毎日使うから肌にやさしいものを選びたい。ノンケミカルの日焼け止めとは?

日焼け止めは、どんなものを使っていますか?
毎日使うものだから、肌にやさしいものを選びたいですよね。

となると、思い浮かぶのは「ノンケミカルの日焼け止め」です。
そもそもノンケミカルの日焼け止めとは、どんなものなのでしょうか?

成分や効果について見ていきたいと思います。
また日焼け止めの効果もあって、肌にもやさしい日焼け止めの選び方をご紹介します。

ノンケミカルの日焼け止めとは?

そもそもノンケミカルの日焼け止めのことを、あまり知らないという人もいるかもしれません。
肌にやさしいのはわかっているけど、具体的にどんな日焼け止めなのか見ていきましょう。

肌に刺激をあたえる「紫外線吸収剤」が不使用

そもそも「ノンケミカル」とは何なのでしょうか?
日焼け止めには「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」があります。このうち紫外線吸収剤のことを「ケミカル」といい、紫外線散乱剤のことを「ノンケミカル」と言います。なぜ紫外線吸収剤をケミカルと言うのでしょうか。

それは紫外線吸収剤の役割にひみつがあります。紫外線吸収剤は紫外線を吸収して、肌のうえで化学反応を起こします。
吸収された紫外線は、熱として放出されるような仕組みになっています。この化学反応を起こすときに、肌に刺激をあたえやすいと言われているのです。

ノンケミカルの日焼け止めは、このような化学反応を起こす物質が含まれていないので、刺激が少ないのです。

粒子が大きく白くなりやすい

ノンケミカルの日焼け止めには、デメリットもあります。それは白くなりやすいことです。紫外線散乱剤は粒子が大きく、肌に浸透しないのが特徴です。
そのため白浮きしやすいのです。

テクスチャーも紫外線吸収剤ほど滑らかではなく、ベタベタしやすいのもデメリットです。つまり使用感があまり良くありません。
ただし最近は、使用感が滑らかなノンケミカルの日焼け止めも増えてきています。多くの日焼け止めの中から、厳選しないといけませんね。

毎日使える日焼け止めの選び方

紫外線は、まいにち容赦なくわたしたちに降り注いでいます。
ですから日焼け止めを塗らないわけにいきません。では毎日使うなら、どんな日焼け止めが良いのか見ていきましょう。

保湿効果のある日焼け止めを選ぶ

日焼け止めは、ケミカル・ノンケミカルにかかわらず、肌が乾燥しやすい性質があります。そのため日焼け止めに保湿効果があるものを使えば、乾燥を防ぐことができますね。

さいきんは保湿効果も含まれている日焼け止めが人気のようです。日焼け止めを塗る前と、日焼け止めを落とした後の保湿ケアをしっかりすることで乾燥は防げます。
ただし日焼け止めを塗っている最中は、なかなか保湿ケアをすることはできません。そのため日焼け止めに保湿成分が含まれているものを選ぶと良いでしょう。

化粧下地としても使える日焼け止めが便利

さいきんは化粧下地に日焼け止め効果が含まれているものが多いです。時間に追われて忙しい現代人は、朝の貴重な時間をムダに過ごしたくありませんよね。
ふつうなら日焼け止めと化粧下地を塗る手間があるところを、1本で済ませられるなら嬉しいですよね。

毎日使うなら、日焼け止め効果のある化粧下地を使うのが便利です。それがノンケミカルの日焼け止めなら、なお良いですね。

SPFやPA値が低めの日焼け止めを選ぶ

毎日使う日焼け止めなら、SPFやPA値の低いものを選ぶことをおすすめします。
もちろんSPFやPA値の高い日焼け止めのほうが、日焼け止めの効果は高いです。しかし肌への刺激を考えると、毎日使うのはリスクが高すぎます。

肌を守る日焼け止めが原因で、肌がボロボロになってしまったら元も子もありませんからね。
もしデイリー用として選ぶなら、SPFは30くらいのもの。PAは++くらいが良いでしょう。

デイリー用でおすすめの日焼け止め化粧下地はコレ!

毎日使う日焼け止めの条件はわかっても、たくさんある中で選ぶのは大変ですよね。
ドラッグストアに行っても、良いものを1つ選ぶのは至難の業です。

そこで、あなたにおすすめの肌にやさしい日焼け止めを厳選しました。
「SPF30」以下で、「PA++」の肌にやさしいタイプです。化粧下地の役割もあるので、これ1本塗ればOKです。

もちろんノンケミカルの日焼け止めで、敏感肌の人でも安心して使えます。
ノンケミカルの日焼け止めは白浮きしやすいのがデメリットですが、この日焼け止めは白浮きしにくいのが特徴です。

保湿成分も含まれていて、デイリー用をお探しならおすすめです。

ノンケミカルの日焼け止めで毎日の日差しから肌を守る

ノンケミカルの日焼け止めの選び方をご紹介しました。
毎日降りそそぐ日差しから肌を守るには、紫外線の刺激だけでなく、日焼け止めの刺激からも守らないといけませんね。

そのためにはやはり、ノンケミカルの日焼け止めがおすすめです。
ただしノンケミカルの日焼け止めの中には、肌を乾燥させる「アルコール」や「香料」などが含まれているものもあります。

できるだけ無添加のノンケミカル日焼け止めを選びたいですね。
毎日のことだから、しっかりと良い日焼け止めを選んでください。

スポンサーリンク