ワックスで薄毛や抜け毛になるって知ってた?ハゲないためのワックスの使い方

男性は髪型をキメるために、ワックスは手放せないのではないでしょうか?
流行りの無造作ヘアなど、毛先だけでも動きを出すならワックスがないと始まりませんよね。

でもじつは、ワックスを塗るとハゲるそうなんです!(衝撃的事実)

なぜワックスを塗るとハゲるのでしょうか。
ハゲないようにワックスを使う方法は、果たしてあるんでしょうか?

ワックスで薄毛や抜け毛になる理由

ワックスを使うと薄毛や抜け毛になる理由って、何だと思いますか?
あなたもハゲる使い方をしてるかも。

ワックスを何度もつける・量が多い

出かける時にワックスをつけて、髪型をセットしますよね。
でも、出先でトイレに行くたびにワックスを付け直す人もいるようです。

それはワックスのつけ過ぎと言えるでしょう。
ワックスを何度もつけると、つけている量が必然的に多くなりますよね。
すると薄毛や抜け毛の原因になる可能性があります。気をつけましょう。

毛穴をワックスで塞いでいる

ワックスで薄毛や抜け毛になる理由は、毛穴をワックスで塞いでいるからです。
頭皮の毛穴を塞ぐと、髪の毛に栄養が届かなくなります。
しかも毛穴が詰まっていると、空気も通らない密封状態ですよね。それは良くありません。

とはいえワックスは根元からつけることで、髪型を自在にアレンジできるんですよね。
そうしたい気持ちはわかりますが、そこは頭皮のために我慢しませんか?
カッコイイ髪型をつくるのと、ハゲるのとどっちを選ぶかは、あなた次第です。

シャンプーのしすぎで頭皮トラブル

ワックスで薄毛や抜け毛になる理由は、ワックスをしっかりと洗おうとするあまり、シャンプーをし過ぎてしまっていることです。
洗いすぎることが、頭皮トラブルの原因になっているんですね。

頭皮トラブルとは、頭皮の皮脂を洗い過ぎて乾燥してしまい、更なる皮脂の過剰分泌を招いてしまうことです。すると毛穴が皮脂でつまり、薄毛や抜け毛になります。
ワックスをしっかり洗い流すためには、シャンプーの仕方に気をつけることです。
シャンプーの仕方は後ほどご紹介しますね。

ハゲないためのワックスの使い方

ワックスでハゲないためには、どのように使えば良いんでしょうか。

毛先にだけ少量つける

ハゲないワックスの使い方は、毛先にだけつけることです。
毛先だけ遊びをつける程度で、髪全体にワックスをつけるのはやめましょう。

ハゲたくないなら、仕方ありません。そもそもワックスは、良くない成分が配合されているものが多いようなんですね。
でも髪型をセットしたいですよね。それなら毛先だけで我慢しましょう。

シャンプーはゴシゴシしない

ハゲないためのワックスの使い方は、シャンプーでゴシゴシ洗い過ぎないことです。
ワックスをしっかりと洗い流すのは大切なんですよ。頭皮にワックスが残っていたらアウトです。
じゃぁ、どうやってキレイに洗えばいいの?と思いますよね。それがコチラ。

おすすめのシャンプーの仕方

①髪が濡れていない状態でトリートメントを馴染ませる
②髪が柔らかくなったところで、クシでとかす
③ぬるま湯で洗い流す
④シャンプーをする
⑤指の腹で優しく頭皮も洗う
⑥ぬるま湯でしっかりと洗い流す

なるべく天然素材のワックスを使う

ハゲないワックスの使い方は、なるべく天然素材の入ったワックスを使うことです。
ほとんどのワックスには、界面活性剤と呼ばれる成分が含まれています。

界面活性剤とは、本来なら混ざらないはずの、油と水を混ぜるための薬品です。
これが髪や頭皮に刺激が強すぎるんです。もしワックスを使うなら、なるべく界面活性剤不使用で、天然素材なら良いですね。

ワックスでハゲるって本当だったんです

ワックスでハゲるなんて、都市伝説か何かだと思っていませんでしたか?
本当にハゲる原因になるんですよ。
ワックスでハゲる理由と、ハゲない使い方をご紹介しました。

ご紹介した使い方をしていれば、ハゲることはほとんどないでしょう。
上手に使って、あなたの大切な髪を守りましょうね。
年齢的に考えると、ワックスのせいだったのか、わからない人もいるようです。

ワックスのせいだと思いたい願望があるのかもしれませんね。
とりあえず、ハゲる使い方はしないように注意してくださいね。

スポンサーリンク