薄毛にはビタミンCが効く!?コラーゲンを増やして抜け毛対策

薄毛にはビタミンCが効くと言われているのをご存知でしょうか?
女性の間では美肌効果があることで知られていますが、まさか薄毛にも効果が期待できるとは驚きです。

ではなぜビタミンCが薄毛に効くと言われているのでしょうか。
その理由を見ていきましょう。

そこにはコラーゲンの秘密がかくされているようです。
コラーゲンも薄毛とはなかなか結び付かないかもしれませんが、今回は「コラーゲン」「ビタミンC」と薄毛の関係について調べてみました。

コラーゲンが減ると薄毛になる?

じつは、コラーゲンが減ると薄毛になるという研究結果が出たのをご存知でしょうか?
コラーゲンがどのように薄毛と関係しているのか、くわしく見ていきましょう。

年齢とともに減り続けるコラーゲン

コラーゲンは年齢とともに減っていくと言われています。
それが薄毛とどのような関係があるのでしょうか。

薄毛になる原因として挙げられるのは、頭皮環境の悪化です。
頭皮は肌の一部ですから、お肌の老化に関係しているコラーゲンは、頭皮環境にも関係しているのがわかると思います。

コラーゲンが減ると毛穴が無くなる?

ある研究結果によると、年齢とともにコラーゲンが減ると、髪の毛が生えている毛穴が無くなると言われているのです。
髪の毛も毛穴にも細胞が存在していますが、その細胞を結びつける役割をしているのがコラーゲンなのです。

細胞を結びつけるコラーゲンが減ると、とうぜん細胞も退化していきます。
すると髪の毛をつくる細胞も、頭皮を構成する細胞も退化していくことになります。

そして遂には、毛穴が消滅してしまうと言われているのです。
想像しただけでも、ゾッとしますよね。

ビタミンCがないとコラーゲンは減っていく

薄毛対策に必要なコラーゲンの減少を防ぐには、ビタミンCが必要だと言われています。
コラーゲンが年齢とともに減っていくのを阻止するためには、コラーゲンをつくりやすい環境をととのえることが大切です。

コラーゲンの減少を食い止めるには、体内の活性酸素を除去する必要があります。
そこで活躍してくれるのがビタミンCなんです。

ビタミンCは抗酸化作用が高く、しかもコラーゲンの生成を助けるはたらきをしてくれます。
そのため薄毛対策には、ビタミンCが必要だと言われるようになったのです。

ビタミンCで薄毛対策はできるのか?

薄毛対策にはコラーゲンが必要だということはわかりました。そしてコラーゲンの生成にビタミンCが必要だということもわかりました。
では、ビタミンCに育毛効果はあるのでしょうか?

頭皮の血行を促進する

ビタミンCには、頭皮の血行を促進する効果が期待できます。
ビタミンCはさまざまな効能があり、免疫力を強化したり、ストレスを軽減したり、メラニンの生成を抑えたりしてくれます。

そして今回もっとも重要な効能として、活性酸素を除去するはたらきが挙げられます。
活性酸素は、紫外線やストレスなどさまざまな原因で体内に増えていきます。

適量ならば体を守ってくれるのですが、増えすぎると病気になったり、薄毛になったりと悪影響を及ぼすのです。
そんな活性酸素を除去してくれるのが、抗酸化作用のあるビタミンCなんです。

抗酸化作用のあるビタミンCは、血行を促進して、体内の毒素を体外へ排出してくれます。
そのためとどこおりやすい頭皮の血行も促進してくれる効果が期待できるのです。

鉄分の吸収を助けて、血液を増やす

頭皮の血行を良くするには、そもそも血液が必要です。
血液を増やすには、鉄分を摂取することが有効です。

しかし鉄分は体に吸収されにくい栄養なんです。
その鉄分を体に吸収しやすくしてくれるのが、ビタミンCなんですね。

ビタミンCを摂ることで、血液を増やし、血行を促進してくれるというわけです。

頭皮に必要な栄養を届けてくれる

ビタミンCは、頭皮の血行を良くすることで、頭皮に必要な栄養を届けてくれるはたらきがあります。
頭皮に必要な栄養は、頭皮に直接つけることもあれば、食べ物やサプリから摂る方法もあります。

いずれにしても、頭皮に栄養が届くのは体の中でもいちばん最後だと言われています。
なぜなら頭皮に栄養が届く理由は、髪の毛の成長のため。

しかし体が生命を維持するためには、髪の毛がいちばん不要なんです。
ですから頭皮に栄養が届きにくいと言われているのです。

しかも頭皮は血行が悪くなりやすいので、さらに栄養が届きにくい条件が整っています。
それを少しでも改善してくれるのが、ビタミンCだと言われています。

結局ビタミンCは育毛効果はあるの?

では結局のところビタミンCに育毛効果があるのかと言われれば、直接的な育毛効果はありません。
もちろん髪の毛を生やす発毛効果もありません。

しかし育毛に関わる頭皮環境を改善してくれるため、薄毛対策としては有効だと考えられます。
直接的ではなくても、薄毛対策に期待できるならぜひ使いたいですよね。

ビタミンCは薄毛対策にどうやって使えばいいの?

ではビタミンCを薄毛対策に使うなら、どのような方法が良いのでしょうか。

食べ物から摂取する

ビタミンCは、さまざまな食べ物に含まれています。
おもに野菜や果物に多いですよね。野菜なら「パプリカ」や「ゴーヤ」、果物なら「アセロラ」や「キウイ」などに多いと言われています。

しかしここで問題があります。
ビタミンCは、体内でとどまっていられる時間が短いのです。

ビタミンCを食べても、数時間後には体外へ強制的に排出されてしまいます。
そのため小まめに食べる必要があります。

しかも頭皮に栄養が届くのはいちばん最後ですから、頭皮に到達する前にビタミンCを体内で使いきってしまう可能性が高いです。
そうなると食べ物だけでビタミンCを補うのはむずかしいと言えるかもしれません。

サプリで摂取する

小まめにビタミンCを食べると言っても、現実的になかなかむずかしいですよね。
そこで便利なのがサプリです。

サプリを1日数回に分けて飲めば、ビタミンCの効果を持続させることができるでしょう。
また食べ物に含まれるビタミンCの量も限られているため、サプリで摂ったほうが効率的であると言えます。

しかしビタミンCの過剰摂取は副作用を起こす危険があります。
基本的には取りすぎても尿と一緒に排出されてしまうのですが、場合によっては下痢などの副作用が起きる可能性があります。

育毛剤で摂取する

ビタミンCで薄毛対策をするなら、いちばん効果的なのは育毛剤として使うことです。
育毛剤にビタミンCが含まれていることは多いので、直接頭皮につけるのが効果的だと考えられます。

とはいえビタミンCがしっかりと加工されていないと、なかなか頭皮に浸透させることはできません。
その証拠に、レモン汁を直接頭皮につけても、薄毛対策にはならないと考えられるのです。

それで効果があるなら、とっくにみんなやっていますよね。
ですからビタミンCがしっかりと頭皮に浸透するタイプの育毛剤を選ぶ必要があるのです。

使ってみないとわからない部分ではありますが、そこは厳選したほうが良いでしょう。

薄毛治療でもビタミンCが導入されている

もし自分の対策だけでは心配という人は、薄毛治療を受けると良いかもしれません。
しかし費用が高額になるため、なかなか手が出せない人も多いでしょう。

薄毛治療にビタミンCが使われていることがわかれば、ビタミンCの効果が立証されているようなものですよね。
そのためビタミンC配合の育毛剤を使い続ければ、頭皮環境が改善されていくと考えられます。

ビタミンCで薄毛対策するなら継続すること

ビタミンCは薄毛対策に効くのか?ということをご紹介しました。
即効性はありませんので、根気よく使い続けることが大切だと言えます。

ビタミンCが直接薄毛に期待できる効果があるのかと言えば、実際はそうではありません。
とはいえ、ビタミンCが薄毛治療にも使われているのも事実です。

つまり薄毛対策をビタミンCでおこなうのは、効果的だという結論に達しますよね。
できれば食べ物やサプリでもビタミンCを摂って、なおかつ頭皮に直接育毛剤をつけるのが良いと考えられます。

体の内側と外側からの両方の対策で、薄毛を改善していきましょう。

スポンサーリンク