卵ダイエットの効果は海老蔵も実感?コレステロールと痩せる卵レシピ

卵ダイエットの効果は、多くの有名人が証明しています。

歌舞伎役者の市川海老蔵や、メジャーリーガーのダルビッシュ有も実践しているそうです。

その卵ダイエットには、どのような効果があるのか見ていきましょう。

生卵のカロリーって?黄身のコレステロールは大丈夫?

卵ダイエットって、生卵でもゆで卵でも変わらないのでしょうか。

またコレステロールも気になるところですよね。

生卵とゆで卵のカロリー比較

調理法によって卵のカロリーは変わります。

でも生卵とゆで卵のカロリーは、どちらも約90キロカロリーです。

では何が違うのか。それは腹持ちです。

ゆで卵の方が、腹持ちが良いため卵ダイエットに適しているのです。

卵の白身より黄身の方がコレステロールが多い

「卵の黄身はコレステロールが多いので、ダイエット中の人は白身だけにした方が良い」

そんな話を聞いたことはありませんか?

卵の黄身には、コレステロールが約1400mg含まれています。

でも卵の白身には、コレステロールが約1mgほど。

比べものになりません。

でも最近の研究では、コレステロールに異常がある人以外は、全卵を食べてもコレステロール値を上げる効果はないそうです。

普通の人なら全卵でも気にすることはない

コレステロール、つまり脂質代謝に異常のある人以外は、全卵を食べても問題ないと言われています。

全卵のカロリーは、約90キロカロリーと少ないため、コレステロールを気にするよりも、卵に含まれるアミノ酸の効果を得る方が大事なのです。

つまり卵は完全栄養食と言われるほど、栄養価が高い食べ物です。

その栄養を得るには卵の黄身を食べないと意味がないのです。

海老蔵は卵の白身しか食べない

海老蔵が体を絞りたい時に実践している卵ダイエットは、ゆで卵の白身をひたすら食べるというもの。

これならコレステロールもほとんど含まれていませんし、カロリーもごくわずかです。

栄養価はありませんが、腹持ちが良いので、空腹を満たすためだけなら良いでしょう。

でも短期間のダイエットならまだしも、日常的に卵の白身ダイエットをするのはオススメできません。

卵ダイエットの効果を引き出す方法

卵ダイエットの効果的なやり方をご紹介します。

いつ、どれくらい卵を食べれば良いのか見ていきましょう。

卵ダイエットは1日何個食べればいいの?

卵ダイエットの効果を引き出すには、卵を1日に2~3個食べると良いでしょう。

とくに1食をゆで卵だけに置き換えるのが、手っ取り早いです。

朝は時間がないので、前日の夜にゆで卵を作っておけば、さっと食べられますね。

また小腹を空いて間食するなら、ゆで卵を食べると良いそうですよ。
でもそれ以外でカロリーの高いものを食べてしまわないように、注意しましょうね。

卵ダイエットに効果のあるレシピって?

卵ダイエットの効果を引き出すには、ゆで卵で食べるのが一番です。

生卵のカロリーも変わりませんが、それでは腹持ちしないのです。

ゆで卵も半熟ではなく、かた茹でにした方が良いでしょう。

卵ダイエットでNGのレシピは?

卵ダイエットで効果が半減してしまうレシピは、卵以外を使う料理です。

目玉焼きはギリギリセーフという感じですが、カロリーは上がります。

でも油を使わず、君が硬くなるまで茹でればOKと言えばOKです。

オムレツや出し巻き卵、スクランブルエッグなどは塩コショウもしますしNGです。

味付けなしでも、腹持ちの面から考えると、やはりゆで卵がナンバー1です。

ダルビッシュもやっていた!卵ダイエットの栄養は?

海老蔵だけではなく、メジャーリーガーのダルビッシュも卵を日常的に食べているそうです。

卵は完全栄養食と言われていますが、足りない栄養素があります。

それはビタミンCと食物繊維です。

ストイックな食生活を送っているダルビッシュの食事は、ゆで卵や鶏のササミの他、ブロッコリーなどの野菜と雑穀米です。

ここまで徹底しているからこそ、あのパフォーマンスが生まれるのですね。

素晴らしい!!

卵に足りないビタミンCと食物繊維を補うレシピ

ビタミンCと食物繊維レシピ

サツマイモには、ビタミンCと食物繊維が豊富に含まれています。

そのため卵ダイエットに足りない栄養を補給するには、「大学いも」が最適なんです。

卵ダイエットは簡単に続けられるのがメリット

卵ダイエットは、簡単に続けられることが最大のメリットです。

安い食材でありながら、栄養価もバツグンです。

そしてゆで卵にすると、持ち運びも便利という良い事づくしのダイエットと言えるでしょう。

脂質代謝に異常のある人以外は、ぜひ卵ダイエットで健康と美しさを手に入れましょう。

スポンサーリンク