確定申告に便利なクラウド会計ソフトを紹介!クラウドワーカーって何?


フリーランス(個人事業主)の人にとって、会計管理は頭を悩ませる雑務の1つでしょう。
誰かに頼みたいけれど、そんな余裕はないという人にオススメの会計ソフトをご紹介します。

副業をしている人も、フリーランスで働いている人も、今は働き方が多様化していますよね。
そんな人には、とくにオススメです。

そもそもクラウドワーカーって何?

フリーランスで働いている人の中には、クラウドワーカーも多く存在しています。
ワタシ自身もまさにクラウドワーカーです。

クラウドワーカーとは簡単に言うと、インターネット上だけで仕事を完結できる働き方をしている人たちのことです。
その種類はさまざまで、WEBデザイナーやライター、イラストレーターやシステム開発に至るまで、非常にたくさんあります。

このようなシステムをクラウドソーシングと言って、仲介をする企業(サイト)がクラウドワーカーと企業を結びつけています。
本名を明かさずに仕事を請け負えることもあり、気軽に始められる副業としても人気です。

会社を辞めて就職活動をしていたけれど、なかなか決まらずにクラウドワーカーとして働き始める人も多いでしょう。
最近は「ノマドワーカー」とも呼ばれますが、本来ノマドとは違う意味の言葉です。

クラウドワーカーは多種多様ですから、さまざまな分野でその実力を発揮していることでしょう。

逆に素人も参入しやすいので、仕事を依頼する側からすると、質の良いクラウドワーカーを見つけるのは大変な大仕事になるかもしれません。

クラウドソーシングのメリットとデメリット

クラウドソーシングは手軽に業務を依頼することができ、業務が完了するまでのスパンも短いので効率的です。
しかも企業側もコストを大幅カットできるので、メリットは大きいはずです。

クラウドワーカーも比較的平等にチャンスがあり、初心者でも参入できる間口の広さがあります。
しかも企業へ出向くことなく自宅で業務を完結できることも、クラウドワーカーとしては大きなメリットです。

ただしデメリットとしては、対面の付き合いがないため、仕事を依頼したのにとんずらされたということもあります。
逆にクラウドワーカー側のデメリットとしては、仕事をしたのに報酬を取りっぱぐれることもあります。

このようにメリットとデメリットが同じくらいあるのがクラウドソーシングです。

こればかりは自己責任と言わざるを得ないことも多く、泣き寝入りしている人もいるのではないでしょうか。
手軽にできることには、必ず何らかのリスクが付きまとうということですね。

確定申告のための会計処理もクラウドが主流

働き方もクラウドなら、会計処理もクラウドが今は主流です。
もちろん企業の会計は自社でデータを保管していることが多いでしょう。

でもフリーランスなどの個人事業主の場合には、クラウド会計が便利です。
経理担当を雇う余裕もない場合、自分一人ですべての業務をこなさなければいけません。

そうなると膨大な雑務がのしかかってきます。
それでは本業に打ち込むことができませんよね。

個人事業主の場合には、クラウド会計がとても便利なのです。

なぜ個人事業主にはクラウド会計が良いのか?

個人事業主(フリーランス)は従業員を雇うことなく、大抵は一人で仕事をしています。
ということは、経費の処理も個人のクレジットカードを使用していることが多いですよね。

その明細を1つ1つ処理するのは、面倒だし時間がかかります。
でもクラウド会計なら、カード情報を読み込ませるだけで、簡単にカード利用詳細が自動的に帳簿に入力されます。

もちろん多少の修正が必要な場合もありますが、今まで何日もかかっていた処理が、たった数時間で完了してしまうという優れものなのです。

ワタシ自身もクラウド会計ソフトを利用していますが、経理の知識がない人でも帳簿付けが簡単なのも嬉しいポイントです。
これからの時代は、いろいろなことがクラウドで完結してしまうのではないでしょうか。

クラウド会計でオススメは「MFクラウド」

クラウド会計でオススメなのは、「MFクラウド」です。
取引の数が少ないのであれば、無料で利用できるシステムになっています。

MFクラウド会計の料金プランはコチラ

売上の大小に関わらず、入力件数がそれなりにあるようなら、月額数千円かかります。
それでも手入力をするよりは、はるかに楽なのでぜひオススメします。
ワタシも一年前からMFクラウドを使用しています。

一応会社員時代は経理事務をしていたのですが、しっかりと経理処理を覚える前に倒産してしまいました。
だから知識はないも同然です。
そんなワタシでも、簡単に使いこなせるのが嬉しいです。

ただ税理士に依頼して確定申告をする場合には、税理士がMFクラウド会計ソフトに対応しているかどうかを確認する必要があります。
取り扱っていない会計ソフトの場合には、お断りされることもあります。

ワタシも税理士にお願いしたところ、「MFクラウドはまだ使っていないんですが、ちょうど取り入れたいと思っていました」と言われたのでセーフでした。
事前に確認しておきましょうね。

クラウドは無限の可能性を秘めている

クラウドワーカーにせよ、クラウド会計にせよ、クラウドは無限の可能性を秘めています。
アイデア次第では「どんなことでもできる」、それが「クラウド」なのです。

特技や知識を活かしたいなら、ぜひクラウドを利用してみると良いでしょう。
あなたの知識は、お金になるかもしれません。

スポンサーリンク