腸内フローラとは?腸内環境を改善する食事で痩せる方法

腸内フローラとは、いったい何のことなんでしょうか。

腸内環境を改善すると、痩せやすくなると言われています。

そのための食事や腸内フローラについてご紹介します。

腸内フローラとは?

腸内フローラって、何かメルヘンチックな名前ですよね。

いったい何のことなんでしょうか。

腸内細菌の総称を腸内フローラという

「腸内フローラ」って、何か夢の国のようなフワフワした印象の名前ですよね。

そうなんです。

フローラとは植物がたくさん集まっているという意味。つまりお花畑みたいだからなんです。フローラルな豊穣の草原って感じですね。

腸内には想像を超えるくらいの腸内細菌が存在しています。

善玉菌と悪玉菌は有名ですね。それ以外にもたくさん細菌がいます。

腸には悪い菌も良い菌も必要で、そのバランスが整っていることが重要なんです。

善玉菌と悪玉菌のバランスが大事

腸内フローラが良い状態は、善玉菌と悪玉菌のバランスが良い状態のことです。

腸のはたらきを良くする善玉菌が20%、有害物質を出す悪玉菌が10%、日和見菌と呼ばれるその他の菌が70%だとバランスが良い状態だそうです。

腸内フローラのバランスが良いと痩せやすくなる

腸内フローラのバランスが良いと、便秘が改善されて、腸内の腐敗した有害物質が排出されます。

すると病気になりにくくなるのはもちろん、痩せやすくなるんですね。

食生活やストレスなどによって、腸内フローラのバランスが崩れますので、日頃から気をつけましょう。

腸内環境を改善する食事で痩せる方法

腸内フローラのバランスを良くすれば、腸内環境が改善されます。

食事に気をつけて、痩せやすい体をつくる方法をご紹介します。

ヨーグルトでビフィズス菌を増やす

オリゴ糖を一緒に摂らないと、ほとんど意味がないと言われています。

オリゴ糖は善玉菌のエサになるので、ビフィズス菌とオリゴ糖が結びついて初めて活躍してくれるというわけです。

またヨーグルトは寝る前に食べると良いと言われています。

寝る前は副交感神経が優位な状態です。

この状態のときに、腸のはたらきが活発になると言われているのです。

納豆やキムチなどの発酵食品で痩せる

納豆やキムチなどの発酵食品は、腸内フローラのバランスを整えます。

腸内フローラのバランスが整うと、便秘が改善されて痩せやすい体質になると言われています。

何を食べるかも重要ですが、いちばん大切なのは、何でもいろいろなものをバランス良く食べることが重要なんですね。

いつも同じものばかりではなく、いろいろな食材を食べるようにしましょう。

水溶性食物繊維を多く摂る

腸内フローラのバランスを良くするには、不溶性食物繊維でも効果はあります。

でも長年便秘に悩まされている人の場合には、便秘が改善されにくいかもしれません。

水溶性食物繊維の方が便通を促しやすいでしょう。

水溶性食物繊維とは、海藻類やキノコ、オクラや春菊などに多く含まれています。

日々の食生活に取り入れて、腸内環境を改善していきましょう。

肉食を減らし野菜を多く摂る

肉食が多い人は、腸内フローラのバランスが崩れやすいと言われています。

肉食が多いと、悪玉菌が腸内に繁殖するからです。

悪玉菌は腸内で腐り、病気のもととなる有害物質を生み出すのです。

現代の欧米化した食生活では、多くの人の腸内環境が乱れていると言えますね。

それに加えてストレスも多いため、腸内フローラのバランスが崩れてしまうのです。

食生活の改善とストレスの緩和によって、腸内フローラのバランスを整えましょう。

腸内フローラのバランスを整えると心も整う

腸内フローラのバランスが整うと、体の機能が正常になります。

それによって病気を予防したり、免疫力をアップしたりするんですね。

でも実は体だけではありません。

腸内フローラのバランスを整えると、心のバランスも整うのです。

体と心はつながっています。

免疫力が高まるということは、ストレスにも強くなるということなんです。

体も心も健康になるために、腸内フローラのバランスを整える生活を心がけましょう。

腸内環境の改善は日々の生活にかかっている

腸内環境を改善すると、腸内フローラのバランスが整います。

それによって痩せやすくなるというお話をしました。

腸内環境を改善には、日々の生活にかかっています。

ちょっとした心がけによって、体は思った以上に元気になるものです。

現代人は食生活が乱れやすく、ストレスもたまりがちです。

私たちが置かれている環境は、普通に過ごすことがむずかしいと言えます。

だからこそ、ただ普通に生きることが体や心の健康につながるのですね。

スポンサーリンク