氷酢玉ねぎのスゴイ効果!血圧を下げて血管が若返るってホント?

氷酢玉ねぎを食べると、血管年齢が10歳も若返ると言われているのをご存知ですか?

血管は、年齢とともに硬くもろくなっていくと言われています。

それは「血行が悪くなってくるから」なんですね。

「じゃぁ、血行を良くしておけばいいんでしょ!」ってことなんです。

そこで活躍してくれるのが「氷酢玉ねぎ」です。

その効果と作り方をご紹介しましょう。

血管年齢が10歳若返る!氷酢玉ねぎって何?

「氷酢玉ねぎって、酢と玉ねぎを混ぜた物を凍らせるんでしょ?」と思っているあなた。

はい、その通りです! しいて言えば、ハチミツを加えることですね。

血圧を下げて、血管年齢が劇的に若返ると言うんです。

では、その「氷酢玉ねぎ」の作り方からご紹介しましょう。

氷酢玉ねぎの作り方

氷酢玉ねぎの作り方をご紹介します。

ミキサーにかけて、ペースト状にして料理などに利用します。

生玉ねぎは健康効果が高いので、さまざまな効果が期待できます。

生玉ねぎは辛いから嫌いと言う人も、氷酢玉ねぎなら甘みも強くて食べやすいですよ。

【材料】

玉ねぎ  2個(新玉ねぎがオススメ)

    150ml(米酢でも良いが、黒酢がオススメ)

ハチミツ 100ml

【作り方】

①玉ねぎを四等分に切って、酢とハチミツを入れてミキサーにかけます。

②ドロドロの液体になった完成品を製氷皿に入れて、一晩凍らせたら「氷酢玉ねぎ」の完成です。

氷酢玉ねぎのスゴイ効果って?

氷酢玉ねぎは一体なにがスゴイのでしょうか。

その効果を見ていきましょう。

血圧を下げる効果

生玉ねぎには、硫化アリルという成分が含まれています。

これは熱を加えるとなくなってしまう成分なんです。

硫化アリルの効果は、血圧を下げたり、疲労回復などさまざまな効果を発揮してくれるんですね。

その中でも血液をサラサラにする効果がスゴイんです。

といっても、生玉ねぎを食べるのは「辛いから苦手」と言う人も多いのではないでしょうか。

そこで生のままの玉ねぎを効果的に食べる方法が、この「氷酢玉ねぎ」なんです。

生玉ねぎの効果得るためには、氷酢玉ねぎを生のままご利用くださいね。

酢にも、血行を促進するはたらきが期待できます。

疲労回復の効果

生玉ねぎに含まれる硫化アリルという成分は、疲労回復の効果もあります。

そもそも疲労を感じる理由は、血液中に疲労物質が発生するからなんです。

生玉ねぎに含まれる硫化アリルを摂取することで、血行が良くなります。

血行が良くなると疲労物質が流れて、疲労が回復されるということなんですね。

また酢に含まれるクエン酸にも、疲労を回復する効果があります。

血糖値を下げる効果

氷酢玉ねぎは、血糖値を下げるはたらきもあるんです。

玉ねぎだけでなく、酢にも血行を良くするはたらきがあるんですよね。

氷酢玉ねぎを毎日食べ続けることで、血糖値を下げる効果があるようです。

できるだけ10日以上は続けることをおすすめします。

ダイエット効果

氷酢玉ねぎは、なんとダイエット効果も期待できちゃうんです。

その理由は、中性脂肪やコレステロールを下げるはたらきがあるからです。

氷酢玉ねぎの効果は、すべて血行が良くなることで得られる効果なんです。

氷酢玉ねぎは、できればそのまま使うことをおすすめします。

そして氷酢玉ねぎの食べ方も、加熱するのではなく、ドレッシングなどに利用すると良いでしょう。

氷酢玉ねぎ習慣をつづけて健やかな毎日を

氷酢玉ねぎの作り方と効果をご紹介しました。

氷酢玉ねぎは、毎日続けることが大切なんですね。

そして加熱するよりも、生の玉ねぎのまま食べることが重要です。

「じゃぁ、凍らせる必要はないんじゃないの?」という疑問が、今さらながら出てくると思います。

酢玉ねぎを凍らせる理由は、ズバリ「長持ちさせるため」です。

作り置きしておくことで、毎日食べ続けることができますよね。

冷蔵で保存する「酢玉ねぎ」よりも、冷凍で保存できる「氷酢玉ねぎ」の方が使いやすくて便利なんです。

ぜひ毎日の食生活に取り入れてみてくださいね。

スポンサーリンク