ほうじ茶のスゴイ効果! 低カフェインで健康と美容に効く

一般的には、ほうじ茶よりも緑茶を飲む人のほうが多いかもしれませんね。

でも、ほうじ茶にはスゴイ効果があったんです!

昔、おばあちゃんが良く飲んでいたのを思い出すなぁ……という回想はこれくらいにして、ほうじ茶の効果をご紹介していきますね。

ほうじ茶の効果・効能

ほうじ茶って、正直なところ地味な飲み物ですよね。

でも、その地味さとはウラハラに、たくさんの効果が期待できるんですよ。

その驚きの効果を5つご紹介します。

①リラックス効果でストレス解消

ほうじ茶に含まれるテアニンという成分が、リラックス効果を高めてくれます。

また、ほうじ茶の香り成分であるピアジンにも同じようなリラックス効果があります。

そのためストレス解消効果や疲労回復効果も期待できるでしょう。

②低カフェイン飲料

ほうじ茶は、もともと緑茶と同じ茶葉を使っています。

そのためカフェインも含まれています。

しかし緑茶を炒ることで、カフェインの量がかなり少なくなるんですね。

カフェインには血管を収縮させるはたらきがあるため、血行をさまたげてしまいます。

低カフェインのほうじ茶なら、その心配が少なくなります。

③殺菌効果でダイエットや口内環境に良い

ほうじ茶には、緑茶の成分であるカテキンが含まれています。

カテキンは殺菌効果が高く、虫歯予防など口内環境を良くするはたらきがあります。

またカテキンには脂肪を分解するはたらきもあるため、生活習慣病の予防やダイエット効果も期待できるんです。

④血液サラサラ効果で冷え性改善

ほうじ茶には、ピラジンという成分が含まれています。

ピラジンは血管広げる作用があるため、血行が良くなるんですね。

そのため冷え性を改善する効果が期待できます。

⑤ビタミンCで美肌効果

ほうじ茶にはビタミンCも含まれています。

ビタミンCは紫外線の刺激から肌を守り、シミ・そばかすを防ぐはたらきがあります。

それだけではなく、若返りのビタミンと呼ばれるビタミンEも含まれているため、美肌効果が期待できるでしょう。

ほうじ茶の淹れ方・飲み方

ほうじ茶を飲むなら、血行促進の効果を高めるためにもホットで飲むことをオススメします。そのほうがリラックス効果もアップしますよ。

では、ほうじ茶の美味しい淹れ方と飲み方をご紹介します。

①高温のお湯で淹れる

95~100℃の沸騰したお湯でほうじ茶を淹れると、ほうじ茶の効果をあますところなく取り入れることができます。

高温のお湯を入れることで、一気にほうじ茶の成分が出てくるのでしょうね。

②茶葉を温めてから淹れる

ほうじ茶を淹れるときは、茶葉も温めると良いと言われているようです。

電子レンジで温めてから淹れても良いですし、自分でほうじ茶をつくっても良いでしょう。

ほうじ茶を自分でつくるには、緑茶をフライパンで炒るだけOKなんです。

あらかじめ温めておいたフライパンに、火を止めてから緑茶を投入します。

そのままフタをして少々蒸してから、火をつけて軽く炒るだけ。

カンタンですよね。水分が少ないので、火の元には注意してくださいね。

③ほうじ茶ラテもおすすめ

ほうじ茶でラテ? と思うかもしれませんが、最近けっこう流行ってますよね。

人気カフェでもほうじ茶ラテがありますし、スーパーで売っている、お湯を入れるだけのインスタント茶でもほうじ茶ラテがあります。

(インスタント茶は、ほうじ茶の栄養成分が少ないので、茶葉を使うのがおすすめですが)

ほうじ茶の香ばしさと、ミルクのまろやかさがぴったりなんです。

寝る前に飲むなら、ほうじ茶ラテが安眠効果も高めてくれそうです。

ほうじ茶を飲むときは、ゆったりとした気分で♪

ほうじ茶の効果・効能と美味しい飲み方をご紹介しました。

ワタシはハーブコーディネーターの資格を持っているのですが、ほうじ茶もハーブティーと同じように、ゆったりとした気分で飲むことをおすすめします。

リラックスタイムはお茶を淹れる時からはじまっていて、茶葉の成分が出てくるのを落ち着いて待ちましょう。

そして温かいほうじ茶をホッと一息つきながら飲むのです。

想像しただけでもリラックスできそうですよね。

スポンサーリンク