花粉症に効く食べ物はヨーグルト飲み物ならお茶!悪い食べ物は?

花粉症の症状に悩まされている人は、「どうしたら緩和できるのか」と日々思っているでしょう。

花粉症に効く薬で一時しのぎはできますが、体の中から改善しないと治りません。

では花粉症に効く食べ物や飲み物をご紹介します。

花粉症に効く食べ物

便秘解消と免疫力アップの「キノコ類」

キノコ類は花粉症でダメージを受ける粘膜を強化してくれる働きがあります。

また便秘解消の効果が期待できるので、体内に入った老廃物を排出してくれます。

さらに免疫力をアップしてくれるので、花粉症に対抗する力が高まるということです。

アレルギーを緩和するイワシなどの「青魚」

青魚に含まれるDHAやEPAには、アレルギー症状を抑制する働きがあると言われています。

また血行を促進する働きもあるため、老廃物の排出を促します。

花粉症以外でも、動脈硬化や高血圧の予防・改善にも役立ちますね。

発酵食品である「納豆」や「黒酢」

ポリフェノールや乳酸菌のほかに、納豆にはマグネシウムも多く含まれています。

マグネシウムには整腸作用があり、便秘解消や免疫力アップの効果が期待できます。

老廃物を排出したり、免疫力を高めれば、花粉症の症状を緩和できるということですね。

黒酢はアミノ酸がアレルギー症状を緩和すると言われています。

乳酸菌である「ヨーグルト」は定番

花粉症に効く食べ物として定番なのが「ヨーグルト」ですよね。

でも症状が出る前に食べないと効果がないとも言われています。

また量をけっこう食べないと、効果が期待できません。

だいたいパックのヨーグルトで1日2パックが目安です。

ヨーグルトより効くのは「バナナ」

花粉症の症状であるくしゃみ・鼻水に効く食べ物は「バナナ」です。

ヨーグルトよりも効果があったという人も多いのだとか。

それならヨーグルトにバナナを入れて食べたら最強ですね。

花粉症に効く飲み物

抗酸化作用の高い「ペパーミントティー」

ハーブティーである「ペパーミントティー」は、いわゆるハッカ成分が含まれている爽やかな味と香りが特徴です。

それだけでも鼻づまりに効果があるそうですが、花粉症による炎症を抑える働きもあります。

花粉症によるストレスの緩和にも効果がありますので、ぜひ取り入れたいですね。

花粉症に効くお茶と言えば「甜茶」

甜茶にはポリフェノールが含まれていて、医学的にも花粉症の予防に効果があると言われています。

でも花粉症の症状が出る前に飲まないと、効果は期待できないようです。

とはいえ花粉症の元であるヒスタミンを抑制する働きもあるため、いくらかは効果が期待できそうです。

カテキンが花粉症に効く「緑茶」

緑茶は健康に良いのは誰でも知っていますが、カテキンには花粉症の原因であるヒスタミンに対抗してくれる作用があるのです。

そのため花粉症の症状が出やすい鼻や喉の炎症を抑えてくれる働きがあります。

花粉症が悪化する悪い食べ物

砂糖は悪いけどハチミツと黒糖は良い

食生活の中で、砂糖をまったく摂らないというのは結構きびしいですよね。

お菓子やジュースを絶っても、煮物などにも使用しますから。

でも上白糖などの砂糖には、アレルギー症状を悪化させる作用があることがわかっています。

花粉症だけでなく、さまざまな病気の原因となる砂糖。

まずはハチミツや黒糖で代用することから始めてみましょう。

肉類などの高カロリー高タンパクな食べ物

肉類やインスタント食品などの高カロリー高タンパクの食べ物は、花粉症を悪化させると言われています。

とはいえ肉類などに含まれるアミノ酸も花粉症に効果が期待できます。

適度に食べるのは必要と言えるでしょう。

意外?生トマトは花粉症に悪い食べ物

トマトには高い抗酸化作用がありますので、免疫力を高めたり、花粉症の症状の緩和が期待できます。

ただし生のトマトを食べると喉がかゆくなったり、ひどい時にはアナフィラキシーショックを起こす危険もあるそうです。

トマトの皮に花粉症を緩和する有効成分が含まれるため、加熱処理したスープやジュースなら良いでしょう。

花粉症に効く食べ物と飲み物は花粉症以外にも効く

けっきょく花粉症に効く食べ物と飲み物は、日々の健康管理をする上で必要な物ばかりです。

つまり花粉症の緩和だけが目的ではなく、これらの食べ物や飲み物を日頃から摂取することによって、さまざまな病気予防ができるということですね。

花粉症を治すには、まずは生活習慣や体質を改善することが必要です。

何が良い悪いではなく、日々の生活に気を配るようにしましょう。

スポンサーリンク