アトピー性皮膚炎はストレスが原因?自宅でできるケアと生活習慣

アトピー性皮膚炎は、ストレスも1つの原因だと言われています。

できるだけ刺激を与えないような生活環境が大切です。

とはいえ、あまりキレイにしすぎるから、逆に刺激に対抗できなくなるとも考えられます。

根本的に治すには、体質を改善することがいちばん効果的だと言えますね。

塗り薬は一時的な緩和であり、ずっと使い続けないといけなくなるので、心身ともに根本から改善できるのがいちばんです。

アトピー性皮膚炎の症状を悪化させる原因は?

アトピー性皮膚炎は、子どもがかかる病気というイメージがあるかもしれません。

でも大人も症状に悩まされている人も多いですよね。

とくにかゆみを伴う皮膚炎は、寝ている間もつらいことでしょう。

ストレスが原因でホルモンバランスが崩れる

ストレスとアトピー性皮膚炎は直接的には関係ないように感じるかもしれません。

でもストレスを感じると、ホルモンバランスが崩れます。

すると、アレルギー症状の一種であるアトピー性皮膚炎も悪化すると考えられます。

アトピー性皮膚炎になると、「掻いてはいけない」「汚くしてはいけない」などと神経質になり、ストレスをためてしまうことも多いです。

その気持ちを少し解放してあげて、なるべくリラックスし、ポジティブな考え方へと移行していきましょう。

花粉や紫外線など外的刺激が悪化させる

花粉症で皮膚に症状が出る人もいるように、アトピー性皮膚炎の人にとって花粉は刺激となります。

また紫外線などから受ける外的刺激にも敏感なので、なるべく肌を日光にさらさないようにしないといけません。

汗や汚れを放置すると症状が悪化する

アトピー性皮膚炎は肌が非常に敏感な状態なので、汗や汚れによって症状が悪化すると考えられます。

帰宅後は必ず肌をきれいにすることは大切ですし、朝起きた時もシャワーを浴びると良いでしょう。

人は寝ている間にコップ一杯の汗をかくと言いますし、布団などの汚れが付着していることも考えられます。

アトピー性皮膚炎の特徴

アトピー性皮膚炎は、本人にしかわからないツラさがあるはずです。

どんな特徴があるのか見ていきましょう。

皮膚の表面が荒れてとても乾燥しやすい

アトピー性皮膚炎になると、肌の表面がとても荒れた状態になります。

かゆみを伴うため、思わず掻きむしってしまうと皮膚の表面にあるバリア機能が著しく失われてしまいます。

かゆいからといって掻いてしまうと、さらに乾燥をすすめ症状は悪化することでしょう。

寝ている時に知らずに掻いてしまうこともあるようですから、それを防ぐ対策が必要です。

お風呂などで体が温まるとかゆみが激しくなる

アトピー性皮膚炎は、お風呂などで体が温まるとかゆみが激しくなります。

そのため長風呂は避けるようにしましょう。

またお風呂の温度があまり熱いと、皮膚に刺激を与えてしまうので気をつけたいですね。

辛いものを食べるとかゆみが激しくなる

お風呂で温まるとかゆくなるのと同じで、辛いものを食べると汗をかいたりしますよね。

そのためかゆみが激しくなるようです。

また香辛料の刺激やアルコールなども、アトピー性皮膚炎には良くないと言われています。

自分でできるケアと生活習慣は?

自宅でできる対策といえば、部屋の環境や生活習慣を見直すことでしょう。

少しでも症状を楽にするためにも、日頃から心がけたいですね。

部屋や布団・パジャマなどはつねに清潔に保つ

アトピー性皮膚炎の人は、部屋や布団はつねに清潔に保つ必要があります。

また肌に刺激を与えないようなパジャマにすることも大切ですね。

肌ざわりの良い素材にすると、心地よい気持ちになれるでしょう。

部屋には絨毯を敷かずフローリングがベスト

冬はちょっと寒いですが、部屋には絨毯を敷かずにフローリングにするのがベストです。

絨毯にはダニが住みつきやすいので、アトピー性皮膚炎の人には良くない環境です。

毎日掃除機をかけている部屋でも、ダニは無数に生息していると言われています。

睡眠をしっかりとってストレスや疲れを緩和する

自分でできるケアとしては、睡眠をしっかりとって疲れを回復させることが大切です。

またストレスを溜め込まずに、何か楽しいことを考えると良いでしょう。

悩みばかりを考えていると、気持ちは暗くなり、心身ともに弱ってしまいます。

アレルギー症状に対抗するためには、免疫力をアップさせることが必要ですね。

キレイにしすぎることが原因になる場合もある


アトピー性皮膚炎になると「部屋は清潔にしましょう」「体は清潔にしましょう」と、キレイにすることばかり求められます。

でも本当にそれで良いのでしょうか。

そもそもアレルギー症状を感じなくて良い物に対して、過敏に反応してしまっている状態です。

それを治すためには、多少汚くても大丈夫なように強い免疫力をつくることも必要だと感じます。

とはいえ不潔にすると皮膚から細菌が入り込み、感染症を引き起こす危険性があるため、なかなかむずかしいのは事実です。

少しずつ環境に慣れていくようにすると良いかもしれません。

スポンサーリンク