疲労回復に効果のある対処法!原因から生活習慣を見直して改善しよう

疲労回復効果のある対処法って、どんなことがあると思いますか?

まずは疲労が溜まる原因から見ていきましょう。

そして疲労を回復させるには、生活習慣を見直すことが一番です。

その具体的な方法をご紹介します。

疲労がたまる原因って?

精神的な疲労の原因はストレス

毎日仕事をしていると、仕事量の多さや人間関係によってストレスがたまりますよね。

ストレスは精神的な疲労を生み出す最大の原因です。

でも毎日仕事をしなければいけないわけですから、精神的な疲労を減らし、できるだけリラックスすることが必要です。

肉体的な疲労の原因は血行不良

肉体的な疲労の原因は、おもに血行不良が考えられます。

運動不足や冷えなどによって、血行が悪くなります。

血行が悪くなると、免疫力も低下してしまい、疲労がたまりやすくなります。

体を温めて血行を促進することが必要ですね。

慢性的な疲労の原因は栄養不足

疲労がなかなか抜けないという慢性的な疲労の原因は、おもに栄養不足が考えられます。

栄養バランスが偏った食生活をしていると、慢性的な疲労の原因となります。

ゆっくりと食事をする暇がないほど忙しい人も多いでしょうが、1日1回くらいは落ちついて食事をすることが必要です。

疲労が抜けないなら生活習慣を見直そう

疲労が抜けない原因は夜のスマホ

疲労が抜けないのは、夜のスマホが原因の可能性があります。

スマホやテレビ、パソコンなどからブルーライトと呼ばれる光線が発せられています。

その光線を目に浴び続けることで、安眠を妨げると言われています。

安眠効果を高めないと、当然のことながら疲労も回復できませんよね。

夜寝る前の数時間は、スマホやテレビを消して、うす暗い部屋でリラックスして過ごしましょう。

うす暗い部屋で過ごすことで、脳が睡眠モードに入ってくれます。

疲労が抜けない原因は睡眠不足

疲労が抜けない原因は、さまざまな理由による睡眠不足によるものでしょう。

残業などで忙しく、必然的に睡眠不足になる人も多いはずです。

また、仕事などのストレスでつい夜更かししてしまう人もいるのではないでしょうか。

ストレス解消のための活動は、せめて寝る1時間前までに終わらせて、寝る直前はリラックスしましょう。

肌触りの良いパジャマを着て、室温も心地よいと感じられる適温にしましょう。

そして温かい飲み物でも飲んで、ゆったりと過ごすのです。

疲労が抜けない原因は呼吸が浅い

疲労が抜けないのは、呼吸が浅いことが原因かもしれません。

ストレスが溜まると、呼吸が浅くなってしまうという特徴があります。

呼吸が浅くなると免疫力も低下しますし、脳に酸素が届きにくいことで頭がスッキリとしません。

「疲れが溜まってるな」と感じたら、外のできるだけキレイな空気の中で深呼吸をしましょう。

と言っても都会で空気が悪い場合には、朝起きた時だけでも深呼吸すると良いですよ。

朝はまだ空気があまり汚れていないので、一日の中でいちばん空気がキレイな時間帯です。

そうすると朝から目もスッキリと覚めるでしょう。

疲労回復効果のある生活習慣とは?

適度な運動で睡眠不足を解消

疲労回復効果のある生活習慣は、適度な運動をすることです。

とくに夕方くらいに運動しておくと、夜ねむくなりやすいと言われています。

睡眠不足では疲労を回復できないので、安眠効果を得るために適度な運動をすることは有効です。

お風呂とリラックスタイムでストレス解消

疲労回復効果のある生活習慣は、お風呂でゆっくりとリラックスすることです。

お風呂は体温を高め、免疫力もアップします。

また血行も促進されますので、疲れの元になる物質を流してくれます。

またお風呂に入ることで筋肉の緊張も解けますので、肩こりの解消などにも効果が期待できます。

シャワーで済ませず、ゆっくりと湯船に浸かりましょう。

ストレッチとマッサージで血行促進

慢性的な疲労を回復させる方法は、できる限り毎日ストレッチとマッサージをすることです。

それは朝起きた時でも良いですし、入浴後の寝る前でもかまいません。

筋肉のコリをほぐすような感覚で、ゆっくりと伸ばしましょう。

そしてとくに血行が滞りやすいふくらはぎのマッサージをすることをおすすめします。

ふくらはぎはリンパも滞りがちな場所ですから、ダイエット効果も期待できますよ。

疲労回復には日々の努力から

疲労回復に効果のある生活習慣を実践するには、それなりに気を遣わないといけませんよね。

でも生活習慣を変えることで、きっと体も心も喜ぶはずです。

何より自分が気持ちいいと感じるので、自然と毎日が元気に過ごせるようになります。

疲労がたまり過ぎてからでは解消がむずかしいので、なるべく疲れが溜まっていないうちから改善する方が良いでしょう。

スポンサーリンク