育毛剤・発毛剤・養毛剤それぞれの効果!医薬品と医薬部外品の違いとは

育毛剤と発毛剤、さらには養毛剤のちがいって何だかわかりますか?
それぞれに効果が微妙にちがうんですね。

そして医薬品と医薬部外品とでは、分類がまったく違うんです。
その違いとそれぞれの効果の違いもご紹介していきます。

医薬品と医薬部外品の違いとは?

医薬品と医薬部外品の違いとは何でしょうか。

医薬品は医師もしくは薬剤師から購入する

医薬品とは、医師が処方箋を書かないと購入できない薬のことです。または薬剤師が常駐しているドラッグストアや調剤薬局などでも購入できます。
しかし基本的には医師が処方しないと薬剤師の判断で出すことはできない決まりになっています。これが「医療用医薬品」と呼ばれるものです。

ドラッグストアでも購入できる薬を「一般用医薬品」と呼びます。これは医師の処方箋は必要ありません。

医薬部外品は有効成分が国で認められている

医薬部外品とは、厚生労働省が効能を認めた成分が配合されているものです。
病気などの予防を目的とした効能であり、治療のための作用は直接的にはありません。

でも予防をすることで、結果的に治療に効果あるということはあり得ます。

予防か治療というふうに目的が異なる

医薬品は基本的に、病気などを治療するための薬です。そのため医師か薬剤師しか販売できないんです。
医薬部外品については、治療ではなく予防を目的とした作用が期待できます。

医薬品は効果が強いため、副作用の可能性も大きいのが特徴です。
医薬部外品も副作用がゼロではありませんが、ほとんどないと言っても良いでしょう。

では育毛剤や発毛剤、養毛剤はどちらに当てはまるのでしょうか。

育毛剤・発毛剤・養毛剤それぞれの効果とは?

育毛剤・発毛剤・養毛剤。それぞれの効果のちがいを説明していきます。

育毛剤とは?

育毛剤とは、今ある髪の毛を元気に丈夫にする作用があります。育毛剤のほとんどは、医薬部外品であると考えられます。
育毛剤に含まれていることが多いおもな成分は、頭皮の血行を良くするセンブリエキスや、頭皮の殺菌をするグリチルリチン酸などがあります。
成分を見てから購入すると良いでしょう。

発毛剤とは?

発毛剤とは、今は髪の毛がない場所にも、髪の毛を生やすことができる作用のある薬品です。
つまり効果が強いということですね。
効果が強いということは、副作用の可能性もあるということなんです。

発毛剤は、おもにクリニックなどで処方してもらうことが多いでしょう。
一般的に販売されているのは、ほとんどが育毛剤です。
発毛剤よりは効果が激減しますが、それでも有効成分によって薄毛対策に効果が期待できるものも多いです。

養毛剤とは?

養毛剤とは、一般的には「化粧品」の分類になることが多いです。
化粧品とは、医薬品にも医薬部外品にも含まれないもののことです。

養毛剤の効果は、薄毛の原因になる頭皮の皮脂をおさえたり、フケを予防する作用があります。
育毛剤と区別がむずかしいですが、育毛剤は薄毛対策を目的としていることです。
それに比べて養毛剤は、髪を美しくしたり、頭皮の状態を良くしたりする効果があります。

育毛剤が適している人とは?

育毛剤が適しているのは、まだ薄毛がそこまで進行していない人です。
つまり、髪の毛の量がそれなりにあり、薄毛の進行を止めることでフサフサになれる可能性のある人と言えますね。

発毛剤が適している人とは?

薄毛の進行がわりと進んでいて、頭皮が見えてしまっている人にも効果が期待できます。
そもそも髪がないので、育毛剤を使ってもあまり意味がないのです。

発毛剤は何もないところに髪の毛を生やすことができるほど、強力であると考えられます。

育毛剤は正しく選ぼう

育毛剤や発毛剤のちがいについてご紹介しました。
育毛剤はたくさんあって、どれを選んだら良いかわからないですよね。

効果や配合成分のことがわかれば、自分に合った効果的なものを選ぶことができます。
正しく選んで、効率的に薄毛を予防・改善していきましょう。

スポンサーリンク