生理痛がひどいのは病気の危険がある!腹痛がひどいなら病院を受診しよう

生理痛の症状がひどいのは、病気の危険も考えられます。

腹痛がひどい場合には、子宮の病気の疑いもあるからです。

ではどんな症状が目安になるのか、詳しく見ていきましょう。

病気の危険がある生理痛の症状とは?

腹痛がひどいと子宮の病気の危険がある

生理痛がひどい場合には、子宮の病気の危険があります。

とくに腹痛がひどい場合は、子宮内膜症や子宮筋腫の疑いがあります。

また排便痛や性交痛などがある場合もあるようです。

子宮筋腫は子宮にできる良性の腫瘍で、場所に問題がなければそのままでも問題ないかもしれません。

ただし定期的に検診をしておくことをおすすめします。

また子宮内膜症の場合には、鎮痛剤を飲んでも効かないほどの生理痛が起きることがあります。

立ちくらみなどの貧血を起こすこともありますので、思い当たる症状がある場合には、婦人科を受診すると良いでしょう。

月経困難症は自律神経の乱れが引き起こす

日常生活に支障をきたすほどの生理痛がある場合には、月経困難症の疑いがあります。

月経困難症は自律神経の乱れが関係していると言われています。

症状としては、吐き気や下痢、嘔吐や頭痛などさまざまです。

とくに40代以降の女性で月経困難症がある場合には、子宮の病気の可能性もあります。

以前よりも生理痛の症状が悪化したとか、以前は見られなかった症状が現れたなどの場合には、婦人科を受診することをおすすめします。

PMSはイライラがひどい

生理痛は生理の前から始まっています。

高温期になる頃から頭痛やイライラが始まります。

そして生理開始直前をピークに症状は緩和されていきます。

ワタシもPMSが原因で夫と良く喧嘩していました。

女性の体を理解できない男性からすると、訳もなくイライラしているように見えるのでしょう。

本当に女性はツライですよね。

あまりひどいようなら、イライラを緩和する漢方などもありますので、婦人科で相談してみると良いかもしれません。

ワタシの場合はストレスが関係していたので、ストレスが減ったらマシになりました。

生理痛がひどいなら病院で治療しましょう

生理痛がひどくて日常生活に支障をきたすほどならば、すぐに病院を受診することをおすすめします。

婦人科系の病気は進行するものもありますので、早めに病院へ行って早期発見することも大切です。

また日頃からのストレスも大きく影響を及ぼしますので、心身ともに健やかな毎日を送ることも必要です。

疲れが溜まって来たら早めに帰るとか、栄養バランスの良い食生活を心がけるなど、普段の心がけで予防できることもあります。

また女性の体は、男性よりも無理がききませんので、自分自身がいたわってあげないといけませんね。

「自分の体のことは自分がいちばん知っている」なんて言いますが、本当にその通りだと思いますよ。

生理痛がひどい場合の病気別の対処法

子宮筋腫と子宮内膜症による生理痛対策

子宮筋腫や子宮内膜症がある場合の生理痛の対処法は、とくに下半身を温め、体を冷やさないようにすることです。

運動をすると血行が良くなりますので、適度に取り入れると良いでしょう。

また動物性脂肪を摂りすぎると、女性ホルモンのバランスが崩れやすくなりますので、摂りすぎには注意が必要です。

喫煙者はなるべく禁煙するようにして、ストレスを溜めないような生活を心がけることも大切ですよ。

月経困難症による生理痛対策

月経困難症による生理痛の対処法は、とにかくお腹を温めることです。

月経困難症の場合には、経血が出にくくなっている場合も多いです。

そのため血行を促進するために、お腹を温めることが何よりも重要と言えます。

あまりにも生理痛がひどい場合には、低用量ピルを服用することも検討すると良いかもしれません。

ピルによって生理症状をコントロールすることができますから、生理痛の軽減には大きく貢献してくれることでしょう。

妊娠を望まない女性ならば、検討の余地はあるかもしれません。

PMSによる生理痛対策

PMSによる生理痛の対処法は、とにかくイライラを緩和することを考えましょう。

生理痛の時にはできるだけリラックスして、ストレスのたまることはなるべく避けることをおすすめします。

とはいっても、やらなければいけないことはありますよね。

その場合には、「この時間までに終わらせる」などと目標を決めて、短時間で終わらせるように努力すると良いでしょう。

そして早く終わらせて、後の時間はできるだけ余裕を持って生活するのです。

また仕事後や寝る前の少しの時間でもいいから、自分だけのリラックスタイムを持つことも重要ですよ。

生理痛の緩和には1年に1度の婦人科検診

女性の体は年齢とともに変化していきます。

とくに生理などの婦人科系の病気は、1年に1度の検診をすることで、かなり予防できると言われています。

また早期発見することで、完治することも可能になりますので、年に1度は受診すると安心です。

また日頃からの予防対策もしっかり取って、心身ともに健康を目指しましょう。

スポンサーリンク