血行促進なら運動しかない!冷え性や新陳代謝に入浴や食べ物だけではダメな理由

血行促進するなら運動をするしかありません。

それ以外の方法では、本当の意味で血行促進することはできないのです。

入浴や食べ物によって、血行促進や冷え性の改善にはなるでしょう。

でもそれだけではダメなんです。

その理由などをご紹介していきます。

血行促進に入浴や食べ物だけではダメな理由

血行促進に入浴や食べ物だけではダメな理由をご紹介します。

食べ物は確かに大切ですが、それだけではダメということです。

それはなぜだと思いますか?

入浴や食べ物は一時的に血行促進するだけ

血行促進すると、体のすべての機能が改善されます。

確かに入浴や食べ物でも改善は可能ですが、それだけでは不十分です。

一時的な改善にはなりますが、血行促進の効果が持続しないのです。

マッサージやストレッチも血行促進に効果的ですが、やはりそれだけでは筋力をアップすることができません。

筋力をアップすることで体温は上昇し、運動することで全身の血行促進ができるのです。

運動しないと体を温める筋肉がつかない

血行促進には運動が一番効果的です。

運動すると体を温める筋肉がつき、血行促進効果も持続するのです。

運動はマシンジムなどではなく、外を歩く方が効果的です。

食べ物や入浴は継続すれば多少のサポートにはなる

食べ物や入浴は血行促進の効果はあります。

毎日継続するのであれば、血行は改善されていくでしょう。

それでも運動の血行促進効果にはかないません。

血行促進と新陳代謝アップで冷え性も改善する方法

血行促進すれば、新陳代謝はアップします。

そして冷え性も改善されるのです。

では血行促進するにはどうすれば良いのでしょうか。

有酸素運動と無酸素運動のコラボで新陳代謝アップ

有酸素運動と無酸素運動の両方を取り入れることで、新陳代謝はアップします。

つまり血行促進効果が得られるということですね。

有酸素運動はウォーキングやジョギングで、無酸素運動は筋トレです。

でも坂道や階段を取り入れれば、ジムで筋トレをする必要はありません。

運動に勝る血行促進はナシ

血行促進して新陳代謝をアップするなら、運動に勝ることはありません。

つまりダイエット効果がいちばん高いのは、運動することです。

よく運動しなくても痩せられるという方法を目にしますが、運動しないと人間の体はいつか正常に機能しなくなります。

運動すると筋力アップで冷え性改善

運動すると筋力アップができますので、冷え性の改善になります。

冷え性は血行不良が原因です。

そして血行を促進するには、運動がいちばん効果的です。

いくらマッサージや入浴をしても、本当の意味で冷え性は改善されないのです。

疲労回復にも血行促進が効果的な理由

疲労回復をするなら、血行促進が効果的です。

血行促進をすることで、疲労回復ができる理由をご紹介します。

血行促進すると免疫力もアップする

血行促進すると免疫力もアップします。

免疫力がアップすると、疲労回復効果も高まるのです。

免疫力を高めると、体調不良を改善したり、太りすぎるのを予防してくれます。

血行促進すると安眠効果がある

疲労回復するなら、安眠しないとダメですよね。

そして血行促進すると、安眠効果が得られるのです。

安眠できれば、疲労はたまりにくくなります。

血行促進すると疲労物質が流れる

血行促進すると、疲労物質が流れますので、疲労回復効果が期待できます。

血行が悪いと疲労物質が体内にとどまってしまいます。

するとどんどん血行不良になり、更なる疲労を蓄積してしまうのです。

疲労物質は血液中にたまっていきますので、血行促進することは疲れをとるのに重要です。

また血行不良になると、肩コリや首コリ、腰痛などを引き起こすかもしれません。

体を健康に保つためにも、血行促進させることは大切なのです。

血行促進すると体のすべてが良くなる効果アリ

血行促進すると、体のすべての機能が正常にはたらきます。

冷え性をはじめ、血行不良や体温が低い人は、さまざまな病気を引き起こします。

つまり人間の健康を保つには、血行促進することが何よりも大切なのです。

そして血行促進するためには、運動が最も効果があるということなのです。

人間が運動をしない生活をしていると、数えきれないほどの病気予備軍になってしまいます。

だから運動をライフスタイルに組み込んで、これから一生続けられるくらいのメニューで行うと良いでしょう。

もちろんそれに加えて、入浴や食べ物、マッサージやストレッチをするのが理想的です。

疲労が溜まってしまうと、日常生活が制限されてしまいます。

やりたいこともできないですからね。

だからまずは血行促進することが、健康になる第一歩であり、一生継続すべきことなのです。

スポンサーリンク