乾燥肌のための保湿スキンケア対策【化粧水・クリーム・洗顔・クレンジング】

乾燥肌の人は、保湿スキンケア対策に翻弄されているかもしれません。

保湿をしても乾燥肌が改善されないのには、理由があるのです。

根本的な改善するためには、乾燥肌の根本的な原因を知ることです。

また効果的なスキンケア対策もご紹介します。

乾燥肌ってどんな状態?

加齢による皮脂と水分量の減少

乾燥肌は、加齢による皮脂の分泌や肌水分の量が減少している状態です。

健康な肌は皮脂と水分の量が適度に保たれた状態ですが、乾燥肌は雨が降らない乾燥地帯のようにカピカピになっているのです。

とくに年齢を重ねると、肌は乾燥しやすくなります。

うまく保湿ケアをしないと、どんどん乾燥は進んでいきます。

早めの対策が必要でしょう。

肌のバリア機能が弱まり保湿がうまくいかない

乾燥肌は、肌のバリア機能が弱まり、うまく保湿できない状態です。

肌の上から頑張って保湿しようとしても、根本から改善しなくては美肌に近づくことはできないのです。

肌のバリア機能は、角質によって守られています。

その角質まで乾燥が及んでしまうと、改善に時間がかかります。

肌表面のスキンケアだけでなく、体の中から改善することも必要になってきます。

ターンオーバーが正常に機能しなくなる

肌のターンオーバーとは、古い角質が剥がれ落ち、新しい肌に生まれ変わるサイクルのことです。

このターンオーバーがうまく機能しなくなると、肌は乾燥したり肌荒れを起こしたりします。

おもに寝ている間にターンオーバーが行われますので、しっかりと睡眠をとることが重要です。

よく言われているのが、ゴールデンタイムと呼ばれる22~2時の間は、熟睡している必要があります。

乾燥肌の特徴と肌荒れサイン

乾燥肌は「かゆみ」を伴う

乾燥肌の肌荒れサインは、かゆみを伴うことです。

乾燥すると白い粉をふくような状態になり、かゆみを引き起こすのです。

アトピー性皮膚炎の人も肌が乾燥してかゆみを伴いますが、加齢や生活習慣が原因となるのが乾燥肌です。

かゆみを伴う乾燥肌の場合には、まず肌表面を保湿することが必要です。

本来は体の中からの改善も必要なのですが、少しでも早く改善するために、外側からのはたらきかけも必要だということです。

乾燥肌は「シワ」の原因になる

乾燥肌の肌荒れサインは、シワになるということです。

女性はいつまでも若々しくありたいという願いを持っていますので、シワができることは大変なマイナス要素です。

でもこのまま乾燥を放置してしまえば、さまざまな乾燥肌のトラブルに悩まされることになります。

シワやシミなどができる前に、何らかの対策が必要になりますね。

そのためには体質を根底から変える必要があるかもしれません。

乾燥肌は「ニキビ」などの肌トラブルを起こしやすい

乾燥肌の肌荒れサインは、ニキビなどの肌トラブルを起こしやすいことです。

ニキビというと、乾燥しているよりも皮脂が多い場合に引き起こされるイメージが強いですよね。

でも実は、乾燥することが大人ニキビの1番の原因と言われています。

そして肌が乾燥する前の段階で、毛穴に汚れが詰まってしまうことが原因となっている場合が多いのです。

それを改善するためには、洗顔でしっかりと毛穴の汚れを洗い流した上で、保湿ケアをする必要があります。

正しい洗顔の方法は、後ほどご紹介しますね。

乾燥肌の保湿スキンケア対策

乾燥肌のクレンジング方法

乾燥肌のための保湿スキンケアは、クレンジングの方法にも注意が必要です。

クレンジング剤というのは、一般的に保湿を招きやすい成分が含まれています。

メイク落としのためのクレンジング剤は、肌の油分を削ぎ落す作用があります。

とくにオイルクレンジングは強力なクレンジング剤なので、乾燥肌の人にはおすすめできません。

また手軽にメイク落としができるシートタイプも、乾燥しやすいと言われています。

乾燥肌の人におすすめのメイク落としは、クレンジングミルクやクレンジングクリームです。

どのタイプを使うか迷った時には、なるべくこの2つのクレンジングを使うようにしましょう。

乾燥肌に適した洗顔の選び方

乾燥肌になる根本的な原因は、洗顔料が毛穴に残ってしまうことです。

毛穴に残ってしまうということは、毛穴をふさいでいるということですよね。

そして毛穴をふさいでいるということは、保湿ケアをしても保湿成分が毛穴に浸透しないということです。

毛穴の奥まで浸透しないと、肌全体の保湿をすることはできません。

そのため乾燥肌はどんどん進行し、ニキビまで引き起こしてしまうのです。

さらに肌のターンオーバーが正常に行われるのを妨げてしまうので、根本的な改善が必要です。

乾燥肌の保湿化粧水

乾燥肌のスキンケアは、保湿化粧水を使うと良いでしょう。

洗顔後にまず使うのが化粧水です。

でも化粧品によっては、美容液からつけるタイプもあります。

使う順番が説明されていますので、保湿化粧品を購入したら使用方法を確認しましょう。

乾燥肌の保湿クリーム

乾燥肌のスキンケアは、保湿クリームで水分を閉じこめることです。

化粧水や美容液を塗った後に、保湿クリームでかぶせるのです。

そうすることで肌の保湿は、ある程度守られます。

ただし完璧ではりません。

実際には保湿クリームに、バリア機能はそこまでないのです。

クリームを塗っても、乾燥は進行しています。

乾燥肌の人はリラックスして心にも潤いを

乾燥肌についてご紹介しました。

加齢と共に乾燥肌になりやすくなりますが、生活習慣によっても乾燥肌は進行します。

ストレスなどの心的要因によっても肌トラブルは起こりますので、リラックスすることが必要です。

心にゆとりと潤いを保てば、肌にも潤いを保てることでしょう。

スポンサーリンク