フケの原因と予防!乾燥もベタつきも改善してサラサラヘアに

気がついたら肩にフケがたまっていて、ビックリした経験はありませんか?
また頭がかゆくて掻いたら、爪に何やらベトっとした垢のようなものが付いていた経験はありませんか?

じつは、どちらもフケなんです。
乾燥しているフケと、皮脂によるフケ。
どちらも厄介で、今すぐ改善したいですよね。

まずはフケの原因を解明してから、フケ対策をご紹介します。

フケには2種類のタイプがある。フケの症状と特徴とは?

フケには2種類のタイプがあります。
1つは乾燥による「乾性フケ」。
もう1つは皮脂の過剰な分泌による「脂性フケ」です。

乾性フケの症状と特徴

乾性フケは、頭皮が乾燥していることが原因で出るフケです。肩に白いフケがゴッソリ落ちているのは、乾性フケの特徴です。
加齢によって皮脂の分泌量が減ることで、頭皮が乾燥するのも1つの原因です。でもほかにも乾性フケが出る原因はたくさんあります。

紫外線の刺激は、頭皮にかなりのダメージを与えているはずです。
またヘアケアなどによっても、頭皮の乾燥を招くことがたくさんありますね。カラーやパーマ、シャンプーのしすぎなども乾燥の原因になります。

脂性フケの症状と特徴

脂性フケは、頭皮の皮脂の分泌が過剰になっていることが原因で出るフケです。頭がかゆくなるのも特徴の1つです。
頭をかくと、爪の間に垢のようなベットリしたものがつくことが多いです。それがまさに脂性フケなんです。

頭皮にニキビのようなデキモノができることも多く、かさぶたのようになってしまいます。ここまでくると皮膚炎を起こしている状態だと考えられます。
これは「脂漏性皮膚炎」と言って、皮膚科での治療が必要になります。

乾性フケと脂性フケの両方出る場合もある

頭皮の乾燥による「乾性フケ」と、頭皮の皮脂分泌が過剰になる「脂性フケ」をご紹介しました。
でも、この両方のフケが出る場合もあるんです。それは、どのような症状なのでしょうか。

髪の毛を洗った後にドライヤーをかけます。この時点で白いカサカサしたフケが出ることがあります。これは乾性フケだと考えられます。
でも1日が終わる頃には、髪がべとついている人もいるでしょう。この時点では、脂性フケになっている可能性があります。

このように乾性フケと脂性フケの両方が出る場合もあるんですね。なぜ乾燥と皮脂の両方の症状が起きるのでしょうか。
その理由は、頭皮が乾燥すると乾燥をおぎなうために、皮脂がたくさん分泌されるからです。それで過剰に分泌してしまい、脂性フケになってしまうんですね。
つまり、どちらのフケも原因はそれほど変わりなく、フケ対策もほぼ同じことをすれば良いと考えられるんです。

フケの原因とは?

フケの原因は、体調や生活習慣による内的な原因と、ヘアケアなどによる外的な原因に分かれます。

ストレスや疲労がたまることによる生活習慣の乱れ

ストレスや疲労がたまっていると、睡眠不足になったり、不規則な生活になったりします。
平日は夜遅くまで起きていて睡眠不足なのに、休日は昼過ぎまで寝ているなど、バラバラな生活リズムになる人も多いですよね。

このように生活習慣が乱れると、自律神経やホルモンバランスも乱れて、免疫力が低下することが考えられます。
免疫力が低下すると、髪にも影響があります。ストレスは健康にも美容にも、さまざまな悪影響を及ぼすんですね。

食生活の乱れによる栄養不足が原因の血行不良

生活習慣が乱れると、食生活が乱れていることも多いですよね。時間がないからコンビニ弁当で済ませていませんか?
カップ麺やレトルト食品ばかり食べていませんか?それでは栄養不足になるだけでなく、添加物の過剰摂取になる可能性が高いです。

すると血行不良になり、頭皮に栄養が届かなくなってしまいます。
それに、そもそも食事による栄養が足りず、髪まで栄養が届くことはありません。髪は体のどの部分よりも、後回しになるんです。なぜなら生命を左右する部分ではないからです。

シャンプーのしすぎ・ドライヤーの熱刺激

シャンプーのしすぎによる頭皮の乾燥が、乾性フケの原因になると考えられます。またドライヤーの熱による刺激が強すぎるのも、頭皮の乾燥につながりますね。
このように乾燥した頭皮は、乾燥をおぎなうために皮脂を過剰に分泌させます。それが脂性フケの原因になるわけです。

でも脂性フケの場合には、皮脂をしっかりとシャンプーで洗い流さないといけません。でもシャンプーのしすぎは、頭皮の乾燥を招きます。
頭皮にダメージを与えないように、やさしくしっかりと洗うことが大切ですね。

カラーやパーマを頻繁にする

頭皮に刺激を与えることが、フケの原因になります。カラーやパーマを頻繁にしている人は、とうぜん頭皮にも多大な刺激を与えていることになります。
それが頭皮の乾燥につながるんですね。
パーマ液やカラー剤などは、頭皮に良くないのは確かです。なるべく刺激の少ない薬剤を使うと良いでしょう。

フケ予防と改善方法?

フケを改善する方法と予防方法をご紹介します。

運動をして血行を促進する

「フケ予防に運動?」とピンとこないかもしれませんが、運動をすることでさまざまな改善が可能なんです。
運動をすることで血行が促進されますので、頭皮の血行も良くなります。血行が良くなると免疫力もアップしますね。

また運動はストレスを軽減する効果もあると言われていますので、フケの原因であるストレス解消にも良いんです。
さらに運動をすると程よく疲れますから、安眠効果もアップして疲労回復にも役立ちます。

生活習慣をととのえる

フケ予防と改善には、生活習慣をととのえることです。と言っても、漠然としすぎていますよね。
睡眠と運動に関しては、今ご説明しましたので、残るは食生活です。

栄養バランスを考えた食事を心がけることが大切です。いろいろな物を食べるようにしましょう。
とくにビタミンB群は代謝をアップさせますので、頭皮の皮脂が過剰に分泌されるのをおさえる作用もあります。

頭皮の菌の繁殖をおさえる

頭皮には誰でも常在菌が存在しています。その中でも脂性フケの原因になるのが「マラセチア菌」と呼ばれる真菌です。
この菌は皮脂をエサにして繁殖しますので、脂性フケの人はどんどん悪化してしまう傾向があるんです。

また髪の根元までしっかりと乾かさないで寝てしまったり、髪が濡れた状態で長い時間すごしていると、どんどんマラセチア菌が繁殖していきます。
このマラセチア菌によって、抜け毛が増える可能性もありますので、薄毛対策としても頭皮の皮脂はおさえておかなければいけませんね。

ノンシリコンシャンプーに変えてみる

ふつうのシャンプーでは洗浄力が強すぎて、皮脂を落としすぎてしまいます。それが乾燥や皮脂分泌の原因になるんですね。
そこでアミノ酸シャンプーなどのノンシリコンに変えてみると、適度に皮脂を落とすことができるんです。しかもオーガニックなら最高ですね。

ただしデメリットもあります。それは「洗浄力が弱いこと」です。そのため洗い方によっては、洗い残しができてしまう可能性があります。
でも頭皮への刺激は弱いので、洗い方のコツさえつかめばOKです。

フケを防いでサラサラヘアになろう

フケの原因と予防・改善方法をご紹介しました。
フケの種類は2つありますが、原因と対策はほとんど同じなんですよね。

カサカサフケも、ベトベトフケも、両方防いでサラサラヘアを実現させましょう。
頭皮がスッキリすると、心までスッキリしますよ。

スポンサーリンク