汗っかきの原因と対策!今すぐサラサラ生活はじめよう

ちょっと動いただけで、汗をダラダラかいてしまうという悩みはありませんか?

「汗をかく=代謝」が良いというイメージがありますが、必ずしもそうではないんですね。

では代謝がわるいのに汗っかきになる原因はなんでしょうか。

また汗を止めるための対策は、どうすればいいのでしょうか。

今すぐサラサラ生活をはじめるために、あなたの習慣を見直してみましょう。

汗っかきの原因は代謝がわるいってホント?

汗っかきの人のイメージは、「代謝が良い」か「太っている」が多いですよね。

たしかに汗っかきの人には、そのようなタイプも多いのは事実です。

でもじつは、代謝が良いわけではないことも多いんです。

むしろ代謝がわるいことが原因で、汗っかきになる人もいるんですね。

その場合には病気の可能性も出てきますので、しっかりとした対策が必要になってきます。

また代謝が良い人の汗はサラサラしていることが多く、代謝がわるい人の汗はベトベトしているのも特徴の1つです。

ニオイが気になることもありますよね。

では、代謝がわるい人の汗っかきの原因と対策を見ていきましょう。

汗っかきの原因と対策

代謝がわるいのに汗っかきの原因をご紹介します。

そのための対策も一緒にご紹介しますね。

①冷え性

「えっ、冷え性なのに汗っかきってどういうこと?」と思いますよね。

じつは冷え性の人は、体内に水分をためこみやすい体質なんです。

体内に水分がたくさんあると、からだはどんどん冷えてしまうんですね。

それが冷え性の原因の1つです。

そして冷えた体をあたためるために、汗を出して体温を上げようとする機能がはたらきはじめます。

だから冷え性の人は、汗をかくことが多いんです。

むくみやすい体質の人は、水分の摂りすぎである可能性もあります。

ただし、「むくむのが嫌だから水分をひかえる」という考え方はまちがっています。

むしろどんどん水分を摂取して、運動などで水分を排出することが大切なんですよ。

血行を促進するために、ストレッチやマッサージをするのも良いですね。

そして体を冷やさないようにすることが大切です。

②ホルモンバランスがくずれている

ストレスや不規則な生活によって、ホルモンバランスがくずれていませんか?

女性の場合は、精神的な負担が増えることでホルモンバランスがくずれることが多いですよね。

生理や更年期障害が原因で、汗っかきになることもあります。

ホルモンバランスをととのえる対策は、睡眠時間を充分に確保して、質の良い睡眠をとるように心がけることです。

また規則正しい生活習慣やバランスのとれた食生活も大切ですね。

では、どんな食生活がNGなのか見ていきましょう。

③肉食や香辛料が多い食生活

食生活が原因で汗っかきの人は、肉食中心だったり、香辛料が多いことが考えられます。

スパイスは発汗作用の高いものも多く、汗をかきやすいです。

スパイスは代謝を良くするはたらきがあるので、ダイエットのためには良いんですけどね。

肉食や脂っこい食事は、消費エネルギーを多く使うため、体内に熱がこもりやすくなります。

その熱を冷やすために、汗っかきになってしまうんですね。

アルコールを飲むと体が熱くなりますが、これも汗っかきの原因となります。

食生活を改善するためには、食事のはじめに野菜から食べることです。

野菜に含まれる酵素を多く取り込むことで、消化を良くするはたらきがあります。

また栄養バランスの取れた食生活を送ることが、もっとも重要と言えるでしょう。

④ストレスにより自律神経が乱れている

ストレスはホルモンバランスをくずしますが、自律神経も乱れてしまうんです。

自律神経が乱れると、頭痛や吐き気などの症状が起きる場合があり、汗をかきやすくなることもあります。

また緊張することによって汗をかきやすい場合は、おもに手と足裏が多いようです。

これを精神性発汗と呼びます。

ストレスを感じているときは交感神経が優位になっていますので、リラックスできない状態です。

深呼吸をしたり、意図的にリラックスできる環境をつくることも必要ですね。

睡眠や生活習慣もストレスと関わってきますので、規則正しい生活を送ることも大切ですよ。

⑤運動不足・肥満

運動不足により肥満体質になってしまうことは多いですよね。

だから運動不足の人も肥満の人も、汗っかきの原因になるんです。

ふだんから運動をしている人は、全身から汗を出しやすい体質になるんです。

運動不足の人は、ふだんから汗をかくことが少ないため、汗腺がおとろえていきます。

汗腺がおとろえても、体温を下げるために汗を出さないといけませんよね。

そのため集中して汗をかく場所ができるんです。

つまり局部的には人よりも汗の量が多いため、自分は汗っかきだと勘違いしてしまうんです。

もしむくみやすい体質なら、冷え性も原因になっている可能性があります。

このタイプの汗っかきの対策は、適度な運動を習慣にすることです。

運動することによって、全身から汗が出るようになってきます。

すると局部的な汗の量が、必然的に減っていくと考えられます。

今すぐサラサラ生活をはじめよう

汗っかきの原因と対策をご紹介しました。

あなたは、どのタイプでしたか?

良くない汗は、ベトベトしているのが特徴ですが、これは体内のミネラルが出てしまっているからなんです。

本来血液中に吸収されるはずのミネラルが、吸収されずに汗と一緒に出てしまうんです。

つまり体に必要なミネラルが、吸収されずに排出されてしまうということ。

そしてミネラルを含んでいる汗は、蒸発しにくいためベトベトしてしまう特徴があります。

ニオイも気になることでしょう。

対策としては、汗をかく習慣をつけることが大切です。

生活習慣を改善して、今すぐサラサラ生活をはじめましょう。

スポンサーリンク