水洗顔は肌にいいってウソ?ホント?朝の洗顔で肌状態が変わる!

朝の洗顔は、洗顔料を使っていますか?
最近は、水洗顔が肌にいいって言われていますよね。実際のところ、それは本当に肌にいいんでしょうか?

水洗顔のメリットとデメリットを踏まえて、朝の洗顔方法を考えていきます。
肌状態が良くなるのは、どちらの洗顔方法なのでしょうか?

まずは、朝のあなたの肌状態をチェック!

あなたの朝の肌状態は、どうなっていますか?
水洗顔がいいのか、洗顔料を使ったほうが良いのか、肌状態をチェックしてみてくださいね。

朝起きた瞬間に、顔全体が皮脂でテカテカしている
鼻やTゾーンはベトベトしているけど、頬はカサカサしている
洗顔フォームで洗うと顔がつっぱる
寝る前にクリームなどで、たっぷりと保湿した
ニキビがある・ニキビができやすく治りにくい

いかがですか?
あなたの肌状態はどうでしょうか。

①と⑤が当てはまる人は、水洗顔ではなく、洗顔料で洗顔することをおすすめします。
寝る前の洗顔後の肌状態と、朝の皮脂量をくらべると、3倍になっているそうです。皮脂は油ですから、水だけでは落とせないんですね。

②に当てはまる人は、ベトベトしている部分だけ洗顔料をつけて洗ったほうが良いでしょう。でも顔全体を洗ってしまうと、頬など皮脂の少ない部分がカサカサになってしまいます。

③と④が当てはまる人は、水洗顔でもOKです。③の人は肌が乾燥しやすいと考えられます。そのため朝だけ水洗顔にしたほうが良いかもしれません。
ただし洗顔料が強すぎる可能性もありますので、まずは刺激の弱い洗顔料に変えてみることからはじめてみると良いでしょう。

④の人は夜の保湿が朝まで残っている状態ですから、水洗顔の後に化粧水などで拭き取ると良いでしょう。
水だけでは落としきれませんが、洗顔料で落とし過ぎると乾燥してしまう可能性があります。そのため水洗顔の後に、残ったクリームをコットンで拭き取るのがベストです。

水洗顔のやり方って?ただ水で洗うだけじゃない!

水洗顔と言っても、ただ水でざっくり洗顔するだけではありません。やり方を間違えると、肌トラブルの原因にもなります。気をつけましょうね。

①冷たい水ではなく、ぬるめの水で洗顔する

水洗顔と言っても、冷たい水で洗顔するわけではありません。ぬるめの水(30℃くらい)で洗顔するんです。冷たい水では汚れすら取れないことも考えられます。
でも熱いお湯じゃダメなんです。お湯は乾燥を招きますからね。これは夜の洗顔も同じです。ぬるめの水で洗顔することをおすすめします。

②まずは手を清潔にすること

まずは、顔を洗う手を清潔にしないといけませんね。手はいろいろな物を触りますから、その菌が顔についたらニキビの元になります。
普段から顔を触るクセのある人は、なるべく触らないように注意しましょう。

③水で洗顔をする

いよいよ水洗顔です。20~30回くらい、ぬるめの水でしつこく洗顔を繰り返します。
鼻の頭やTゾーンなどの皮脂が多い場所は、指でやさしくこすると良いでしょう。

④タオルでやさしく水分を押さえる

せっかく水洗顔でやさしく洗ったのに、タオルでゴシゴシ拭いてしまったら台無しです。
なるべく肌をこすらないように気をつけて、やさしく肌を押さえるように水分をとりましょう。

コットンに化粧水を含ませて、やさしく肌をケアします。化粧水を浸透させるというよりは、肌表面の汚れをふき取るというイメージです。

水洗顔の注意点はあるの?

水洗顔のやり方をご紹介しましたが、何か注意すべきことはあるんでしょうか。

夜は洗顔料を使って洗顔をする

朝に水洗顔をする場合は、夜は洗顔料で洗顔をしましょう。メイクを落とす場合には、ダブル洗顔でしっかりと落とすことをおすすめします。
しっかりと毛穴の中まで洗わないと、肌トラブルの原因になります。
ただし1日2回以上洗顔料を使うと、肌が乾燥してしまうことがあるんです。そのため朝だけ水洗顔をすると良いと言われているんですね。

夜洗顔後のスキンケアは念入りにする

朝の水洗顔をするための準備として、夜の洗顔後は念入りに保湿などのスキンケアをすることをおすすめします。
夜にしっかりと保湿したからこそ、朝は水洗顔だけでも良いということです。
ただし肌状態によっては、朝も洗顔料を使ったほうが良い場合もありますよ。

水洗顔をしないほうが良い場合って?

水洗顔の方法をご紹介しましたが、水洗顔をしないほうが良い場合って、どんなときでしょうか。

明らかに脂性肌の人には水洗顔しないほうが良い

朝起きて皮脂がたっぷり顔にある人は、脂性肌の可能性が高いです。その場合には、しっかりと皮脂を落としてからメイクしないと、肌トラブルの原因になります。
また皮脂による日焼けやシミができる可能性もあります。

ただし脂性肌だと思っている人の中には、乾燥が原因で過剰な皮脂の分泌がある人もいます。
その場合には洗顔のしすぎを改善しなければ、乾燥&皮脂の悪循環を改善することはできません。

ニキビなどの肌トラブルがある場合

ニキビなどの肌トラブルがある場合には、水洗顔はやめたほうが良いでしょう。
かと言って、洗顔料の刺激も良くないんです。肌への刺激が弱い洗顔料を使って、なるべくニキビを触らないように洗顔するのがベストです。

ニキビができるのは、皮脂や汚れが落としきれていなかったのが原因であると考えられます。それなら、しっかりと落とさないといけませんね。

洗顔するなら夜用と朝用の洗顔料を使い分ける

朝に洗顔料で洗顔すべきか、水洗顔にすべきかご紹介しました。
どちらもメリットとデメリットがあり、また肌状態によって合う合わないがあります。
その日のあなたの肌状態によって、どちらにするか決めるのが一番良いのです。

また、洗顔料を1つに絞るのではなく、夜洗顔にはしっかりと洗浄力の強いものを使い、朝洗顔には洗浄力の弱いものを使うと良いでしょう。
それが肌状態に合った本当のスキンケアと言えます。
さて、今日のあなたは洗顔派? それとも水洗顔派?

スポンサーリンク