夫婦喧嘩で修復できずに家出?仲直りする方法10選で解決

「夫婦関係がうまくいかない」
「夫婦喧嘩をしてしまったけど、仲直りする方法がわからない」
と悩んでいる人もいるかもしれません。

夫婦喧嘩で仲直りしたくないのか、したくても仲直りできないのか。
そこは結構重要なポイントです。

また子供はどんな風に感じているのかも考えてみましょう。

夫婦喧嘩をしても仲直りする方法10選

夫婦喧嘩をしてしまうと、どうしても素直になれずに長引いてしまうこともあるかもしれません。
でもそれは時間の無駄です。
さっさと仲直りをしてしまいましょう。

①家出しないで距離をおく

ポイントは家出をしないこと。
どんなに解決の糸口が見えなくても、その場から逃げるというのは夫婦関係の修復に手抜きをしているということです。

誰だって嫌なことからは逃げたいのが本能です。
確かに時間が解決してくれることも多いですが、それは根本的な解決にはなっていないんです。

結局お互いの言い分がうやむやになってしまうので、また同じことで夫婦喧嘩することになりますよ。
しっかりとその都度解決していきましょう。

②妻へのプレゼントはベタでも効果的


夫婦喧嘩で仲直りするポイントは、妻の機嫌を直すことが一番です。
夫の中には、それを良く理解している男性も多いようですね。
ワタシの知り合いの男性は、たとえ自分に対して怒っていなくても、とりあえず翌日はプリンを買って帰るそうです。

優しい旦那さんですね。
こんなこと言ったら女性には怒られちゃいそうですけど、女性は意外と単純なんです。
少なくともワタシはすご~く単純です。

お腹が空いたら夫婦喧嘩しやすいし、ご飯を食べたら機嫌が良くなります。
まぁ、単なる食いしん坊というウワサもありますが。
いつも夫に言われます。
「お前って何か食わせておけば、とりあえずOKだよな」と。

③言いたい事をため込まない

夫婦喧嘩の原因の多くは、言いたい事を我慢していることではないでしょうか。
毎日一緒に過ごしているというのに、言いたい事をため込んでいたら、一体どれほどのストレスを抱えているのか。
考えただけでゾッとします。

でも結構そのような夫婦が多いようですが、それでは夫婦喧嘩になるのも当然です。
ワタシの場合は言いたい事を言い過ぎていつも夫婦喧嘩になっていますが、それも問題ですけどね。

一応、ワタシなりには我慢しているつもりなんですが、夫婦でも完全にわかり合うことはできないのです。

④白熱しても家を出るなら一晩まで

夫婦喧嘩で白熱してしまうと、勢いで家を出て行ってしまう人も多いでしょう。
「ちょっとそこまで」ならセーフですが、そのままどこかへ行ってしまうのは仲直りできないパターンです。

どうしても今は一緒にいられないと言うのなら、家を出るのは一晩だけにしましょう。
それ以上家を出てしまうと、いろいろな問題が出てきます。

帰りづらくなるとか、お互いの溝が深まったとか、適当にごまかされて無理やり仲直りさせられたなどの問題です。
夫婦の問題は根が深いので、根本的に解決していかないといけません。

⑤素直に謝ることが一番シンプルで効果的

夫婦喧嘩で仲直りできないのは、そもそも夫婦関係がうまくいかないことが原因です。
もともと夫婦関係がうまくいっていないのに、夫婦喧嘩をして仲直りできるはずがありません。

普段からのコミュニケーションが大切ですが、逆に夫婦喧嘩をきっかけに一歩踏み込んでみてはいかがでしょうか。
夫婦喧嘩をしたときは、いつもは言えないような突っ込んだ話ができます。

この機会にむしろ絆を深めてみませんか。
夫婦喧嘩に対しては、とにかく素直に謝ることが一番の近道です。

⑥一方的に相手を責めない

夫婦喧嘩に良くありがちなのが、相手の言い分を絶対に受け入れないことです。
相手が歩み寄ったとしても、自分は少しも悪いとは思っていないことが多いのです。

でも夫婦喧嘩なんて、どっちもどっちなんです。
どっちも悪いことがほとんどです。

それに結局どっちが悪くても、別にどうでも良いことです。
だから相手を一方的に責めるのではなく、自分の行動も少しだけ振り返ってみると良いでしょう。

⑦相手を理解する努力をする

夫婦喧嘩で仲直りする方法は、相手を理解する努力をすることです。
完全に相手の言い分を受け入れることはできないでしょうが、理解する努力をすることが仲直りのきっかけになります。

自分の言い方が悪いから、相手に不快な思いをさせてしまったのかもしれません。
自分ではたいした事ではなくても、相手からすれば大きな問題になることもあります。
夫婦でも価値観や考え方が同じとは限りませんからね。

⑧お互いの友人一人ずつ同席してもらう

夫婦喧嘩で仲直りする方法は、お互いの友人を一人ずつ呼ぶことです。
夫婦共通の友人に同席してもらうというのも良いですが、もともとはどちらかの友人だったのなら、どうしても肩を持ってしまうでしょう。

だからお互いに一人ずつ友人を呼べばよいのです。
誰かが間に入ることで冷静になれたり、言いたことを言えたりするものです。
もう自分では修復できないと思ったのなら、この方法を試してみると良いですよ。

⑨どんなに相手が悪くても一度は反省する

夫婦喧嘩で仲直りする方法は、どんなに相手が悪くても一度は自分のことを反省してみることです。
「絶対に自分は悪くない」と言っても、思っても良いですから、自分は相手を不快にさせていないか、とりあえず確認する必要があります。

それは自分のためにもなりますので、これができれば今後あなたの人生は豊かになっていくことでしょう。
人間的にも成長できるということです。

⑩相手の気持ちは考えて、深いことは考えない

夫婦喧嘩で仲直りする方法は、相手の気持ちを考えて、他のことはあまり深く考えなくても良いということ。

相手がどんな気持ちで、なぜそんなことを言ったのか。
このことは、しっかりと考える必要があります。

でも論点がそこではなく、「夫婦というのは、こうあるべきだ」論を繰り広げると、論点がもともとどこにあったのか、わからなくなってしまいます。
今は夫婦論の話をしているわけではないので、夫婦喧嘩の仲直りをしたいのなら、そこだけにフォーカスすることです。

夫婦喧嘩は子供にとって苦痛の極み

夫婦喧嘩をしている時の子供たちの様子はどうでしょうか。
夫婦喧嘩をしている本人は、それほど大変なことだとも思っていないことが多いです。

でも夫婦喧嘩のとばっちりを受ける子供たちは、たまったものではありません。
子供の苦痛を考えた上で、夫婦喧嘩について考えてみてはいかがでしょうか。

夫婦喧嘩の仲直りする方法だけではなく、夫婦喧嘩のやり方も考えなくてはいけませんね。

スポンサーリンク