医者が風邪薬を飲まない理由って?風邪に抗生物質は効かない

風邪に効く薬はないって、知ってました?

私たちが風邪で病院へ行くともらう抗生物質。

でも医者は、そもそも風邪薬を飲まないそうです。

じゃあ、どうやって風邪を治すの?と思いますよね。

風邪を早く治す方法もご紹介します。

風邪に効く薬は存在しない

風邪に効く薬は存在しない?

じゃあ私たちが飲んでいる薬は、何なのでしょうか。

市販の鎮痛剤も風邪薬もほぼ同じ

風邪に効く薬はないと言うけど、じゃぁ市販の風邪薬って何なの?と思いますよね。

これはワタシの意見ですが、風邪薬も鎮痛剤もたいして変わらないと感じています。

ワタシは基本的に風邪薬を飲みません。

その理由は、どうせ効かないから。

でも頭が痛いときに鎮痛剤は飲みます。

風邪による頭痛のときも、風邪薬ではなく鎮痛剤を飲みます。

すると風邪の症状も緩和される気がします。

それに気づいてから、頭痛なしの風邪症状があるときは、薬ではなく栄養ドリンクを飲むようにしています。

その方がよっぽど効果がありますよ。

風邪に効く薬はまだ開発されていない

何年か前に聞いた話ですが、そもそも風邪に効く薬は、まだ開発されていないらしいです。

こんなにもドラッグストアで風邪薬が売られているのに、どういうこと?と思いました。

でも風邪薬を飲んでも効かないことを考えると、素直に納得できました。

海外では医療保険が高額だからという理由もありますが、風邪で病院へ行く人なんていません。

日本でも一回行くと、3日分の抗生物質をもらって1000円くらいでしょうか。

診察料と合わせると2000~3000円くらいかかるはずです。

そんなお金を払っても、どうせ風邪は治らないんです。

だったらそのお金で栄養ドリンクや栄養のある物を食べたほうが良くないですか?

風邪で休めない日本の労働環境の方に問題があるように思います。

風邪に抗生物質が効かないってホント?

風邪の時に病院でもらう抗生物質は、風邪には効かないんです。

その真相を見ていきましょう。

抗生物質を飲み過ぎると副作用がある

風邪で病院へ行くともらう抗生物質。

副作用で胃腸の調子が悪くなり、下痢になることもあります。

でも頻繁に抗生物質を飲むと、もっと大変なことがあるんです。

抗生物質をよく飲む人は、手術の時の麻酔が効きにくいんです。

麻酔が効かないと、麻酔の量が増えます。

すると量が多すぎて最悪の場合は、死ぬ可能性もゼロではありません。

細菌に効く抗生物質は風邪ウイルスには効かない

風邪に抗生物質が効かない理由は、そもそも用途が違うからです。

抗生物質は細菌を殺すための薬。

でも風邪って、ウイルスですよね。

そりゃあ、効かなくて当然です。

医者が風邪薬を飲まない理由

医者は風邪薬を処方するくせに、自分は風邪薬を飲まないってどういうこと?

そんな疑問を解決しましょう。

薬で症状を抑えても風邪は治らない

医者が風邪薬を飲まない理由は、薬で症状を抑えるだけで、けっきょく治らないからです。

治らないのにわざわざ薬を飲む人はいませんよね。

薬漬けの体になってしまいます。

熱は理由があって出ているから無理に下げない

風邪で熱が出るのは、熱によって風邪菌を放出しているからなんです。

それなのに風邪薬や解熱剤で熱を下げてしまうと、風邪の治りが遅くなるんです。

下痢は悪い物を体外へ出そうとしているのに、下痢止めで毒を体内に閉じ込めるのと同じです。

しかも風邪の症状を薬で抑えても、風邪のもとは残っています。

ということは、またすぐに風邪の症状が復活するということです。

まったく無意味ですよね。

抗生物質で善玉菌が全滅する

医者が風邪薬を飲まない理由は、抗生物質が善玉菌を全滅させるからです。

善玉菌が全滅すると、腸内環境が悪化して下痢などが起きるのは当然ですよね。

また腸内環境が崩れると、ほかの病気を引き起こす危険があります。

だから「風邪は万病のもと」と言われているんです。

風邪を早く治す方法

じゃぁ、どうやったら風邪が治るの?と思いますよね。

風邪の治し方をご紹介します。

睡眠をとって免疫力を上げる

風邪を治すには、睡眠をとって免疫力を上げることです。

睡眠中には体の不調を治し、免疫力を上げる働きがあります。

それに眠いと感じるときは、たいてい何かしらの不調があるものです。

そんな時は早退して、家で寝るのが一番なんですけどね。

なかなかそうもいかない時は、せめて定時で帰って早く寝ましょう。

栄養のある物を食べて免疫力を上げる

風邪を早く治す方法は、栄養のある物を食べて免疫力を上げることです。

風邪にはビタミンCが効くと言われていますが、ビタミンCが効くのは本当に初期だけ。

風邪をひいてしまってからでは、あまり効果はないと言われています。

風邪予防として、日頃からビタミンCを摂ることはかなり有効ですけどね。

だから風邪のひきはじめ以外は、ビタミンAやタンパク質を食べた方が効きますよ。

うなぎとか、レバーとか、卵とかですね。

体を温めて免疫力を上げる

風邪を早く治す方法は、体を温めて免疫力を上げることです。

体温が上がると免疫力も上がりますから、できる限り暖かくすること。

お風呂は熱がなければ入ってもよいでしょう。

ホッカイロや腹巻、マフラーなどで温めてください。

喉や肺の炎症を抑える

風邪を早く治す方法は、喉や肺の炎症を抑えることです。

喉が腫れると熱が出ます。

喉が痛いときや咳が出るときは、首にネギを巻くという昔ながらの方法が良いでしょう。

昔の知恵は、馬鹿にならないですよ。

また風邪の時は肺炎を起こしやすいです。

息が苦しいときは、ヴィックスベポラップを胸に塗ると、呼吸が楽になります。

鼻の通りも良くなりますよ。

免疫力を高めればそもそも風邪をひかない

風邪の治し方をご紹介しました。

でもそもそも風邪をひかないことの方が重要だということです。

風邪をひかないためには、免疫力を高めること。

つまり風邪を治すにも、風邪をひかないためにも、免疫力を高めるしか方法はないんです。

私たちの体には、もともと自然治癒力が備わっています。

それを最大限に引き出すことで、病気知らずの体になりましょう。

病院に行くお金で、おいしい物でも食べたほうが良いのかもしれませんね。

スポンサーリンク