お金がない原因【お金が欲しい人必見】貧乏人がお金持ちになる方法

お金がないというのは、貧乏だけの言葉ではありません。

お金持ちの人でも、もっとお金が欲しいと感じている人が多いのではないでしょうか。

人間の欲はキリがありません。

とめどなくあふれていきます。

ではお金が欲しい原因は何なのか。

そして貧乏人がお金持ちになる方法はあるのか。

それをこれからご紹介していきます。

なぜ人はお金が欲しいのか?

人はなぜお金が欲しいのでしょうか。

高級なレストランに行けるから?

いい服を着られるから?

人に羨ましがられたいから?

自慢したいから?

おそらく、そのすべてが正解でしょう。

この世の中では、お金があれば8~9割くらいの望みは叶います。

でも心のどこかで「お金は汚いもの」というイメージも拭いきれないのです。

だから自分にない物を欲しがる人間は、お金が欲しいと思ってしまうのです。

それはお金持ちになればもっとお金が欲しくなり、現状で満足できる人は意外にも少ない事がわかります。

その証拠に「お金は欲しくない」という人は、ごく少数ですからね。

お金がない原因とは?

お金がない原因は、「使ってしまうから」か「貯められないから」のどちらかです。

ではそれ以外に原因があるのか見ていきましょう。

無駄な物ばかりため込んでしまう

お金がない原因は、無駄な物ばかりため込んでしまうクセがあることです。

部屋の中は散らかり放題で、片付けるのが面倒くさいという性質の人に多いと言われています。

なぜなら物も自分もコントロールできないことが、そもそもの原因でしょう。

そのため太っている人も多いと言います。

確かにお金持ちの人は、みんなスタイル抜群ですよね。

まぁお金があるから、美容にお金をかけられるとも言えますけどね。

そこは発想の逆転で、美容に気を遣いたいからお金を稼ぐと考えると改善できるかもしれません。

低賃金に甘んじている

今の世の中は、自分の収入に満足している人は少ないでしょう。

でも低賃金を嘆いているだけでは、何も変わりません。

自分の強みを活かして、もっと収入を自力でアップさせるのです。

そのためには綿密な戦略が必要でしょう。

自分のことを深く知っていないと戦略は立てられません。

人は意外と自分のことをわかっていないことが多いのです。

お金持ちになれるはずがないと思っている

お金がない原因は、自分はお金持ちになれるはずがないと初めからあきらめているのです。

ひどい人になると、お金持ちを妬んで僻んで自らの価値を下げていることにも気づかないのです。

そのようなお金がない人は、下品で卑劣で自己評価も低いことが多いです。

何でも人のせいにして、自分のミスは言い訳するような人です。

失敗したら改善点を見つけなければ、いつまでも進歩も成長もありません。

そんな精神が貧乏につながるのです。

貧乏人ではないフリをして見栄を張る

お金がない原因は、自分が貧乏人ではないフリをして見栄を張ることです。

貧乏人はどんなに見栄を張っても、貧乏人に変わりはありません。

どんなに取り繕っても、その現実を変えることはできないのです。

でも貧乏人から脱出したいと願い、努力を重ねる人は変われます。

その向上心こそが、お金を生み出すきっかけになってくれることでしょう。

少額でもお金を借りるクセがある

お金がない原因は、「これくらいなら借りてもいいかな」と、少額でもお金を借りるクセがあることです。

それは消費者金融とは限りません。

知り合いに、「すぐ返すから」と言ってお金を借りる人も要注意。

大抵このようなタイプの人は、一見温厚そうで人当たりが良いことが多いです。

それで相手を油断させて、お金を絞り取ろうという魂胆です。

貧乏人がお金持ちになる方法

貧乏人がお金持ちになる方法は、どれも胡散くさい情報ばかりで嫌気がさしてきますよね。

でも本当は方法が重要なのではなく、その人の精神状態や体調の方が重要なのです。

万全な体制ができていなければ、お金が入ってくる準備ができていないのと同じなんです。

お金を稼ぐ方法を調べ尽くす執念を持つ

貧乏人がお金持ちになる方法は、お金を稼ぐ方法を調べ尽くす執念を持つことです。

人生はあきらめたら、そこで終わり。

何も実りがありません。

でも執念深く前向きに突き進む人のところに、お金というのは舞い込んでくるものなのです。

もちろんネガティブな執念深さはダメですよ。

逆効果です。

貧乏人のままでは死なないと覚悟を決める

貧乏人がお金持ちになる方法は、「貧乏人のままでは死なない」と覚悟を決めることです。

貧乏生活を続けていると、心がすさんで「もう死んでもいいかな」と思ってしまう時があります。

でも「このままでは人生終われない」と決意することで、人生に何かの変化が生まれるでしょう。

その変化の波に乗って、勢いよく突き進みましょう。

そのパワーとモチベーションがあれば、多少の逆境も乗り越えられます。

そしてがむしゃらに頑張った先に、お金持ちのゴールが見えてくることでしょう。

でもそれは掴もうとする意思がある人にしか見えない特別なゴールです。

あなたにはそれが見えますか?

お金持ちの習慣を真似する

ありきたりと言えばありきたりですが、お金持ちの習慣を真似することで、貧乏人から抜け出すことができます。

これはお金持ちのフリをして見栄を張るのではなく、純粋に真似をするのです。

朝から散歩する習慣を真似したり、食事は栄養バランスをしっかりと考えたり。

そんなちょっとした習慣を真似するだけで、不思議と自分もお金持ちになったような気分になります。

実はこの「なった気分になる」のが、意外と重要なのです。

イメージでダイエットする方法もあるくらい、人間の潜在意識は私たちに大きな影響を与えています。

無意識に自分の脳に刻み込んでいる情報は、そのまま私たちの人生になるのです。

だから憧れている人の真似をすることや、イメージトレーニングは思っている以上に効果があると言えるのです。

人はお金を稼ぐために生きている

お金がないと人は生きていけません。

となると、人はお金を稼ぐために生きていると言えるでしょう。

金は天下の回りものと言いますが、お金は使わないと徐々に減っていくしくみになっています。

出たら入ってくる。

それが本来のお金のあり方なのかもしれません。

スポンサーリンク