いつまでも治らない慢性痛!慢性疼痛の原因と治療法って?

明らかな原因がわからないのに、毎日痛みに苦しんでいる人はいませんか?

慢性痛とは慢性疼痛のことで、原因がわからないことも多いとか。

でも緩和するケアもあるようなので、調べてみました。

【治らない慢性痛】慢性疼痛とはどんな症状?

治らない慢性痛、別名「慢性疼痛」とは、どんな症状が考えられるのでしょうか。

痛みの場所はさまざまで、本人は痛いことが当り前だと思っています。

外傷が原因で治っても痛みが消えない

慢性疼痛とは、事故などの外傷が原因になることがあります。

ケガは数ヶ月で完治しているのにもかかわらず、痛みだけが消えないという症状です。

医師が診察をしても、ケガは治っていると診断します。

でも本人は、毎日痛みに苦しんでいるのです。

ほんの少し触れるだけで激痛を感じる

慢性疼痛の症状は、ほんの少し触れる程度でも激痛を感じることがあります。

ひどい時には、触れていないのに痛みを感じることもあるようです。

たとえばケガで足を失った人が、ないはずの足の痛みに苦しんでいるのです。

痛みのあるはずの場所が存在しないわけですから、治療のほどこしようがありません。

とても辛い症状ですね。

ハッキリどこが痛いかわからない

慢性疼痛の中には、どこが痛いのかハッキリわからない場合もあるようです。

場合によっては違う場所の何らかの原因で、関係のない場所が痛みを感じることもあります。

痛みとは比べ物にならない例えで言うと、背中がかゆいと感じてかいてもかゆみが収まらず、結局本当にかゆいのは脇の下だったということがワタシの経験で何度かあります。

勝手に「こんな感じなのかな」なんて思いますが、痛みとかゆみでは比になりませんね。

そもそも何が原因かわからない

慢性疼痛は、そもそも何が原因なのかわからないことも多いようです。

そのため治療もできずに苦しんでいる人が多いのです。

外傷があったわけでもないのに、突然痛みが起きるそうです。

また手術後に痛みが発症し、でも術後の経過は問題がないという場合もあります。

その場合は神経に関係しているのかもしれません。

【治らない慢性痛】なぜ痛みが消えないの?

慢性痛とは、痛みが何ヶ月も続いている状態です。

ケガなどは治っているはずなのに、痛みが消えない理由は何なのでしょうか。

心因性の痛みだから

治らない慢性痛の原因は、うつ病などの心因性の痛みの場合があります。

ストレスや特定の環境に身を置くことで、痛みを発症することもあるそうです。

そもそも心因性の痛みの場合には、外的処置をほどこしても痛みが消えるとは思えません。

心のケアを重視した方が良いでしょう。

神経に痛みを感じているから

慢性疼痛の原因は、神経に痛みを感じている可能性があります。

どこか特定の神経が痛みを発しているため、慢性痛の場所を特定する必要があります。

痛みを発している部分の神経をブロックすることで、慢性疼痛が改善されることもあります。

脳に痛みの記憶が刻まれるから

治らない慢性痛の原因は、脳に痛みの記憶が刻み込まれるからです。

たとえば事故などの外傷の場合、その時の激痛が脳に記憶として刻まれるのです。

その痛みが強すぎて、また痛みを抱えている期間が長すぎて、脳が「痛い」という情報をインプットしてしまうのです。

【治らない慢性痛】どうしたら治るの?

辛い慢性痛を治すには、どうすれば良いのでしょうか。
治療法はあるのか、見ていきましょう。

根本的な痛みの原因を追究する

治らない慢性痛を抱えている人は、何らかの病気が関係している場合もあります。

たとえば腰椎椎間板ヘルニアなどの腰痛により、慢性痛が起きているかもしれません。

椎間板ヘルニアも、はっきりとした原因は解明されていません。

慢性痛が起きるのは60代くらいが多いため、年齢による骨格の変形なども原因かもしれません。

ただし明らかに変形している人でも痛みを感じないこともあるため、なかなか原因を突きとめるのはむずかしいでしょう。

痛みの緩和には精神的なリラックス

慢性痛を治すには、精神的にリラックスすることが大切だそうです。

心因性の痛みであることも多いため、原因がわからない場合はストレスが原因であることも多いです。

起きている時は痛いのに、寝ている時には痛みがないのもそのせいです。

なるべくリラックスできる時間を作ることも大切です。

ペインクリニックで治療する

病院へ行っても慢性痛の治療方法がわからない場合には、ペインクリニックで治療するという方法もあります。

ペインクリニックとは、その名の通り痛みを緩和する病院です。

麻酔科とも呼ばれますが、専門の病院もありますので、一度診察してみると良いでしょう。

日常生活に支障がある場合もあるでしょうから、早めの対処が大切だそうです。

時間が過ぎれば過ぎるほど、治療がむずかしくなると言われています。

慢性疼痛は完全には治らない

慢性疼痛は、本人にとってはとても辛い症状だと思います。

原因がわからないというのは、精神的な不安も大変なものでしょう。

治療は早ければ早いほど、良いそうですが、完全には治らないと言われています。

でも痛みを緩和したり、全く別のアプローチもできるはずです。

痛みが脳に深く刻まれる前に、緩和するケアを行ってみてはいかがでしょうか。
心のケアも大切です。

スポンサーリンク