ピーリングの美肌効果!シミ・しわ・ニキビ改善するスペシャルケア

ピーリングは美肌効果がスゴイって聞いたことありますか?
美肌の条件をすべてクリアしてくれる、シミ・しわ・ニキビの改善をしてくれるんです。

とくに年齢肌でターンオーバーが乱れがちな女性には、とっても効果のある美容法です。
ピーリングには自宅でできるケアと、病院やエステでできるケアがあります。

それぞれのメリットとデメリットをご紹介していきましょう。

ピーリングって何?

そもそも「ピーリングって何?」と思っている人もいるかもしれませんので、まずはそこから解説しますね。
ピーリングとは、「剥がす」という意味です。
具体的には、古くなった角質を剥がす処置のことを言います。

病院で行うタイプのピーリングは「ケミカルピーリング」と呼ばれ、「化学薬品を使って剥がす」という意味です。
薬剤をつかう場合と、レーザーをつかう場合、そして自宅でおこなう洗顔料などをつかう場合に分かれます。

ターンオーバーを正常にする効果がある

ターンオーバーとは、いわゆる「肌の新陳代謝」であり、肌の生まれ変わりのことを言います。
肌が生まれ変わる周期は、一般的には28日くらいだと言われています。

古い角質はどんどん肌の表面に押し上げられていき、最終的には剥がれ落ちて新しい肌が生まれます。
しかしホルモンバランスが乱れたり、年齢をかさねるごとに、ターンオーバーの周期が乱れてきます。

すると古い角質が剥がれ落ちずに、肌の表面に残ってゴワゴワになってしまうことも。
それが原因で、シミ・しわ・ニキビなどができてしまうんです。

ピーリングには、このようなターンオーバーの乱れをととのえる効果が期待できます。
イメージとしては、古い角質を強制的に剥がし、新しい肌を表面に出すという感じでしょうか。

当然ですが、自宅と病院では薬剤の種類がちがいますので、それだけ効果も変わってきます。
それぞれの特徴とメリットやデメリットをご紹介していきましょう。

ピーリングの種類とそれぞれの特徴

ピーリングには種類がいくつかあります。それぞれにメリット・デメリットがありますので、順番に見ていきましょう。

皮膚科でおこなうケミカルピーリング

皮膚科でおこなうケミカルピーリングは、薬剤をつかって古くなった角質を溶かしていきます。
ケミカルピーリングで使われる薬剤は、おもにリンゴ酸、クエン酸、乳酸、グリコール酸と呼ばれる「フルーツ酸」です。

比較的肌にやさしい成分と言われていますので安心ですね。
肌に薬剤を直接塗るため、ピリピリと刺激を感じることが多いようです。

ケミカルピーリングのデメリット

人によって皮膚の厚さがことなるため、必要な角質まで剥がしてしまうかもしれないというデメリットがあります。
しっかりとした皮膚科や美容皮膚科に行かないと、肌トラブルを引き起こす危険性もないとは言えません。

エステでおこなうレーザーピーリング

エステでおこなうレーザーピーリングは、レーザーの熱で古い角質を除去していきます。
薬剤をつかわない分、肌への刺激は弱めであると考えられます。

頻度は月に1回程度通う必要があり、全部で6回くらい必要です。
レーザーピーリングの後は、肌をクールダウンすることが大切です。

レーザーピーリングのデメリット

レーザーピーリングのデメリットは、肌が赤くなったり、荒れたりすることがあります。
比較的敏感肌の人でもチャレンジできるピーリングですが、事前に肌質などを確認してからにすると良いでしょう。

自宅でおこなうピーリングは4種類

自宅でおこなうピーリングを4種類ご紹介します。自宅でおこなう場合には、強い薬剤をつかえません。
そのため上記の2種類とはことなり、デープクレンジングという位置づけになります。

・石鹸ピーリング

自宅でおこなうピーリングは、石鹸ピーリングがあります。
ふつうに洗顔するのと同じような使い方で、比較的肌への刺激も弱くなっています。

・ジェルピーリング

ジェルピーリングとは、肌につけてピーリング剤をこすってポロポロと落とす方法です。
垢みたいのが目に見えて出てくるので、気持ちいいと感じるかもしれませんね。

ただし肌をこするわけですから、肌への刺激があることは避けられません。
肌が弱い人や薄い人には向かない方法かもしれませんね。

・塗った後に洗い流すピーリング

石鹸ピーリングのように洗わずに、肌に塗っただけで放置し、その後お湯で洗い流すタイプのピーリングもあります。
この方法は、石鹸ピーリングよりも強い場合が多いです。

とはいえ病院などでやるよりも弱いことがほとんどです。
肌に残らないように、しっかりと洗い流すことが大切ですよ。こすらないように注意してください。

・塗るだけのピーリング

塗るだけで落とさないピーリングがあります。ほかのピーリングよりも弱いことが多く、肌が弱い人でも試すことができるのではないでしょうか。
角質をやわらかくすることで、剥がれやすくなる効果があります。

塗るだけでカンタンですし、最初に試してみても良いかもしれませんね。

ピーリングの美肌効果がスゴイ!

ピーリングの種類がわかったところで、ピーリングの具体的な効果について見ていきましょう。

ターンオーバー正常化でシミとニキビ跡の改善

ピーリングの美肌効果は、ターンオーバーを正常にすることでシミやニキビ跡を改善することが期待できます。
ターンオーバーで新しい肌に生まれ変わるということは、今ある肌が剥がれていくということです。

病院やエステのピーリングなら、シミやニキビ跡が消えていく効果が期待できますね。

ゴワゴワ肌をやわらかくシワ改善

ゴワゴワの肌は古い角質がたまり、シワができていることが多いのではないでしょうか。
ピーリングには、硬く乾燥した肌をやわらかくして、シワの改善をする美肌効果が期待できます。

自宅でのピーリングでは、そこまではできませんが、病院やエステのピーリングなら効果が期待できるでしょう。

毛穴の黒ずみや毛穴づまりを改善してニキビ予防

ピーリングの美肌効果は、毛穴の黒ずみや毛穴づまりを改善してくれます。そのためニキビ予防にも役立つでしょう。
毛穴の黒ずみは、上に皮膚がかぶっている場合だと病院やエステのピーリングでないと改善は期待できません。

でも毛穴づまりくらいなら、ディープクレンジングの効果がある自宅のピーリングでも改善できます。

まっさらな肌にして保湿効果アップ

ピーリングの美肌効果の何がスゴイかというと、肌をまっさらな状態に戻し、化粧水などの浸透を良くすることです。
ターンオーバーが正常に保たれていない肌は、いくら一生懸命に化粧水などを塗っても、なかなか保湿できないんですね。

ところがピーリングをすることで毛穴がスッキリするため、そこに保湿成分がグイグイ浸透していくんです。
つまりピーリングした後が、保湿のゴールデンタイムということになります。このチャンスを逃さないようにしてくださいね。

ピーリングはやり過ぎに注意すること

ピーリングについてご紹介しました。
ピーリングをやり過ぎると、逆にしわになることもありますのでご注意ください。
病院やエステなら月に1回程度、自宅のピーリングなら週1回程度が目安です。

またピーリング後の注意点は、いくつかありますのでご紹介しておきます。

①日焼け後のピーリングも、ピーリング後の日焼けも避けましょう。(レーザーピーリング後は日焼け止めを塗れません)
②乾燥肌の人がピーリングすると、悪化する可能性があります。
③皮膚が薄い人は、あまりやらないほうが良いでしょう。

そしてピーリング後には、しっかりと保湿をしてアフターケアを忘れないようにしてくださいね。
肌の生まれ変わりで、若返り効果を実感してみてましょう。

スポンサーリンク