絶対NG!ニキビができたらしてはいけない事と正しいニキビケア

ニキビができると、早く治したいと思いますよね。
そうすると気になって気になって仕方なくなってしまう。すると、どうなりますか?

そうなんです。
ついつい、触ってしまうんですよね。それで悪化させてしまうことも多いのではないでしょうか?

ニキビができたら絶対にやってはいけない事があります。あなたがうっかりやってしまっていないか、チェックしてみましょう。
そして正しいニキビケア方法をご紹介していきます。

ニキビができたら絶対にやってはいけない事とは?

ニキビができると、ついやってしまいがちな事ってありますよね。でも絶対にやってはいけない事があるんです。

ニキビを自分でつぶす

清潔な手や消毒した針などでニキビをつぶそうとする人がいます。あなたはやっていませんか?
ニキビケアの方法で、一番やってはいけないのが「ニキビつぶし」です。これが悪化する原因なんですから。

どうしてもつぶしたいなら、皮膚科などで正当な方法でニキビを取り除いてもらいましょう。
そこまではチョット…と思うなら、とにかく自分からつぶしてはいけません。そっとしておいてあげましょう。

スキンケア化粧品を塗りまくる

ニキビができたらやってはいけないことは、スキンケア化粧品を塗りまくることです。
ニキビは皮脂の分泌が多くて、毛穴がつまったことが原因ですよね。

それなのにスキンケア化粧品を塗りまくったら、毛穴が余計にふさがれてしまいます。
すると今あるニキビは悪化し、また新たなニキビができる原因になります。

洗顔をしまくる

ニキビを改善するには、確かに肌を清潔に保つのは大切です。だからといって洗顔をしまくると、今度は皮脂が足りなくなってしまいます。
すると肌が乾燥して、それをおぎなうために過剰に皮脂を分泌してしまいます。

過剰な皮脂分泌によって、また毛穴がつまります。そしてニキビができるという悪循環になるんですね。
また今ニキビがある場合には、ニキビを傷つける可能性があるので、あまり洗顔をしまくるのはダメです。

日焼け止めをビッチリ塗る

ニキビに日焼け止めを塗るのは、何となくダメなのはわかりますよね。でも日焼けをするわけにはいきません。
そのため仕方なく日焼け止めを塗ってしまうんですよね。

でも塗る日焼け止め以外にも、紫外線カットする方法はあります。
長袖や手袋、サングラスや日傘など、そして飲む日焼け止めサプリもあります。ニキビがあるときは、何か他の方法で対策をしましょう。

油分の多いメイクをする

ニキビができたら絶対にやってはいけないことは、油分の多いメイクをすることです。
化粧品には油分が含まれているものが多く、ニキビが悪化してしまう可能性があります。

ニキビの原因は皮脂の多さですから、皮脂があるところにさらにオイルを与えてしまうことになります。
それではニキビが悪化してしまう可能性が高くなります。

ニキビができやすいスキンケアしてない?

ニキビができやすい人は、スキンケアの方法が間違っているのかもしれません。チェックしてみて、当てはまったら改善しましょう。

メイク落としシートを使っている

カンタンにメイクを落とすことができる、メイク落としシートを使っていませんか?
メイク落としシートは、しっかりと毛穴の奥まで落とせないことと、乾燥をまねきやすいというデメリットがあります。

そのためあまりオススメできないスキンケアなんです。
肌が乾燥すると皮脂の分泌が多くなり、ニキビができやすくなります。
また毛穴にメイクが残ると、ニキビができやすくなります。

洗顔はお湯で洗うだけ

ニキビができやすい人のスキンケア方法は、洗顔がしっかりできていないのかもしれません。
お湯で洗うだけとなると、やはり毛穴に皮脂や汚れがつまったままになる可能性が高いです。

また熱いお湯を使っているのなら、肌が乾燥しやすくなりますね。
とくにメイクをした日は、しっかりとクレンジングをして洗顔までやりましょう。そしてアフターケアで保湿をすることです。

顔をゴシゴシこすってディープクレンジング

ニキビができやすいスキンケアは、顔をゴシゴシこすってディープクレンジングをしていることです。
でもこれは、ディープクレンジングとは言いません。
一般的には、毛穴の奥までしっかりと洗い流すことをディープクレンジングと言います。

いつもより洗浄力の強い洗顔料で洗うとか、自宅用のピーリングをすることなどがディープクレンジングに当てはまります。
ニキビができやすい人は、皮脂の分泌が多い人に多いです。毛穴に皮脂がつまって、ニキビができやすくなってしまうんですね。

しかもゴシゴシこすっても、ディープクレンジングはできません。優しく泡立てた洗顔料で、やさしく顔を洗いましょう。

ニキビ予防のための生活習慣とは?

ニキビ予防に関係している生活習慣は、おもに2つしかありません。

栄養バランスの良い食生活をする

ニキビ予防をするための生活習慣は、栄養バランスの良い食生活をすることは欠かせません。
とくに皮脂の分泌を減らす作用のある「ビタミンB群」は摂取したいところ。

ビタミンB群は、乱れがちな現代人の食生活で足りない栄養分です。
それをおぎなうとともに、ニキビの改善にも効果があるんです。

睡眠をしっかりとって疲労回復させる

ニキビ予防のための生活習慣は、睡眠をしっかりとることです。
食事よりも大切だと言えるかもしれません。

睡眠中に体はさまざまな修復をおこなっていますので、それを妨げてはいけませんよね。
そのため睡眠はしっかりととることが大切なんです。

【オマケ】ストレスをためない

ストレスはさまざまな症状の原因になりますが、ニキビの原因にもなります。
ストレスをためないことはむずかしいですが、ストレスを小まめに発散できるようにしておきましょう。

ストレスが直接的にニキビの原因になるわけではありませんが、ホルモンバランスをくずしたり、睡眠不足にさせたりすることがあります。
そのためニキビの原因になってしまうということなんですね。

ニキビができたら触らないこと

ニキビができると、どうしても触ってしまうのが人間というものです。
触っちゃいけないと言われると、無性に触りたくなるんですよね。それがニキビ悪化のもとです。

早く治したいと思うあまり、過剰なスキンケアをするのも逆効果でしたね。
ニキビができたらなるべく自然な状態のままにして、触らないようにすること。

それがニキビ改善の近道ですよ。
きれいな素肌をとり戻しましょうね。

スポンサーリンク