アレルギー性鼻炎は花粉症とは限らない!症状別の治し方で夜もぐっすり

よね。

でもその自己診断、本当にあっていますか?

自分で勝手に「きっと花粉症なのね」と思っている人も多いみたいですよ。

でも雨の日も鼻炎がひどいと、「あれ?今日も花粉飛んでるの?」と不思議に思うはず。

だからアレルギー性鼻炎について調べてみました。

アレルギー性鼻炎って何?

アレルギー性鼻炎って、わかっているようで意外とわかっていない人も多いはず。

そんなアレルギー性鼻炎についてご紹介します。

ワタシは20年間花粉症だと気づかなかった

ワタシの場合は、子どもの頃から自分がアレルギー性鼻炎だということは知っていました。

朝起きた途端に鼻水が流れはじめ、気がつくと鼻づまりで息が苦しい。

そんな生活を送っていたのです。

だけど世間で花粉症が流行していても、とくにその時期にひどいということはなく、「きっとワタシは花粉症ではないんだわ」と思っていました。

そしてある日、血液検査をして、先生から愕然とする診断が下されました。

「かなりの花粉症ですね。春とかキツイでしょ」

何のことを言われているのか理解できず、ポカーンと口を開けてしまいました。

「あ、あとねハウスダストにもアレルギー反応が出ているね」と先生。

それは知ってましたよ。

ホコリのかぶった箱とかを出すとき、いつもクシャミがでていましたからね。

猫を飼っていたのに猫アレルギーってホント?

そして先生の診断は続きます。

「もしかして、あなた犬か猫飼ってる?」

「はい、両方とも飼ったことありますけど」

「だからかなぁ。犬や猫のアレルギーも出てるね。飼ってると出ちゃう時があるんだよね」

えっ?犬と猫を飼ったらアレルギーになっちゃうの?

またもやポカーン状態のワタシ。

犬も猫も大好きで(今はうさぎを飼っていますけど)、それがこのアレルギー性鼻炎の原因なんてショックでした。

だから動物を飼っている人は、自分でも気づかないうちにアレルギー性鼻炎になっているかもしれません。

アレルゲンによって鼻の粘膜が炎症を起こす

アレルギー性鼻炎とは、アレルゲンが入ってくるとそれに対抗する抗体ができます。

その抗体は、アレルゲンが入るたびに強くなっていきます。

そしていつしか少しのアレルゲンにも過剰に反応するようになってしまうのです。

それが鼻水やクシャミの正体なのですね。

そしてアレルゲンによって鼻の粘膜が炎症を起こし、腫れあがってしまうのです。

すると空気を取り込む穴が小さくなって、鼻づまりを引き起こすそうですよ。

でも鼻水の種類によっては、鼻づまりを引き起こすアレルギー性鼻炎の場合もありますね。

それは蓄膿症と呼ばれる鼻炎です。

この場合は炎症が進行して、鼻に膿がたまってしまうアレルギー性鼻炎です。

だから鼻水はドロドロしていて、鼻づまりを引き起こすんですね。

夜もぐっすり!アレルギー性鼻炎の症状別の治し方

夜寝るときの鼻づまりは、本当につらいですよね。

アレルギー性鼻炎の症状別に、ぐっすり眠れる治し方をご紹介します。

鼻水がサラサラして垂れてくるアレルギー性鼻炎の治し方

鼻水がサラサラで垂れてくる症状のアレルギー性鼻炎の治し方です。

いちばん良いのは、マスクをすること。

でも寝るときは苦しくなって、はがしてしまいますよね。

鼻水がサラサラということは、まさに今アレルゲンにさらされている可能性があります。

その場合は空気清浄器が必須ですね。

そして鼻の入り口のところにワセリンを少量塗ってみてください。

本当に少量ですよ。

するとアレルゲンが鼻に入る前にキャッチしてくれるので(多分)、鼻水が止まります。

それでもダメなら鼻や首の後ろを温めてみてください。

鼻の上と首の後ろを蒸しタオルで温めてみましょう。

鼻の粘膜が腫れて鼻づまりになるアレルギー性鼻炎の治し方

鼻の粘膜が腫れて鼻づまり症状が出るアレルギー性鼻炎の治し方です。

これはワタシも驚いたんですが、即効性があってスゴイです。

鼻づまりがある方とは反対側の脇の下にペットボトルを挟むというもの。

ワタシの場合はこぶしを脇の下に挟んでみました。

すると何と言うことでしょう。

あっという間に反対側の鼻がスッキリ❤。

うちは「鼻づまり夫婦」なので、夫にも試してもらったらスッキリしたみたい。

挟んだときに腕の内側にあるリンパが刺激されている感じがします。

でもテレビでは、交感神経が刺激されることで鼻づまりが治ると言っていたそうです。

これはぜひ一度試して欲しいです。

鼻水がドロドロで鼻づまりになるアレルギー性鼻炎の治し方

鼻水がドロドロで鼻づまりの症状が出るアレルギー性鼻炎の治し方です。

まずは温かいお湯の湯気を鼻で吸い込みましょう。

ミントのアロマやヴィックスベポラップを溶かすと効果的です。

ヴィックスベポラップは、喉が痛いときにも効果的な方法です。

最初は鼻が詰まっているので、そもそも息が吸えないと思います。

それでも鼻の穴に湯気が当たるようにしていると、少しずつ解消されてきます。

次に詰まっている方の鼻を上にして、横になります。

目を開けた状態で、頭を軽く持ち上げます。

それでもダメなら、少し頭を上下にゆっくり上げ下げしてみてください。

割と高い確率で鼻づまりが解消されます。

ただしこれには難点があります。

上になっている方の鼻づまりは解消されるのですが、下になっている鼻がつまってしまいます。

コツは上の鼻がスゥ~っとした瞬間に鼻をかむこと。

つまり鼻水が下の鼻へ移動する前にキャッチするということです。

アレルギー性鼻炎がひどいなら耳鼻咽喉科で吸引しよう

ご紹介したアレルギー性鼻炎の治し方は、一時的な改善であることがほとんどです。

そうでないものもありますが、あまりひどいようなら耳鼻咽喉科で吸引をすると良いですよ。

数分間スチームを鼻に当てるのですが、これをすると改善されることも多いです。

また診察の時に、鼻にシュッと何かの処置をしてくれますよね。

吸い取ることもあるでしょう。

鼻づまりで苦しいときは、あれが本当に気持ち良かったです。

今はそこまで鼻づまりにならないのですが、いちばん良いのは、体の免疫力をアップすることです。

免疫力がアップすれば、アレルギー性鼻炎そのものを治せるはずですから。

スポンサーリンク