日焼け止めの選び方!低刺激の肌にやさしい日焼け止めで紫外線対策

日焼け止めって、たくさんありすぎて何を選べば良いかわかりませんよね。
しかも肌への刺激が強いから、肌荒れを起こしたことがあるかもしれません。

紫外線から肌を守るために日焼け止めを塗っているのに、それが肌への刺激になったら困りますよね。
では、肌にやさしい低刺激の日焼け止めとは、どんなタイプなのでしょうか。

敏感肌の人でも使える日焼け止めの条件をご紹介します。

日焼け止めって、どうして肌に良くないの?

日焼け止めを塗ると、肌が荒れることって多いですよね。ではなぜ日焼け止めは、肌に良くないんでしょうか。

紫外線吸収剤は化学物質を配合しているから

ドラッグストアなどで売られている日焼け止めのほとんどは、紫外線吸収剤が使われています。紫外線吸収剤には、化学物質が配合されているんですね。
肌に塗った日焼け止めに紫外線をいったん吸収させて、そのあとに化学反応を利用して熱エネルギーに変換して放出しています。

すぐれた紫外線カットの効果はあるものの、肌には多大な負担がかかっていると言えます。
しかも紫外線吸収剤を長時間つけていると、肌が乾燥してシミやシワの原因にもなります。とくにSPFやPA値が高いものは避けるようにしましょう。

強すぎる日焼け止めを毎日使っている

今はSPFとは何ぞや?ということは、ほとんどの人が知っていることでしょう。具体的には説明できないにしても、数字が高いほうが長時間作用するくらいは知っているはずです。
だから塗り直しの手間を省くために、SPF50とかを毎日使っていませんか?

それでは肌荒れしないほうが不思議です。
SPFの数値が高いほど、紫外線からの刺激を受ける時間を引き延ばせます。でもSPFの数値が高いほど、肌への刺激も強いんです。

しかも日常的に使う分には、SPF50は必要ありません。SPF20くらいでOKなんです。
SPF50を使うシーンがあるとすれば、1日中屋外でのレジャーをする時や、海や雪山などの紫外線が強い場所でのレジャーの時だけです。
それでも塗り直しができるのなら、SPF30くらいでもOKです。

日焼け止めを塗る前に保湿をしていない

日焼け止めによる肌への刺激は、おもに「乾燥」です。肌をガサガサ、ゴワゴワにしてしまうんですね。
しかもウォータープルーフの日焼け止めなんて使っていると、乾燥のレベルはマックスです。

日焼け止めを塗る前には、しっかりと保湿ケアをしておくことをおすすめします。
肌と日焼け止めの間に膜をつくるイメージですね。

もともとの肌状態が悪い

日焼け止めによる肌への負担というよりも、もともと肌状態が悪いのかもしれません。
年齢とともに肌は乾燥しやすくなりますので、日焼け止めを塗ることで更なる乾燥を招きます。

また年齢とともに肌の生まれ変わりである「ターンオーバー」の周期が乱れがちになります。
そのためシミなどの肌トラブルを代謝することができなくなるんですね。
これを改善するためには、生活習慣などで肌状態を改善するしかないでしょう。

肌にやさしい日焼け止めの選び方

では敏感肌の人でも使えるような、肌にやさしい日焼け止めを使えば良いのでしょうか。デメリットも確かにありますが、敏感肌の人以外も肌にやさしい日焼け止めを使うことをおすすめします。

ノンケミカルの日焼け止め(紫外線散乱剤使用)

紫外線吸収剤がケミカルな日焼け止めなので、ノンケミカルの日焼け止めというのは、紫外線吸収剤を使用していないものです。
では何が含まれているのかといえば、紫外線散乱剤です。これは肌に塗った日焼け止めの成分の作用によって、紫外線をはね返しているんです。

そのため肌の上で化学反応を起こしているわけではないんですね。
敏感肌の人をはじめ、肌トラブルを抱えている人は、ノンケミカルの日焼け止めに変えてみると良いかもしれません。

無添加の日焼け止めを選ぶ(表示に注意!)

肌にやさしい日焼け止めの選び方は、無添加を選ぶことです。無添加とは、香料や着色料・防腐剤などを使用していないことを言います。
ただしある特定の添加物に対してのみ無添加の場合もあります。

それでも日本では、無添加と表示して良いことになっています。基準が甘いんですね。
含まれている成分をしっかり確認してから買うようにすると良いでしょう。

オーガニックや天然成分の表示も当てにならない

添加物と同様に、オーガニックや天然成分の表示がある日焼け止めでも安心はできません。
オーガニックもかなりゆるい基準になっていて、ほんのちょっとでもオーガニックが含まれていれば「オーガニック」と表記できるようになっています。

確かに肌に良い成分が含まれているとしても、それ以外の成分は肌に悪い成分かもしれません。
そこまで考えて、自分に合った日焼け止めを探してみてください。

敏感肌には、お湯で洗い流せるタイプが良い

敏感肌のあなたには、お湯でも洗い流せる日焼け止めを使うことをおすすめします。中には赤ちゃんでも使える日焼け止めもありますので、肌刺激を最小限に食い止めるものを見つけましょう。

日焼け止めを塗る前にワセリンを塗る方法もある

日焼け止めによる肌への刺激をおさえるには、日焼け止めを塗る前に「ワセリン」を塗る方法もあります。
肌に直接日焼け止めが触れるのを防ぐためです。

ただしワセリンによっては、日焼けがひどくなるとも言われています。
日焼け止めの効果を発揮して、肌への刺激をおさえるためには「白色ワセリン」を塗ると良いでしょう。

日焼け止めは自分に合ったものを探そう

日焼け止めで肌が荒れる原因と、日焼け止めに含まれる成分をご紹介しました。
でも自分の肌に合っているかどうかは、使ってみないとわからないんですね。

敏感肌の人も、そうでない人も、自分に合った日焼け止めを探してみましょう。

スポンサーリンク