと頭に入れておきましょう。

スポンサーリンク