プラセンタで究極のアンチエイジング!注射とサプリの効果のちがい

プラセンタには究極のアンチエイジング効果があると言われています。
美肌や更年期障害などにもスゴイ効果が期待できるプラセンタですが、注射とサプリはどのようにちがうのでしょうか。

プラセンタには種類がいくつかあり、それぞれの効果のちがいや注射とサプリのメリットとデメリットをご紹介します。

プラセンタって何?

プラセンタは美容に良いのは聞いたことがあるけど、具体的には何のことなんでしょうか。

プラセンタとは胎盤のこと

プラセンタは何かというと、「胎盤」のことです。いきなり衝撃的な事実ですが、胎盤を注射やサプリとして体内に取り入れて大丈夫なんでしょうか。
胎盤には成長因子と呼ばれるものが含まれていて、細胞を活性化させるはたらきがあります。

細胞が活性化されるということは、美肌効果があったり、疲労回復などの体の機能を正常にはたらかせる作用があるんですね。
そのため老化を防ぎ、高いアンチエイジング効果が期待できるというわけです。

プラセンタの種類

プラセンタにはいくつかの種類があります。

・ヒトプラセンタ

ヒトプラセンタとは、人の胎盤から抽出したエキスのこと。人間から採った成分のため、効果が高いと言われているんですね。
でもヒトプラセンタは、一般的に売られているサプリには含まれていません。なぜなら「医療用の薬」として使用されているからです。
おもに更年期障害の治療や美容目的のために、「プラセンタ注射」として使用されています。

・豚プラセンタ

一般的に流通しているサプリのほとんどは、豚の胎盤から抽出したプラセンタエキスが配合されています。
豚は人間の細胞と構造が似ているため、人に作用しやすいと言われています。また安価なため、多くのサプリに配合されています。

・馬プラセンタ

馬プラセンタは、豚プラセンタよりも高価なものです。なぜなら馬は、1年に1頭しか出産しないからです。
そのためプラセンタエキスが濃厚で、効果が高いと言われています。

・羊プラセンタ

羊プラセンタはおもに海外で流通していて、日本ではほとんど見ることがありません。
独占契約で輸入している業者からなら、購入することができるようです。

・植物性プラセンタ

植物性プラセンタは、いわゆる動物のプラセンタとは違います。植物には「胎盤」が存在しないため、厳密にはプラセンタではありません。
動物の胎盤から抽出した成分ではないため、細胞を活性化させる成長因子は含まれていません。では何が含まれているのか。
それはプラセンタの成分である「アミノ酸」「ビタミン」「ミネラル」などが含まれているため、プラセンタという名前をつけているだけです。

プラセンタのアンチエイジング効果とは?

プラセンタには高いアンチエイジング効果が期待されていて、女性の悩みを一挙に解決してくれる嬉しい作用がたくさんあります。

美肌効果・老化防止

プラセンタは美肌効果が高く、体や肌が酸化するのを防ぐ「老化防止」のはたらきがあります。
これは細胞を活性化させる成長因子の作用によるもので、肌や体を若返らせる効果が期待できるんですね。

またシミやシワ、たるみを防ぎ、肌にハリや弾力をあたえて老化を防ぎます。
プラセンタは年齢とともに減少する皮脂をおぎない、肌にうるおいを与えることがわかっています。

美白効果は国の認可済み

プラセンタの美白効果は、厚生労働省に認められた成分です。医薬部外品として認可されている成分なので、その効果は保証されているということですね。
ただしプラセンタ注射に関しては、医療用としての処方になりますので、ドクターのいるクリニックでしか使用できません。

疲労回復と風邪予防

プラセンタのアンチエイジング効果は、美容だけにとどまらず健康面においても素晴らしいです。
プラセンタには、疲労回復の効果が期待できるんです。現代の女性は疲れていますから、その疲れを少しでもいやせれば良いですね。

また免疫力をアップさせて風邪予防や病気予防な効果もありますので、健康的にうつくしくなりたい人にプラセンタはもってこいなんですね。

更年期障害や生理の不快な症状が軽くなる

プラセンタは40~50代におとずれる更年期障害の症状を緩和してくれる効果があるようです。更年期障害の症状は、めまいやホットフラッシュ、頭痛に肩こり不眠などいろいろな症状がありますよね。またうつ症状にもプラセンタは効果があると言われていますので、心もからだも元気になれるんです。

さらに月経困難症などの生理がつらい人は、生理が軽くなる効果もあるそうです。また女性に多い便秘も解消してくれる効果があるんですね。
まさに体のさまざまな症状を改善してくれるのが、プラセンタの効果だと言えるでしょう。

プラセンタ注射とプラセンタサプリのメリットとデメリット

プラセンタには注射とサプリがあります。どのようなちがいがあるんでしょうか。

プラセンタ注射は医療用

プラセンタ注射は、ヒトプラセンタが使用されています。これは医療用のため、一般では使用できません。
効果が高く、即効性もあるのが特徴ですが、デメリットもあります。

プラセンタ注射のデメリットは、「料金が高い」「通院が必要」そして「献血ができなくなる」ということです。プラセンタ注射を1回でも受けた人は、法律で献血できないことが決められているんですね。
「べつに献血できなくてもいい」と思うかもしれませんが、家族が何らかの理由で輸血が必要になったときも、輸血や移植ができないということです。

いつまでも美しく健康であるための追及をすることは大切ですが、どのようなデメリットがあるのかをしっかりと理解した上で覚悟を持つことが必要ですね。

ヒトプラセンタの副作用

また副作用は報告されていませんが、何らかの体の変化を感じる人が多いようです。
おもに軟便や皮脂量が増えるなどの変化が起きることが多いようですね。

それだけヒトプラセンタが体に作用している証拠とも言えるでしょう。ちなみにプラセンタ注射の料金ですが、保険適用の場合には1回500円ほど、実費の場合は1回1,000~3,000円ほどだそうです。

サプリにはヒトプラセンタは配合されていない

一般的に売られているサプリには、ヒトプラセンタは使用されていません。現在は医療用でのみ使用されています。
一般的に売られているプラセンタサプリは、豚、馬、羊ですが、羊は輸入でのみ販売されています。
安全性を求めるのであれば、豚や馬のほうが良いでしょう。羊があぶないわけではありませんが、日本での製造基準がないため何とも言えません。

プラセンタ化粧品は美容液に配合されているものが多い

プラセンタは美容液などの化粧品に配合されていることもあります。とくに美容液が多く、肌への効果が高いことでしょう。
美白効果や美肌効果に優れているのですが、肌への効果しか得られません。

ただし飲むタイプの化粧品(サプリ)の場合は、体への影響もあるでしょう。ビタミンCと一緒に摂ると、コラーゲンの生成や美白効果がアップすると考えられます。

プラセンタは女性の救世主

プラセンタの注射やサプリについてご紹介しました。
プラセンタは、まさに女性のための救世主と言えますね。
外見的な効果と体への影響もあるので、体の中からキレイになれると言えるでしょう。

そして美容だけでなく、元気に毎日を過ごすためには欠かせない成分です。
年齢とともに悩みが増えてくる女性の助けになってくれることでしょう。

スポンサーリンク