生理痛がひどい人へ対処法を伝授!原因と症状から考えよう

生理痛がひどいと、何もする気が起きませんよね。

どうにかして、この生理痛を治したいと思っている女性も多いはずです。

そこで生理痛はそもそもなぜ起きるのか、また生理痛の対処法もご紹介していきます。

そもそもなぜ起きるの?生理痛の原因

生理前は黄体ホルモンが急激に増減する

生理痛の原因は、排卵後に急激に増えた黄体ホルモンが、受精しないことで急激に減少するからです。

この黄体ホルモンという女性ホルモンの急激な増減によって、自律神経が乱れることで生理痛が起きると言われています。

生理初期はプロスタグランジンが痛みを引き起こす

生理になるとプロスタグランジンという物質が急激に増えます。

このプロスタグランジンは子宮を収縮させて、出血を促す性質があります。

それと同時に生理痛を引き起こす物質でもあるのです。

プロスタグランジンが、生理痛の原因そのものだったのです。

生理後半は血流が悪くなる

生理後半になると、出血の量が減ってきてうっ血を起こします。

それにより血流が悪くなって生理痛を引き起こすのです。

生理前から生理後半にかけて、それぞれ生理痛の種類や対処法が変わってくるということですね。

頭痛がひどいのも生理痛の症状なの?

いちばん耐えられないのは頭痛!なぜ頭痛は起きるの?

生理痛の時に頭痛が起きるのは、偏頭痛の人に多い症状と言われています。

偏頭痛のメカニズムである、脳の血管が拡張するという現象が生理中にも起きているのです。

生理中は黄体ホルモンと一緒にエストロゲンという女性ホルモンも減少します。

このエストロゲンの急激な減少によって、脳の血管が拡張すると言われています。

そのため生理中にはひどい頭痛が起きるんですね。

生理後の頭痛が一番ひどいのもホルモンバランスが原因

実は生理中よりも生理後の頭痛がひどいと感じている女性が多いのです。

「せっかく生理が終わったのに何で?」と思うでしょうが、やはり女性ホルモンが関係しています。

生理中に急激に減少した女性ホルモンが、生理終了と同時にまた増え始めます。

その女性ホルモンの分泌量が変化することによって、頭痛が起こりやすくなると考えられています。

とくに生理後3日間が、いちばん頭痛がツライようです。

体温を下げようとするため眠気が出る

生理前は体温が上がり、生理が始まると同時に体温は下がり始めます。

人間の体は、体温が下がる時に眠気が出るようにできていますので、生理中は眠くなりやすいのです。

お風呂上がりに眠くなるのも、メカニズムとしては同じですね。

頭痛だけでなく、生理痛は眠気もツライ症状の1つです。

仕事で居眠りをすれば、やる気がないと思われてしまいますもんね。

生理痛をやわらげる対策ってある?

とにかく体を温めること

生理痛は血液の流れが滞ることで引き起こされます。

生理中に体が冷えると、子宮を収縮させるプロスタグランジンの分泌が活発になります。

プロスタグランジンは生理痛の原因物質ですから、生理痛がひどくなるのです。

そのため体を温めて血行を良くすると、生理痛は緩和されると考えられます。

生理痛に効くハーブを取り入れる

生理痛対策として効果のあるハーブを取り入れるのも良いでしょう。

生理痛に効くハーブは、「カモミール」と「ラズベリーリーフ」がおすすめ。

カモミールはストレスの緩和に効果があると同時に、血行を促進してくれるはたらきがあります。

またラズベリーリーフは、生理痛や生理前のPMSにも効果があると言われています。

ストレッチで血行促進

生理痛の原因は、血行が悪くなること。

体を温める入浴はもちろん効果がありますが、ストレッチで血行促進することも大切です。

入浴後の血行が良くなっている時に行うと、相乗効果で安眠効果も期待できます。

また朝起きた時は血行が滞っていますので、一日のはじまりにストレッチをするのもおすすめです。

生理痛がひどいなら婦人科で治療する

生理痛がひどいなら、婦人科で治療することも考えてみてはいかがでしょうか。

生理痛はほとんどの女性が抱えている問題ですが、日常生活に支障をきたすほどなら何らかの婦人科系の病気である可能性があります。

また以前とは違った症状が出てきたり、以前よりも生理痛がひどくなった場合には、婦人科を受診するタイミングでしょう。

定期的に検診を受けるというのもおすすめです。

女性の体は、いたわってこそ健康でいられるのですから。

スポンサーリンク