日焼け予防なら毎日の行動をチェック!日焼け予防グッズの意外な効果

日焼け予防はしっかりとできていますか?

もしかしたら、あなたの認識は少しちがっているかもしれませんよ。

夏が終わって後悔しないためにも、しっかりと確認しておいてくださいね。

それではまず、毎日の行動からチェックしてみましょう。

日焼け予防のための行動を意識してみよう

日焼け予防のために、あなたは毎日の行動にも気をつけていますか?

意外と知らない日焼け対策をご紹介します。

①10~14時の外出はひかえる

紫外線は10~14時の間がいちばん強いと言われています。

そのため、その時間帯の外出は極力ひかえるようにしましょう。

でも、それ以外の時間でももちろん紫外線は降り注いでいます。

ワタシも一般的な時間帯に通勤していた頃は、「通勤焼け」に悩まされていたものです。

どこにも遊びに行ってないのに、「なんか焼けたね」なんて言われた悲しい記憶があります。

②日陰でも散乱光がある

外出時には、日焼け予防のために日陰を選んで歩いている人も多いと思います。

もちろん日向を歩くよりは、日焼け予防になります。

日陰は日向の半分くらいの紫外線量だと言われています。

でも半分は紫外線があるということですね。

また日陰でも「散乱光」というものがあり、日焼けしてしまうことが多いんです。

③日傘や服の色にも気をつける

日焼け予防するためには、日傘や服の色にも気をつけると良いでしょう。

知っている人も多いと思いますが、「黒」がいちばん紫外線を通さない色だと言われています。つまり紫外線を吸収するんですね。

ということは、黒い服を着ているとスゴ~く暑いんです。

でもここは美肌のために頑張りましょう。

努力なくして美肌は手に入りません。だからといって、気にし過ぎないようにしましょうね。

女性は、やわらかい雰囲気がすてきです。頑張りすぎないことです。

④曇りでも室内でも油断は禁物

よく言われているのが、曇りでも紫外線が降り注いでいるということですよね。

また紫外線はガラスを素通りして、部屋の中まで入りこんできます。

部屋の中だからといって安心はできません。

自宅の窓なら、紫外線をカットできる専用のフィルムも販売されています。

工夫して、なるべく日焼け予防ができるようにしましょうね。

⑤日焼け予防の食べ物をたべる

日焼け予防なら食べ物でもできます。

ビタミンCはメラニンの生成をおさえるはたらきがあり、シミができるのを予防してくれます。ただし小まめに摂らないと、尿や汗と一緒に排出されてしまいますのでご注意を。

またビタミンAやEも、健康な素肌をつくるために大切な栄養素です。

そのすべての栄養が含まれている食べ物が「トマト」です。

リコピンが含まれていることで有名ですよね。

リコピンはシミの原因であるメラニンをつくる、チロシナーゼという成分を抑制するはたらきがあります。

日焼け予防グッズの効果

日焼け予防を助けてくれるグッズがたくさんありますよね。

どんな時に、どの日焼け予防グッズを使えば良いのでしょうか?

また、どれくらいの効果があるのでしょうか?

①「日傘」は照り返しを予防できない

日傘は日焼け予防グッズとしては定番ですよね。

でも空からの紫外線は予防できたとしても、地面からの照り返しまでは予防できないんです。この照り返しが意外と多く、日焼けの原因になってしまうんですね。

・なんと日傘の寿命は1~2年

「日傘をしているから日焼け予防はバッチリ!」と思っていませんか?

じつは日傘の寿命は1~2年だと言われています。

思ったよりも短いと思いませんか?

機能が優れている日傘を使わないと意味がありませんが、あまり高価すぎる日傘はコスパが悪いですね。その辺りも考えながら日傘を選ぶと良いでしょう。

②自転車なら長袖とサンバイザー

自転車に乗るときには、日焼け予防が大変ですよね。

日傘をさすと危ないし、何もしないわけにもいかない。

そこで自転車のときにおすすめの日焼け予防は、「長袖シャツ」と「サンバイザー」です。

長袖シャツもUVカットできる素材にしましょう。

そしてサンバイザーは、なるべくツバが大きめのものをかぶりましょう。

③長時間屋外にいるなら日焼け止めの塗り直しは必須

日焼け止めは一度ぬったらOKだと思っていませんか?

とくに長時間屋外にいるバーベキューや海水浴の時には、2時間おきくらいに塗り直しが必要です。

・うす塗りではあまり効果がない

あまり厚く日焼け止めを塗ると、顔が真っ白になってしまうのでうす塗りにしている人もいるかもしれません。でも、うす塗りではあまり効果がないんです。厚く塗れば良いというわけでもありませんが、適度にしっかり塗りましょうね。

④サングラスはかなり効果的

じつは、肌から吸収される紫外線と、目から入る紫外線では、目から入るほうが多いと言われているんです。

そのためサングラスは、日焼け予防グッズとしてはかなり優秀だと言えるでしょう。

もちろんUVカットできるサングラスを選んでくださいね。

日焼け予防は毎日のちょっとした行動で決まる!

日焼け予防についてご紹介しました。

あなたの日焼け予防の認識は、合っていましたか?

日焼け予防は、毎日のちょっとした行動によって決まります。

「ま、いっか」という少しの油断が、数年後に大きな後悔を招くこともあります。

気を抜かないでしっかりと紫外線対策をしておきたいですね。

スポンサーリンク