花粉症で目の症状がツラくても洗っちゃダメ!目薬とサプリで対策

花粉症で目の症状がツライ人も多いのではないでしょうか。

目を洗う洗眼薬が市販で手に入りますが、実はあまり洗ってはいけないそうです。

洗えないとなれば、どんな対策があるのでしょうか。

ツライ花粉症の目の症状について見ていきましょう。

花粉症の目の症状

花粉症の鼻の症状はないのに、目にだけくる人もいるでしょう。

つらい季節を乗り切るために、まずは主な症状から見ていきましょう。

目がかゆい

花粉症の目の症状は、かゆいのが一番多いのではないでしょうか。

皮膚についてもかゆくなる花粉ですから、それが目に入ったらかゆいのは当然ですよね。

目を開けていられないくらいヒドイ人もいるかもしれません。

目が腫れる

花粉症で目がかゆくなると、炎症を起こして目が腫れることがあります。

ひどい顔になってしまって、仕事に行きたくない!という人もいることでしょう。

目の奥が痛くて、ゴロゴロとした違和感がある人もいるかもしれません。

涙が止まらない

花粉症の目の症状は、とにかく涙が止まらない人もいることでしょう。

中にはドロっとした涙が出てくる人もいるかもしれません。

眼科で抗炎症作用のある目薬をもらうと、すぐに治ることが多いです。

市販の目薬でも効果が期待できるものもあります。

眼科で処方してくれる目薬と、ほぼ同じ成分の抗菌目薬もあります。

ドラッグストアなどで聞いてみると良いでしょう。

花粉症が目にくる人の間違った対処法

花粉症が目にくる人の間違った対処法には、どんなものがあるのでしょうか。

ついついやってしまいがちなNG対策をご紹介します。

目を水道水で洗うと眼球を傷つける

花粉症で目の症状がツライとき、つい水道水で洗ってしまいますよね。

でも実はこの対処法はNGなんです。

水道水で目を洗うと、眼球を傷つけてしまうことがあるそうです。

また眼球にある必要な成分まで落としてしまう可能性もあるようです。

目を洗眼薬で洗うと眼球の汚れは落ちてない

花粉症の目の症状がツライとき、ドラッグストアで売っている洗眼薬を使いたくなりますよね。

でも実は、眼球の汚れまでは意外と落ちていないそうなんです。

また眼球と同時に皮膚にも洗浄液がついていますので、眼球に良くない物が混ざってしまう可能性もありますね。

即効性のある目薬を使うと感染症になることも

花粉症の目の症状がツライとき、即効性のある目薬が欲しいと思いますよね。

でも即効性のある目薬には、ステロイドが使われているものがあります。

副作用が強く、感染症を引き起こしたり、眼圧を高めてしまうこともあるそうです。

眼科で処方されるそれ以外の目薬でも、充分効果が期待できます。

あまりステロイド系の薬は使わない方が良いでしょう。

花粉症のツライ症状を緩和する対策

花粉症のツライ症状を緩和する対策をご紹介します。

目の症状だけでなく、花粉症全般に効果のある対策です。

目薬を正しく使う

花粉症で目の症状がツライなら、目薬を正しく使うことです。

目薬は眼球の表面にとどまらせておくことで、効果を発揮します。

でも普通にさすと、すぐに目の奥へ流れてしまいます。

上を向いて目薬をさしたら、目頭の部分をやさしく押さえておきましょう。

10秒間くらい押さえればOKです。

眼科で目薬を処方されたときに、教えてもらいました。

目薬の味が嫌だ、という場合にも効果的です。

サプリで花粉症対策をする

花粉症の症状を緩和する対策は、サプリがおすすめです。

食事で栄養バランスを考えるのが一番ですが、足りない分を補う程度なら問題ありません。

とくに花粉症に効果があると言われている、和歌山県の果物のサプリをご紹介します。

「じゃばら」という名前は、「邪気を払う」という意味でつけられたそうです。

そのまま食べると酸っぱくて食べられないのですが、サプリなら手軽に摂れます。

「じゃばら」は特許も取得したほど、花粉症対策に期待できるサプリです。

運動して花粉症を根本的に追い出す

花粉症を根本から改善するには、運動をするのが効果的です。

運動をすることで血行が良くなり、免疫力もアップします。

花粉症になるのは、免疫力が低下しているからなんです。

日頃から適度な運動をして、花粉症を吹き飛ばしましょう。

花粉症の目の症状は絶対にこすらない

花粉症で目のかゆみに悩まされている人は、ついついこすってしまいますよね。

でも絶対にこすらないようにしてください。

眼球はとてもデリケートなので、ちょっとこすっただけでも傷ついてしまいます。

かゆい時は目薬で緩和するしかありませんね。

とはいえ目薬は、最終的に胃に流れますので、あまり頻繁に使うと胃が痛くなります。

お気を付けください。

スポンサーリンク