足のむくみの原因って病気の前兆かも?病院へ行く前に改善できること

足がむくんでいると、体調もそれほど良くないことが多いのではないでしょうか?

足のむくみの原因は、病気の前兆の可能性もあります。

早めに病院を受診することは大切ですが、まずは改善できることを実践することです。

では順番にご紹介していきます。

足のむくみの原因って何?

足のむくみの原因は、さまざまな要因が考えられます。

そもそも血行が悪いと足がむくみます。

そして1つ言えることは、体の健康は血行が握っているということです。

血行やリンパの流れが滞っている

血行不良やリンパの流れが滞っていると、足のむくみの原因となります。

血行を促進することは、あらゆる体の不調を取り除く効果があります。

「最近、足がむくんでいるな」と感じたら、すぐに改善するよう心がけましょう。

水分や塩分を排出する新陳代謝が悪い

足のむくみというのは、水分や塩分を上手に体外へ排出できないことが原因です。

つまり新陳代謝が悪いということですね。

水分や塩分が体内にたまっていると、毒素なども排出することができません。

そのため、さまざまな病気になりやすいのです。

運動不足やストレスが溜まっている

血行不良が足のむくみの原因になるということは、運動不足であることも考えられます。

足はむくみやすい性質を持っています。

その理由は、地球の重力によって血液が下に下がっていくからです。

しかし心臓のポンプが正常に機能していれば、足がむくむこともなく血行不良にもなりません。

体のどこかの部分が不調を起こしていることによって、足のむくみは起きるのです。

足のむくみで考えられる病気

足のむくみがある場合、さまざまな病気の可能性があります。

どれも重篤な症状になりやすい病気です。

それ以外にもありますが、いくつかご紹介しましょう。

足のむくみは心臓病の可能性がある

足のむくみがある場合、心臓病の可能性があります。

心臓は血流を促すポンプの役割をしています。

そのポンプの機能が低下すると、必然的に血行が悪くなるのです。

血行が悪くなるということは、足のむくみが起きるということなのです。

とくに心臓から遠い足の血流は、心臓へ戻るまでに大きな力が必要です。

その力が足りないと、血液が心臓まで届かず足がむくんでしまうのです。

足のむくみは腎臓病の可能性がある

腎臓は水分や塩分を排出する大切な器官です。

でもうまく排出できない場合には、足のむくみがあらわれることが多いです。

塩分の摂りすぎにより足のむくみが出る場合や、水分が排出されず溜まってしまうのです。

腎臓は老廃物や有害物質などを排出する上で重要な役割を果たします。

腎機能が低下すると、尿が出なくなるという症状も起こるため、早めの改善が必要です。

痛みやしびれを伴う病気は動脈硬化

痛みを伴うむくみは、あまり起こることはありません。

でももし痛みやしびれを伴う場合には、動脈硬化の可能性があります。

完全に血流が遮断されて、血液が滞ってしまうのです。

つまり心臓へ送り込む血流がなくなるということは、心臓も機能しなくなります。

もし痛みがあることに気づいたら、マッサージなどで改善せず病院を受診することをおすすめします。

足のむくみの間違った改善方法とは

足のむくみを解消したいからといって、間違った改善方法を実践している人もいます。

それでは逆効果になる場合もありますので、正しい改善方法を見つけましょう。

引き締め効果のある靴下をはくNG

足のむくみを解消しようと、引き締め効果のある靴下をはく人がいますが、これは逆効果です。

締め付けているときはむくみが一時的に解消されます。

でも脱いだ途端に戻ってしまいます。

また自力で足のむくみを改善する機能が低下してしまうので、あまり使用しないことをおすすめします。

引き締め効果のある靴下を履くなら、ふくらはぎの筋肉を強化することの方が大切です。

むくみをとるため力いっぱいマッサージをするNG

足のむくみをとるために、力いっぱいマッサージをするのはNGです。

足のむくみが発生している場所には、リンパがたくさん張りめぐらされています。

リンパは非常にデリケートなので、あまり強く押してしまうと、内出血を起こしてしまいます。

足のむくみがひどいときは、おそらく硬くなっていることでしょう。

早くむくみを解消させたいからと言って、強くマッサージしないように気をつけてくださいね。

これ以上むくまないために水分摂取を控えるNG

足のむくみが起きると、「水分が溜まってるんだ」と思って、水分の摂取を控える人が多いです。

でもこれは逆効果なんです。

足がむくんでいるときほど、代謝を良くするために水分摂取が非常に大切なのです。

ただし、むくみを解消する方法を実践した上で、水分を摂るようにしましょう。

足のむくみを改善する対策とは?

足のむくみを改善する対策は、毎日のちょっとしたことから始まります。

毎日継続することで、確実に足のむくみは改善されていくことでしょう。

足のむくみを根本から改善することが大事

足のむくみ対策は、根本から改善することが大事です。

たとえば食生活を改善するとか、運動を取り入れた生活習慣を心がけるなどです。

生活習慣を変えることが、何よりも良い足のむくみ対策となることでしょう。

マッサージだけでなく他の方法とセットで

足のむくみを改善する対策は、マッサージだけでなく他の方法もセットで行うことです。

他の方法とは、運動が一番ですね。

運動することで心身ともに健康に近づきます。

足のむくみはストレスも関係しています。

ストレスがたまると血行が悪くなるため、足のむくみを引き起こすのです。

そのストレス解消のためにも、運動は最適な方法でしょう。

体を冷やさない

体が冷えると血行が悪くなります。

血行が悪くなると、足がむくみます。

つまり体を冷やさないことが、足のむくみを予防することになるのです。

飲み物はなるべく温かい物にするとか、お風呂でしっかり温まることも大切です。

また普段から首にマフラーやスカーフを巻くなどして、首を冷やさないようにしましょう。

お腹や足先なども冷やさないようにすることが大切です。

足のむくみは予防できる

足のむくみは早めに対策を実行すれば、予防することができます。

ただし一時的に改善するだけでは不十分です。

毎日その生活を続けることが必要なのです。

マッサージと運動を併用するのが、ワタシとしては一番おすすめです。

そして水分補給はしっかりと行ってください。

とくにマッサージするときは、水分が足りていないと意味がありませんよ。

スポンサーリンク