歯周病の原因と対策!予防の歯磨き粉と歯ブラシで正しい歯磨きをしよう

歯周病は成人の約80%の人がかかっていると言われているほど、多くの人が抱えている病気です。

ワタシもその一人です。

何年も前から歯周病で悩んでいた一人なのです。

歯周病は痛みもなく、静かに進行していくことから「静かなる病気」と呼ばれています。

では歯周病の原因は何なのか、また予防対策と正しい歯磨きの仕方をご紹介します。

歯周病ってそもそも何?

そもそも歯周病っていったい何なのでしょうか。

歯科に行ったら歯周病と言われたけれど、どんな病気なのかわからない人も多いはずです。

歯肉炎や歯周炎の総称である歯槽膿漏のこと

歯周病とは歯肉炎や歯周炎などの総称です。

以前は歯槽膿漏と言われていましたが、最近では歯周病と言われることが多いです。

歯周病が原因でさまざまな病気を引き起こすこともあるので、早めの治療が必要です。

逆に糖尿病が原因で歯周病になることも多いと言われています。

歯周病になると細菌が常に口の中にありますので、その菌が体内に入ってしまい病気になることもあります。

歯周病が原因で、流産をしてしまうケースもあるようです。

歯茎が炎症を起こし腫れてしまう病気

歯周病とは歯茎が炎症を起こして腫れてしまう病気です。

炎症が進むと化膿して、出血することも多いです。

歯磨きをしたときに出血することがあれば、それは歯周病になっている可能性があります。

また免疫力が低下しているとき、つまりチョット体調が悪いときや疲れが溜まっているときに、歯茎が腫れて痛みを伴うことも多いです。

食べカスが少したまっただけでも、歯茎が炎症を起こしてしまうのです。

歯の骨を溶かしてしまう病気

歯周病とは、歯茎が炎症を起こして化膿し、歯の骨を溶かしてしまう病気です。

歯の骨は、一度溶けると再生することができないと言われています。

歯周病の治療法で、人工的に再生を促すことはできます。

ただし保険適用外になることも多く、費用が高額になってしまう恐れがあります。

そのまま歯周病を放置すると、最終的には歯がグラグラになり、抜け落ちてしまいます。

歯周病は進行を食い止めることはできても、治すことは困難だと言われています。

ただ最近はさまざまな治療法がありますので、対策を考えることはできるでしょう。

歯周病の原因って何?

歯周病の原因となるのは、いったい何なのでしょうか。

普段の生活の中にヒントがあります。

免疫力の低下や生活習慣によって進行する

歯周病の原因は、年齢による免疫力の低下や生活習慣によって進行します。

加齢とともに体のさまざまな部分が衰えてきます。

それは歯茎も同じこと。

そして喫煙などの生活習慣によって、歯周病は悪化することがわかっています。

疲れやストレスをためて、睡眠不足になるなども歯周病を悪化させる原因となります。

歯磨きの仕方が悪くプラーク(歯垢)がたまる

歯周病の原因は、歯磨きの仕方が間違っていて、プラークつまり歯垢がたまることによって起こります。

歯垢は毎食後に適切な歯磨きをすることによって除去できますが、残ってしまうと数日後には歯石に変化します。

歯石になってしまうと、歯科へ行かないと取り除けないので、歯周病はどんどん悪化します。

つまり歯石になる前に歯垢をしっかり除去できる歯磨きをしないといけないということです。

歯石の除去を定期的に行っていない

歯周病の原因は、歯石の除去を定期的に歯科で行っていないことです。

歯石がたまった状態では、歯茎の炎症がどんどん悪化してしまいます。

歯茎が炎症を起こしているのに放置すると、今度は化膿してしまうのです。

少なくとも半年に1回くらいは歯科で歯石を取り除くクリーニングをする必要があります。

若いうちは良いですが、年齢が進むにしたがって、歯周病も進行していきます。

将来は総入れ歯になる可能性もありますので、歯があるうちに治療を行いましょう。

歯周病の予防と対策!歯ブラシと歯磨き粉の選び方

歯周病を予防するには、歯ブラシと歯磨き粉の選び方も重要です。

しっかりとケアするためにも、自分に合ったものを選びましょう。

柔らかめの歯ブラシを使う

歯周病になってしまった人も、予防したい人も、できるだけ柔らかめの歯ブラシを使うと良いでしょう。

固めの歯ブラシは歯垢をキレイに取ることはできます。

ただ歯茎を傷めてしまうので、歯茎もマッサージできるくらいの柔らかい歯ブラシを使うことをおすすめします。

もし歯茎を傷めてしまうと、そこからも細菌が入り、炎症を起こすことも考えられます。

歯周病予防の歯磨き粉は治療にはならない

歯周病には歯周病予防の歯磨き粉を使うと良いでしょう。

ただしあくまでも予防にすぎません。

予防におすすめの歯磨き粉は、「生葉」や「アセス」です。

すでに歯周病になっている場合には、治療の効果はないと言われています。

もしそれで回復したのなら、まだ初期の段階だったのか、あるいは歯磨きを入念に行うことによって回復したと考えられます。

デンタルフロスなどで歯間の歯垢を取り除く

歯周病の予防には、デンタルフロスなどを使って歯間の歯垢を取り除くことが良いでしょう。

歯周病を予防するには、とにかく歯垢をキレイに取り除くことが何よりも一番重要なのです。

これをプラークコントロールと言います。

歯周病予防のための正しい歯磨きの仕方

歯周病は歯磨きの仕方である程度は改善できます。

少なくとも進行を遅らせることはできるでしょう。

正しい歯磨きの仕方は歯科で聞くのがいちばんです。

歯ブラシの持ち方は鉛筆を持つように

歯周病予防のための歯磨きの仕方は、歯ブラシを握るのではなく、鉛筆を持つような感じで持つことです。

そうすることで力が入りにくくなりますので、歯茎を傷めづらくなります。

歯に対して45℃くらいの角度で歯磨きをする

歯茎と歯の隙間にある歯周ポケットと呼ばれる部分に、たまった歯垢を取り除くことが大切です。

歯茎を傷つけないためにも、力を入れずに歯ブラシを45℃くらいの角度にして歯磨きをします。

歯を1本ずつ丁寧に磨く

歯周病予防のための歯磨きの仕方は、歯を1本ずつ磨くつもりで、丁寧に時間をかけて歯磨きをすることが大切です。

時間にすると最低でも5分以上は歯磨きをするようにしましょう。

歯磨き後にデンタルフロスを使う

歯茎が炎症を起こしている場合には、デンタルフロスを使うことで出血することも多いです。

それでビックリして使うのをやめてしまう人もいるかもしれませんが、それは歯間に歯垢がたまって炎症を起こしているのです。

歯間の歯垢をしっかりと取り除くことで、次第に出血は収まってくることでしょう。

慣れていないと使いづらいので、細めの歯間ブラシを使うのがおすすめです。

細菌が繁殖しやすいので、衛生上こまめに新しいものに換えるようにしましょう。

歯周病はとにかく早めの改善が必須

歯周病の予防や歯周病の進行を遅らせるには、とにかく早めの対策が必要です。

歯周病が進行すればするほど治療には時間もお金もかかります。

歯科治療の場合には、保険適用外のものも多いため、「もっと早くやれば良かった」となることも多いです。

歯磨きは毎日のことですから、正しく行うことであなたの歯を守ります。

食後は歯磨きをするという習慣をつけることも大切ですね。

スポンサーリンク