枕がクサイのは加齢臭ではなかった!30代から気になるニオイの改善方法

じつは、「オレの枕クサイ!」と感じる男性は、ごくわずか。

ほとんどは家族が気づいて「パパの枕クサイ!」と指摘されて気づくパターン

これって、ちょっと悲しいですよね。

その年齢は、なんと30代から始まるんです。

しかしこれは、厳密に言うと「加齢臭」ではないと言われています。

加齢臭とは50代くらいから発生する体臭のことで、どこか懐かしいようなニオイです。

それに対して30代から発生する体臭は、非常に不快でクサイのが特徴なんです。

ますますショックですよね。

では、この30代から発生するという「加齢臭のような体臭」について見ていきましょう。

30~40代は加齢臭ではなかった!「ミドル脂臭」の特徴

加齢臭はおもに、50代以降の男性にあらわれる症状だそうです。

しかし30代くらいから体臭が変わりはじめ、40代になるとかなり強くなるという傾向があります。

これは加齢臭ではなく「ミドル脂臭」と呼ばれるニオイです。その特徴をご紹介します。

どこからどんなニオイが発生してるの?

一般的に加齢臭と呼ばれるニオイは、「ノネナール」という原因物質が発生しています。

しかしノネナールは50代以降で発生することが多く、若い人には分泌されない物質だそうです。

じつはこの加齢臭は、それほど悪臭ではないことがわかっています。いわゆる「オヤジ臭い」という程度。

でも30~40代で発生するミドル脂臭は、かなりの悪臭を放つのが特徴ですが、どんな物質が分泌されているのでしょうか。

それは「ジアセチル」と呼ばれる物質だったんです。

鼻にツンとくるアンモニア臭という表現が当てはまるかもしれません。

加齢臭は耳の後ろから発生していると言われていますが、このミドル脂臭はおもに「後頭部」から発生していると言われています。

次に「頭頂部」や「首の後ろ」あたりが臭くなることが多いんですね。

だから枕が臭くなるんです。

枕を洗ってもすぐに臭くなる

「枕がクサイ」と家族に指摘されて、せっせと奥さまは枕を洗うことでしょう。

でも枕を洗っただけでは改善されません。

一晩眠っただけで、また臭くなってしまうんですから。

体から発生する、この加齢臭のようなニオイをどうにかするしかありません。

でも一応、枕の洗い方のポイントをご紹介します。

  • 枕カバーはできるだけ毎日洗う(最低でも2~3日ごと)
  • 皮脂がついている時は、漂白剤でつけ置きする
  • 枕は毎日、天日干しする(陰干しや部屋干しでもOK
  • 定期的に枕を丸洗いする
  • 毛布や布団もクサイので、定期的に洗う

30~40代の加齢臭のようなニオイの改善方法

男性は自分のニオイにあまり気づかないようですが、一緒に暮らしている家族はとてもツライです。

そのため、根本的にニオイを改善する必要がありますよね。

①頭皮の皮脂分泌をおさえる洗髪をする

髪がベトベトするという人は、皮脂の分泌が多いと考えられます。

とくに後頭部の髪がベトベトしている人は、ミドル脂臭が発生している可能性が高いです。

頭皮の皮脂分泌を抑えるためには、シャンプーのしすぎにも注意しなければいけません。

ただし毎日シャンプーをするのは基本です。

1日に2回も髪を洗う習慣がある人は、1日1回にしましょう。

そして頭皮を傷つけないように爪を立てないこと。

指の腹で軽くこするように洗いましょうね。軽くですよ。

ポイントは、髪の毛よりも頭皮を洗うイメージです。

髪の毛は汚れを落とす感覚で、頭皮は皮脂を落とす感覚です

うなじや後頭部などにある皮脂を、しっかり落とす感じですね。

②脂っこい食事をひかえ、栄養バランスの良い食生活をする

頭皮の皮脂分泌をおさえるには、食生活も大きく関わっています。

脂っこい食事が好きな人は、なるべく控える必要があります。

そして栄養バランスの良い食生活を送るように心がけましょう。

また甘い物が好きな人は、太りやすくなっていることでしょう。

脂肪が多くなり代謝が悪くなると、皮脂の分泌が多くなってきます。

この機会に食生活の見直しをしてみると良いでしょう。

③喫煙とアルコールをひかえる

最近の若い男性は、あまりタバコを吸いませんよね。

でも30~40代くらいの男性は、けっこう吸っている人も多いのではないでしょうか。

タバコを吸っていると、このミドル脂臭がかなりキツクなるんです。

またアルコールは肝機能をにぶらせて、皮脂の分泌が多くなってしまいます。

皮脂が酸化することによって、ニオイを発生しやすくなるんですね。

健康のためにも、生活習慣を改善してみてはいかがでしょうか。

④睡眠不足やストレスを改善する

30~40代の加齢臭を改善するには、睡眠不足を解消することも大切です。

睡眠不足やストレスがたまると、皮脂の分泌が多くなってしまうんですね。

またホルモンの分泌も乱れてしまい、加齢臭だけでなく健康を害してしまうことも。

年齢的にも無理がきかなくなってくる頃ですから、しっかり休息を取りましょうね。

加齢臭を改善することが健康につながる

30~40代の意外な加齢臭についてご紹介しました。

「もしかして自分も臭いかも」と思っている人は、生活習慣を改善することから始めてみましょう。

中には「クサイ」と思っていても、あなたが傷つくと思って言えない家族もいるかもしれません。

あなたの健康のためにも、加齢臭を改善して健やかな毎日を送りましょうね。

スポンサーリンク