インフルエンザと風邪の違い!熱や鼻水の症状での見分け方

インフルエンザなのか風邪なのか、違いがわからない人も多いですよね。

12月から2月くらいになると、風邪っぽい、熱っぽいという症状が増えます。

でもインフルエンザか風邪かわからないと、対処に困ってしまいます。

そこで見分け方をご紹介します。

【インフルエンザと風邪の違い】熱の症状

インフルエンザは高熱というイメージですが、そこには落とし穴がありました。

人にうつしたり、症状を悪化させないためにも知っておきましょう。

インフルエンザは高熱

インフルエンザと風邪の違いは、一番わかりやすいのが熱ですね。

初期症状で38~40℃くらいの高熱が出ることが多いです。

いきなり高熱が出るので、驚くこともあるでしょう。

風邪は微熱が多い

インフルエンザと風邪の違いは、風邪なら微熱程度であることが多いです。

初期症状で熱っぽいと感じても、37℃前後くらいでしょう。

その後に高熱が出るとしても、徐々に上がっていく方が多いはずです。

インフルエンザB型は高熱が出ない場合も

インフルエンザにはA型とB型があります。

インフルエンザA型では、38℃以上の高熱が出ることが多いです。

しかしインフルエンザB型では、37℃程度の微熱か熱が出ない場合もあるようです。

【インフルエンザと風邪の違い】鼻水の症状

インフルエンザと風邪の違いは、鼻水の症状がわりと特徴的です。

それは鼻水の症状があらわれる時期です。

風邪の鼻水は、ひきはじめに出る

風邪の場合の鼻水の症状は、ひきはじめに出ることが多いです。

風邪のひきはじめは体が冷えていて、何となく鼻をズルズルしますよね。

そして喉も少し炎症を起こしている感じがします。

ちょうど鼻と喉の間くらいが、唾をのむと痛いのではないでしょうか。

インフルエンザの鼻水は、高熱の後に出る

インフルエンザの場合の鼻水の症状は、高熱が出た後くらいに鼻水が出ることが多いです。

風邪の場合には初期症状という感じですが、インフルエンザの場合には症状がマックスか少し過ぎたときに出る感じです。

インフルエンザの症状は鼻だけでなく全身に

インフルエンザの症状は、鼻だけでなく全身に及ぶことが多いです。

体の節々が痛いとか、筋肉痛のような倦怠感があるとか、全身症状を感じるでしょう。

風邪の場合には、顔の周辺に症状が集中している感じです。

【インフルエンザと風邪の違い】潜伏期間と進行速度

インフルエンザと風邪の潜伏期間は異なります。

また症状が進行する速度も違いますので、早めに見極めるのが重要です。

インフルエンザの潜伏期間は1~3日

インフルエンザの潜伏期間は、1~3日と言われています。

わりと早いですよね。

毎日の通勤や買い物などで人ごみに行きますから、マスクは必ずして外出すると良いでしょう。

風邪の潜伏期間は5~6日

風邪の潜伏期間は、5~6日と言われています。

意外と長いですね。

家族の誰かが風邪をひいていても、うつるのは一週間弱も後ということになります。

「絶対に風邪がうつった」と思っても、症状が出なくて「あれ?大丈夫だった」と油断した頃に風邪でダウンした経験はありませんか?

インフルエンザは急激に進行する

インフルエンザの場合、症状が急激に進行するのが特徴です。

潜伏期間を終えると、急激に全身に症状が広がります。

加えて高熱も出るため、比較的わかりやすいのではないでしょうか。

インフルエンザと風邪の違いは検査でわかる

インフルエンザと風邪の違いは、重症度でわかると言われていました。

でも実は高熱だけが特徴でもないんですね。

検査をすればわかりますが、検査のタイミングも重要です。

検査の時期によっては、インフルエンザと診断されない場合があるからです。

インフルエンザの検査をするなら、発症から12時間以上は経過しないと陽性反応が出ないと言われています。

でも48時間を経過してしまうと、今度は薬の効果が出ないので、いつ病院に行くかが重要ですね。

スポンサーリンク